transparency

すきなひとすきなことすきなときすきにかく

バトル・トリップ~スター達のおすすめスポット #145~146

テーマ毎に芸能人達が観光スポットをプレゼンするという、スター密着旅バラエティにエスクプスとジョンハンとウォヌが出演しました。本国では6月22日に145回、6月29日に146回が放送されています。










この番組は二組のゲストがプレゼンし、観客がどちらの旅に出かけたいのか投票するシステムのようで、SEVENTEENの3人はインドネシアジョグジャカルタへ旅に出かけました。145回は対戦相手の旅の模様が放送され、3人はスタジオにてそれを鑑賞。146回で彼らの旅の様子が放送されました。


以下、見どころや感想などを。主語がないのはジョンハンのことを言っています。


145回の放送の模様。

  • 旅行先の紹介時、夕日が見える海岸で撮影したジャンプしている姿の写真はエモい以外の言葉が見つからず。
  • 以前、この番組にミンギュとスングァンが出演した時には負けてしまったので、「雪辱を果たします」「敗戦の原因を分析して作戦を練りました」と言っている割には戦闘モードではないように見えたのは、緊張しているせいなのか、対戦相手が女性だったからなのか、ちょっとおすまししている雰囲気が可愛い。
  • 相手チームが訪れた海の様子がとても綺麗で感嘆の声を上げたところ、MCに「相手チームも驚いてるね」とツッコまれ、対戦しているスタンスを思い出したのか「大したことないですよ」との返し。
  • 海底に沈むサンゴと海水を混ぜて作るクレイパックをした後、海に飛び込むシーンを見て「面白そうですね」とまたしても素直な感想。
  • 夜市で購入した食事を食べるシーンを見て、舌ペロ。
  • 小型飛行機から見える海の美しさに、大きな溜息。
  • 刺身の写真を見て、美味しそう~って表情。
  • 椅子に座って足ブラブラ。
  • 次回は自分たちのターンだと紹介され、考えるポーズを取った後、そうそう!みたいな雰囲気で指した人指し指をトントンし、それから自分の肩の辺りを手のひらでポンと叩く姿。(文章力の無さに絶望…伝えたいことが伝わらない...)(ドキドキしてる感じがとても可愛いとだけお伝えします…)
  • 次週予告だけでも高まりまくり。美人が水かぶってるの最高。


146回の放送の模様。

  • 自分たちの旅がエネルギッシュだったことを表現するのに、拳を握って力強く「와아악!!!(ワアアッ!!!)」と言うところ。
  • 力説しながらウォヌの肩を抱く姿。
  • 10時間のフライトが他の有名な旅行先に比べたらそこまで長くないことを説明しつつ、たった10時間!と両手でパーしてアピールする3人。
  • ツアー名を聞かれて、照れながらやりきるものの恥ずかしさが勝って耐えられなくなる3人。ちなみにツアー名は、「요기*1 어디?(ここはどこ?)」「요기 욕야카르타~(ここはジョグジャカルタ~)」「 요기 아주 nice(ここはベリーナイス)」「요요요! 아주 나이스!(ここはベリーナイス!)」なのですが、恐らく「요요요!」を「ヨ~!ヨ~!ヨ~!」と一人ずつテンション高めに言うのが恥ずかしいのかと。
  • 勝つためのアドバイスをくれたミンギュ(電話で声のみ出演)に「旅行の達人みたいだ」とウォヌが言ったら、「하하하하하(ハハハハハ)」とご機嫌になるミンギュ。
  • 「고민(悩み)」とテロップが付けられ、こめかみに人差し指をあてて目を閉じるという、考えるポーズが可愛い。
  • スマホを支える指が特徴的。左右の指が交互に添えられていて、ちょっと真似してみたけど難しい。
  • 同い年のエスクプスとジョンハンが1日ずつ計画を立てるから、年下のウォヌはついてくればいいよと言われ、ニヤリとするウォヌ。
  • 3人の紹介コメントが「よく食べるかわいいリーダー」や「かわいいウォヌ」に対して、「写真を撮りたがるジョンハン」だったので、どんだけ写真を撮ったんだ、と思ったら微笑ましい気持ちに。
  • ツアー名を言う姿が映し出されそうになると、恥ずかしくて飲んでいた水を吹き出しそうに。
  • カメラに向かってハイファイブした時のキラキラ笑顔。
  • タクシーに乗るにも勝手が違うから、通貨の単位を言い間違えたり、英語は合ってるのかな?と呟いたりして、恐らく少なからず緊張しているのに顔には全く出ないという頼もしさ。
  • ワクワクが満面の笑みに現れてるウォヌがめちゃくちゃ可愛い。
  • タクシーでエアコンを下げてもらおうと英語で話しかけてみるものの通じなくて困っているところが可愛い。その後、顔で(顔で!)アピールして下げることに成功し、運転手さんも笑顔になるという流石の天使力。
  • ジョンハンが計画した日は"天使デー"と題し、100点じゃなくて1004点を目標に頑張ろうと思っているんだ、という発想に白旗。可愛すぎる。天使の羽の画像を加えてくれたスタッフさんグッジョブ。
  • KOPI JOSS(炭が入ったコーヒー)用の炭を見て、目がまんまるになるエスクプス。
  • 店員さんとの意思疎通が若干難しく、表情が固まるというレアな瞬間が見られるというお得感。
  • 旅行前の下調べ中、mahal(高い)、kasih mura(安くして)、Term kasih(ありがとう)を使うと宣言し、旅先での価格交渉で「mahal~」を連呼して、エスクプスに「그만해 ㅋㅋㅋ(やめてwww)」と肩をバシッとされてるところ。
  • その後も、別嬪っぷりを発揮しまくって価格交渉。あんなに可愛い顔で交渉されたら、誰だって値引いてしまいますね...。
  • ベチャ(自転車タクシー)にぴったりとくっつき乗車するジョンハンとウォヌ。
  • バティック(インドネシア伝統の手染めの衣料)に着替えて出てくるシーンが映し出される前に、恥ずかしくなって手で口元を抑えながら笑ってしまった時の目がイタズラっ子みたいで可愛い。
  • ウォヌに一発芸をふり、その様子がたいそう気に入ったのかハートマークのテロップが付けられる程甘い視線を送るジョンハンに、私の目もハートマーク。
  • 辛くないよという表情で辛いソースを食べるジョンハンとウォヌを見て、辛い物が苦手なエスクプスも挑戦してみるものの、撃沈。お顔が全てを物語る。
  • ハットの被り方が可愛い。
  • クイズの答えを簡単に出してしまったウォヌに「簡単に当てちゃダメだ」とやんわりグーパンチ。
  • ストゥーパ(仏塔)に手を当て目を閉じ願いをかける3人の美しさ。
  • 夕食にとてもいい雰囲気のレストランを選ぶロマンチストぶり。(好き)
  • Tシャツの袖を肩まで捲ったお陰でお目見えしたウォヌの二の腕が綺麗で見とれる。
  • ビールをぐびぐびと飲む姿は普通の青年。
  • ビールを飲んだら踊り出すかも、とエスクプスに無茶ぶりをして、指を開かないで手を握り、期待で目をキラキラさせながら祈る姿。
  • 「고주망태(へべれけ)」という単語のチョイス。
  • お顔が大写しになる度に、ゆで卵のような質感に毎回新鮮に驚く。
  • アーンされてモグモグしてる様がけしからん可愛らしさ。
  • ヘルメット被っても美人。
  • ジョンブラン洞窟へ降りるのに、安全装置着用とはいえ、人力でロープを動かし60メートルの深さを降りるという怖さを含んだ移動にも余裕綽々。
  • 洞窟内に降り注ぐ光の美しさと光を受けるジョンハンの美しさに見とれるばかり。ポージングが上手。
  • ジョンハンが引き上げられていく姿を下から見守るエスクプスとウォヌのお口ポカーン。
  • 4WDツアーでも「mahal~」と価格交渉する抜かりなさ。
  • 牛の鳴き声に呼応。
  • スノーボードとは勝手が違うサンドボードは難しいようで、すぐに尻餅。
  • ボードから降りてすぐ、足の裏が焼けそうに熱くて叫びながら疾走。
  • あらかじめ滑り降りる先にサンダルを投げる時の腹チラ。ステージで集中している時と童心に返っている時にしか見られないから、美味しくいただきました。
  • ジョンハンのサンダルを持ち去るウォヌの茶目っ気。
  • 砂まみれでハァハァ。
  • めちゃくちゃに揺れる4WDの後部座席でウォヌのズボンを掴んでいたのは何故。(掴むところがなかったからだろうけど、でも何故ズボン...)
  • 海に入って水を掛け合うという、ザ青春を満喫するエスクプスとジョンハン。
  • 海の方へと押してきたジョンハンを反撃とばかりに追いかけるウォヌ。
  • 濡れた髪、頬と肩で自撮り棒を挟む角度、指遊びで負けた瞬間海へ向かって走る姿、満面の笑み、頭まで全部海へ、少しはだけた胸元、この一連のシーンが最高すぎて頭が煮えました。
  • ツアー名を叫び終わった瞬間にまた海へ駆け出す姿。
  • 馬に乗る時の声。
  • 馬に悪いと思う心の持ちよう。
  • 馬の名前を聞き、名前を呼んで仲良くなるというコミュニティ能力。
  • 夕陽を見ながら乗馬する姿の美しさ。
  • 気が付けば、補助の人なしで乗りこなせている運動神経。
  • 馬から降りて「고생했어! 미안해...!(ご苦労さん、ごめんね)」と声をかけるやさしさ。
  • 夕陽があまりにも美しくて、目も口もまあるく。
  • 暮れ終わりそうなタイミングでジャンプして撮影した一枚が、この旅を彼らが心から楽しめた証のようで、良かったねえええ~~~と母のような気持ちに。
  • インスタントカメラによるこの世で1枚しかない写真たちというのが、何枚でも撮ることが出来るし加工も可能なデジタル写真が当たり前の今においてはとても価値がある気が。


人の目をほとんど気にしなくてもいい土地への旅行が彼らに安らぎを与えてくれたんだろうなあと思うし、仕事ではあるけれど、自分たちで行きたいところを選んで、欲しいもの食べたいものを自由に買ったり食べたり出来るということは、今の彼らにとってはとても貴重なことでしょうし、ひとたび外に出ればいつでもどこでも写真を撮られる環境にいるジョンハンが写真を撮ること、撮ってもらうことを楽しんでいたのを見ることが出来たのは、この素敵な番組に出演する機会があったお陰だなあととてもありがたい気持ちになりました。またこのような素晴らしきご縁がありますように。

*1:正確な書き方は여기

DIGITAL SINGLE「HIT」プロモーション 7/24〜8/5

7月24日に、「An Ode 1 : Unchained Melody」と題して、Prologue映像が公開されました。この映像だけでは、まだ何が起こるのかははっきりとは分かりませんでしたが、いよいよ何かが始まるというドキドキワクワクを与えてもらいました。



[Prologue] An Ode 1 : Unchained Melody


これまでに8月初旬に新曲を発表するとの情報はありましたが、いつがリリース日なのかの発表はなく、本国で新曲をリリースする際には行われてきた(私が応援するようになってからのことしか分かりませんが)プロモーションスケジュールの発表もないという今までとは少し違った形で、26日にMOTION POSTERの公開とTwitterハッシュタグにて、8月5日にデジタルシングルとしてリリースされることが発表されました。



Instagramでは3件の投稿がありましたが、Twitterで投稿されたモーションポスターと同様の映像の他に真っ黒な画像が2枚投稿されていて、この先も3件ずつの投稿を予感させますし、これからどのような雰囲気になるのか期待が高まります。


f:id:finalblue:20190726124919p:plain


27日、ミンギュ、ディノ、スングァン、ジョシュア、ウジ、ディエイトのOFFICIAL PHOTOが公開。




青系の布が私には波のように見えて、SEVENTEENとの夏がまた始まるんだ!とドキドキしました。


Instagramの投稿も増えました。


f:id:finalblue:20190727004034p:plain


28日、ウォヌ、ジュン、エスクプス、ドギョム、ジョンハン、ホシ、バーノンのOFFICIAL PHOTOが公開。




f:id:finalblue:20190731153455j:plain


水面の反射がジョンハンの美しさを際立たせているようで見惚れました。特に、肌の白さと二の腕の細さに釘付けです。


Instagramの投稿も増えました。


f:id:finalblue:20190731150305p:plain


29日、OFFICIAL PHOTOが公開。



背後に掲示された旗のような、ポスターのようなものに表示された、「13」「DPS」「GLOBUS」「EXTRAORDINARY」など、意味が分からないもの、分かっても言葉同士がどう繋がっていくのか分からなかったりと私の頭では理解が及ばなかったので、楽曲がリリースされてから判明するかもしれない何かに期待を寄せることにしました。


Instagramの投稿も増えました。


f:id:finalblue:20190731150900p:plain


30日、MAKING FILMが公開。




キメ顔連発の中、眠たそうな目をしてピースするミンギュが可愛いし、笑いながら横向くジョンハンがとても好きなジョンハンで癒されました。ジョンハンを笑顔にする誰かが笑った先に居たのかなと思ったら、その関係性の尊さにグッと来ました。


Instagramの投稿も増えました。


f:id:finalblue:20190731151024p:plain


31日、タイトル「HIT」とともにMUSIC SPOILERが公開。



SEVENTEEN DIGITAL SINGLE "HIT" MUSIC SPOILER


無条件で盛り上がる楽曲が来た!と興奮しました。出演が決まっているSUMMER SONIC 2019で披露することが出来たら、CARAT以外のお客さんも間違いなく盛り上がるのでは?と期待が膨らみました。


Instagramの投稿も増えました。


f:id:finalblue:20190731151141p:plain


午後になり、ONLINE COVERが公開。



Instagramの投稿も増えました。


f:id:finalblue:20190731151448p:plain


8月1日、MV TEASERが公開。



SEVENTEEN(세븐틴) "HIT" MV TEASER


あまりのかっこ良さに完全に語彙を無くしたのですが、水や赤い空間や美しく跳ぶ姿が印象に残りました。MVのフルバージョンはどれだけ素敵な出来栄えなんだろうと期待が更に膨らみました。


Instagramの投稿も増えました。


f:id:finalblue:20190801160241p:plain


2日、特設サイトが公開。


http://seventeen-hit.comseventeen-hit.com



「LOADING...」と表示された後、「HIT AS MUCH AS YOU CAN UNTIL IT BREAKS!」との表示に変わり、続いて「READY?」と表示されるので、画面をタップ(クリック)すると、「HIT」と表示されるので連続でタップします。すると文字がタップされるごとに徐々に大きくなり、やがて赤い空間の中、照明を当てず影のように見えるメンバー達の姿が映し出されます。その後、HIT SCOREが表示され、「PLAY AGAIN」をタップすると「HIT AS MUCH AS YOU CAN UNTIL IT BREAKS!」の表示に戻り、再度プレイすることが出来ます。一度目は13回タップしたので、二度目は試しに17回タップしてみたところ、HIT SCOREの表示の背景が変わりました。「NEXT LEVEL」をタップすると「COMING SOON 8/4」と表示されました。


Instagramの投稿も増えました。


f:id:finalblue:20190802161400p:plain


COEXにてLED広告が掲示されているというお知らせ。



3日、MV TEASER 2が公開。



SEVENTEEN(세븐틴) "HIT" MV TEASER 2


これまでに公開された数々の情報で、これはかなり激しく踊る楽曲なのでは?と思っていましたが、私の想像を遥かに超える激しくて美しいダンスが公開されてしまい、私の心臓はもつだろうか、と要らぬ心配をしました。毎回、素敵な姿を見せてくれる彼らの熱情と向上心には感動します。


Instagramの投稿も増えました。


f:id:finalblue:20190804214515p:plain


4日、特設サイトが「COMING SOON 8/4」との予告通り更新。



「LOADING...」と表示された後、「HIT AND HOLD UNTIL IT BREAKS!」との表示に変わり、続いて「READY?」と表示されます。今回は画面をタップ(クリック)するだけではなく、押しっぱなし(クリックしっぱなし)にすることによって「HIT」の文字が徐々に大きくなり、やがて最初に公開された時と同じく、影のように見えるメンバー達の姿が映し出されます。今回は、楽曲の冒頭部分と思われるフレーズとともに、美しいダンスが映し出されていて、そのかっこ良さに見惚れました。


Instagramの投稿も増えました。


f:id:finalblue:20190804220841p:plain


5日、いよいよリリース日。



SEVENTEENの爆発的なエネルギーが感じられるHIT!という呟きがありました。


17時よりV LIVEが放送。
t.co


いつも通り和気藹々とした雰囲気でのV LIVEでした。毎回、言葉の壁が高いことを感じますが、それでも楽しい空気は十分に伝わって来て、ほっこりとした気持ちで1時間弱の配信を楽しませてもらいました。


そして、MVが公開されました。



[M/V] SEVENTEEN(세븐틴) - HIT


体中の血が沸騰するような感覚と鳥肌とともに現れたゾクゾクする感覚が止まらなくなり、私の全細胞が好きだと言っているようでした。


Instagramの投稿も増えました。


f:id:finalblue:20190807172239p:plain


SEVENTEENとの熱い夏を私なりにガンガン楽しみたいです。

【学習記録】BOOMBOOM/SEVENTEEN《歌詞・発音・和訳》

覚えた端から忘れていくので、学習は継続することが大事だなあと痛感しています。歌詞はCD付属のブックレット参照、発音は正確ではないので参考までに、和訳は意訳が全く出来ないので調べたままを記載しています。間違いなどがありましたら、教えていただけるとありがたいです。


BOOMBOOM / SEVENTEEN

눈앞에 있어도 보고 싶어지는 Oh wuh
이 느낌을 뭐라고 설명할까 정리가 안 됐지

ヌナペ イッソド ポゴ シポジヌン Oh wuh
イ ヌッキムル ムォラゴ ソルミョンハルッカ チョンニガ アン ツェッッチ

目の前にいても会いたくなる Oh wuh
この感じを何と説明しようか整理ができなかったんだ


어느 순간 내 행복에 Root가 너인 걸 알게 되니까
너의 주위를 Turn Right and Turn Left 매일 빙빙 도는 나

オヌ スンガン ネ ヘンボゲ Rootカ ノイン コル アルゲ ツェニッカ
ノウィ チュウィルル Turn Right and Turn Left メイル ピンビン トヌン ナ

どの瞬間 僕の幸せにRootが君であることを分かるようになるので
君の周りを Turn Right and Turn Left 毎日ぐるぐる回る僕


마주치면 좋아지는 기분 넌 내 바이오리듬
빙빙 돌려 말하지만 맘은 꼬여있지 않음

マジュチミョン チョアジヌン キブン ノン ネ パイオリドゥム
ピンビン トルリョ マラジマン マムン ッコヨイッッチ アヌム

思いがけなく会うならよくなる気分 君は僕のバイオリズム
ぐるぐる回して話すけれども気持ちはこじれていない


너무 아름다운 너
또 너를 바라보는 나 Oh Oh
붐 붐 붐 붐 붐 붐 붐 붐 붐 붐
지금 시간에 너를 생각하면서 Oh Oh Oh
집 앞으로 갈게 할 말 있어 지금
끝이 없는 너라는 길을
두 걸음씩 뛰어가서 있는 힘껏 안아줄게
멈출 수 없는 열정 가득 Oh Oh
붐 붐 붐 붐 붐 붐 붐 붐 붐 붐

ノム アルムダウン ノ
ット ノルル パラボヌン ナ Oh Oh
プム プム プム プム プム プム プム プム プム プム
チグム シガネ ノルル センガカミョンソ Oh Oh Oh
チプ アプロ カルゲ ハル マル イッソ チグム
ックチ オプヌン ノラヌン キルル
トゥ コルムッシク ッツィオガソ インヌン ヒムッコッ アナジュルゲ
モムチュル ス オプヌン ヨルジョン カドゥク Oh Oh
プム プム プム プム プム プム プム プム プム プム

あまりに美しい君
また君を見つめる僕 Oh Oh
ブーム ブーム ブーム ブーム ブーム ブーム ブーム ブーム ブーム ブーム
今 時間に君を思いながら Oh Oh Oh
家 前に行くよ するべき話がある 今
終わりがない君と言う道を
二歩ずつ走っていくから ある力いっぱい抱いてあげるよ
止まることない情熱いっぱいに Oh Oh
ブーム ブーム ブーム ブーム ブーム ブーム ブーム ブーム ブーム ブーム


Everyday 붐붐 너 때문에 붐붐
넌 나를 Hit me Hit me Hit me
Hit me Hit me Hit me 히트쳐 Come on
Everyday 붐붐 너 때문에 붐붐
You got me like 붐붐 붐붐 붐붐 붐붐

Everyday プムブム ノ ッテムネ プムブム
ノン ナルル Hit me Hit me Hit me
Hit me Hit me Hit me ヒトゥチョ Come on
Everyday プムブム ノッテムネ プムブム
You got me like プムブム プムブム プムブム プムブム

Everyday ブームブーム 君のせいで ブームブーム
君は僕を Hit me Hit me Hit me
Hit me Hit me Hit me ヒット打って Come on
Everyday ブームブーム 君のせいで ブームブーム
You got me like ブームブーム ブームブーム ブームブーム ブームブーム


Everyday you’re all up in my head
넌 달콤하게 나의 눈에 띄네 Yeah 안 지워지네
지금 네가 들어간 내 두뇌는 용량 초과
붐붐

Everyday you’re all up in my head
ノン タルコマゲ ナウィ ヌネ ッツィネ Yeah アン チウォジネ
チグム ネガ トゥロガン ネ トゥヌェヌン ヨンニャン チョグァ
プムブム

Everyday you’re all up in my head
君は甘く 僕の目につくんだ Yeah 消えないんだ
今 君が入った僕の頭脳は容量超過
ブームブーム


너무 아름다운 너
또 너를 바라보는 나 Oh Oh
붐 붐 붐 붐 붐 붐 붐 붐 붐 붐
지금 시간에 너를 생각하면서 Oh Oh Oh
집 앞으로 갈게 할 말 있어 지금
끝이 없는 너라는 길을
두 걸음씩 뛰어가서 있는 힘껏 안아줄게
멈출 수 없는 열정 가득 Oh Oh
붐 붐 붐 붐 붐 붐 붐 붐 붐 붐

ノム アルムダウン ノ
ット ノルル パラボヌン ナ Oh Oh
プム プム プム プム プム プム プム プム プム プム
チグム シガネ ノルル センガカミョンソ Oh Oh Oh
チプ アプロ カルゲ ハル マル イッソ チグム
ックチ オプヌン ノラヌン キルル
トゥ コルムッシク ッツィオガソ インヌン ヒムッコッ アナジュルゲ
モムチュル ス オプヌン ヨルジョン カドゥク Oh Oh
プム プム プム プム プム プム プム プム プム プム

あまりに美しい君
また君を見つめる僕 Oh Oh
ブーム ブーム ブーム ブーム ブーム ブーム ブーム ブーム ブーム ブーム
今 時間に君を思いながら Oh Oh Oh
家 前に行くよ するべき話がある 今
終わりがない君と言う道を
二歩ずつ走っていくから ある力いっぱい抱いてあげるよ
止まることない情熱いっぱいに Oh Oh
ブーム ブーム ブーム ブーム ブーム ブーム ブーム ブーム ブーム ブーム


Everyday 붐붐 너 때문에 붐붐
You got me like 붐붐 붐붐 붐붐 붐붐
Everyday 붐붐 너 때문에 붐붐
You got me like 붐붐 붐붐 붐붐 붐붐

Everyday プムブム ノ ッテムネ プムブム
You got me like プムブム プムブム プムブム プムブム
Everyday プムブム ノ ッテムネ プムブム
You got me like プムブム プムブム プムブム プムブム

Everyday ブームブーム 君のせいで ブームブーム
You got me like ブームブーム ブームブーム ブームブーム ブームブーム
Everyday ブームブーム 君のせいで ブームブーム
You got me like ブームブーム ブームブーム ブームブーム ブームブーム


어제의 너도 내일의 나도
같은 마음 같은 시선이길
언제나 함께 하길

オジェウィ ノド ネイルィ ナド
カトゥン マウム カトゥン シソニギル
オンジェナ ハムッケ ハギル

昨日の君も明日の僕も
同じ気持ち同じ眼差しであることを
いつも一緒にすることを


나 빼기 너는 Zero 너와 함께면 시너지는 몇 배로
그러니까 나는 너를 내게 대입해
우리라는 답으로 사랑의 공식 만들 거야

ナ ッペギ ノヌン Zero ノワ ハムッケミョン シノジヌン ミョッ ペロ
クロニッカ ナヌン ノルル ネゲ テイペ
ウリラヌン タブロ サランウィ コンシク マンドゥル コヤ

僕引く君はZero 君と一緒ならシナジーは何倍で
だから僕は君を僕に代入して
僕たちという答えで恋の公式作るつもりだ


아름다워 아름다워
붐 붐 붐 붐 붐 붐 붐 붐 붐 붐
멈출 수 없는 열정 가득 Oh Oh
붐 붐 붐 붐 붐 붐 붐 붐 붐 붐

アルムダウォ アルムダウォ
プム プム プム プム プム プム プム プム プム プム
モムチュル ス オプヌン ヨルジョン カドゥク Oh Oh
プム プム プム プム プム プム プム プム プム プム

美しいよ 美しいよ
ブーム ブーム ブーム ブーム ブーム ブーム ブーム ブーム ブーム ブーム
止まることない情熱いっぱいに Oh Oh
ブーム ブーム ブーム ブーム ブーム ブーム ブーム ブーム ブーム ブーム


Everyday 붐붐 너 때문에 붐붐
넌 나를 Hit me Hit me Hit me
Hit me Hit me Hit me 히트쳐 Come on
Everyday 붐붐 너 때문에 붐붐
You got me like 붐붐 붐붐 붐붐 붐붐

Everyday プムブム ノ ッテムネ プムブム
ノン ナルル Hit me Hit me Hit me
Hit me Hit me Hit me ヒトゥチョ Come on
Everyday プムブム ノッテムネ プムブム
You got me like プムブム プムブム プムブム プムブム

Everyday ブームブーム 君のせいで ブームブーム
君は僕を Hit me Hit me Hit me
Hit me Hit me Hit me ヒット打って Come on
Everyday ブームブーム 君のせいで ブームブーム
You got me like ブームブーム ブームブーム ブームブーム ブームブーム

2017KBS歌謡大祝祭の日本での放送につけられていた和訳で正確な訳を把握しました


目の前にいても 会いたくなる
この感覚をどう説明しようか うまく整理できない


ある瞬間 僕の幸せの Rootが君だということに 気づいたから
君の周りを Turn right and turn left 毎日 グルグル回る僕


ばったり会えたら 気分がよくなる 君は僕のバイオリズム
遠回しに言うけど 心は ねじれちゃいないよ


君は美しすぎるから
僕はつい 見とれてしまう
Boom Boom Boom Boom Boom Boom Boom Boom Boom Boom 
今 この時間に 君のことを考えながら
家の前に行くよ 今すぐ話があるんだ
終わりのない 君という道を
一気に 駆けていって ありったけの力で抱き締めるよ
止められない 情熱いっぱいに
Boom Boom Boom Boom Boom Boom Boom Boom Boom Boom


Everyday Boom Boom 君のせいで Boom Boom
君は僕に Hit me Hit me Hit me
Hit me Hit me Hit me ヒットする Come on
Everyday Boom Boom 君のせいで Boom Boom
You got me like Boom Boom Boom Boom Boom Boom Boom Boom


Everyday You're all up in my head
君は甘く 僕の目に留まって 消えないんだ
今 君が入り込んだ 僕の脳は 容量オーバー
Boom Boom


君は美しすぎるから
僕はつい 見とれてしまう
Boom Boom Boom Boom Boom Boom Boom Boom Boom Boom 
今 この時間に 君のことを考えながら
家の前に行くよ 今すぐ話があるんだ
終わりのない 君という道を
一気に 駆けていって ありったけの力で抱き締めるよ
止められない 情熱いっぱいに
Boom Boom Boom Boom Boom Boom Boom Boom Boom Boom


Everyday Boom Boom 君のせいで Boom Boom
You got me like Boom Boom Boom Boom Boom Boom Boom Boom
Everyday Boom Boom 君のせいで Boom Boom
You got me like Boom Boom Boom Boom Boom Boom Boom Boom


昨日の君も 明日の僕も
同じ気持ち 同じ視線であってほしい
いつでも 一緒にいられますように


僕から君を引いたら Zero 君と一緒なら 何倍ものシナジー効果
だから僕は君を 僕に代入して
僕らという答えで愛の公式を 作るのさ


美しい 美しい
Boom Boom Boom Boom Boom Boom Boom Boom Boom Boom
止められない 情熱いっぱいに
Boom Boom Boom Boom Boom Boom Boom Boom Boom Boom


Everyday Boom Boom 君のせいで Boom Boom
君は僕に Hit me Hit me Hit me
Hit me Hit me Hit me ヒットする Come on
Everyday Boom Boom 君のせいで Boom Boom
You got me like Boom Boom Boom Boom Boom Boom Boom Boom

単語 発音 意味 備考
눈앞에 ヌナペ 目の前に 눈앞【ヌナプ】(目先、目の前、眼下)+에【エ】(~に、~で)
있어도 イッソド いても 있다【イッタ】(ある、いる)+어도【オド】(~しても、~くても、~にも)
보고 싶어지는 ポゴ シポジヌン 会いたくなる 보다【ポダ】(見る)+고 싶다【ゴ シプタ】(~したい)+어지다【オチダ】(~くなる)+는【ヌン】(※連体形)※보고 싶다【ポゴ シプタ】は直訳では「見たい」だが「会いたい」の意味もある
この  
느낌을 ヌッキムル 感じを 느낌【ヌッキム】(感じ)+을【ウル】(~を)
뭐라고 ムォラゴ 何とも、何と  
설명할까 ソルミョンハルッカ 説明しようか 설명하다【ソルミョンハダ】(説明する)+ㄹ까【ルッカ】(〜しようかな、〜するかな)
정리가 チョンニガ 整理が 정리【チョンニ】(整理、片づけ、まとめ)+가【ガ】(~が)
アン ~しない、~くない、~でない ※動詞、形容詞の否定
됐지 ツェッッチ できなかったんだ 되다【ツェダ】(なる、できる、される)+었다【オッッタ】(※過去形)+지【チ】(〜だ)※되다の語幹は다の前の母音がㅚなので어と結合してㅙに変化
어느 オヌ どの、どれ、何~  
순간 スンガン 瞬間、途端  
僕の 나【ナ】(僕)+의【ウィ】(の)の縮約形
행복에 ヘンボゲ 幸せに 행복【ヘンボク】(幸せ、幸福)+에【エ】(~に、~で)
~が  
너인 ノイン 君である 너【ノ】(君)+인【イン】(~としての、~である)
コル ことを、ことが、ものを、ものが  
알게 되니까 アルゲ ツェニッカ 分かるようになるので 알다【アルタ】(知る、分かる、気づく)+게 되다【ゲ ツェダ】(~ようになる、~くなる)+니까【ニッカ】(~なので、~ので)
너의 ノウィ 君の 너【ノ】(君)+의【ウィ】
주위를 チュウィルル 周りを 주위【チュウィ】(周り、周囲)+를【ルル】(~を)
매일 メイル 毎日、日々  
빙빙 ピンビン ぐるぐる、くるくる  
도는 トヌン 回る 돌다【トルダ】(回る、曲がる)+는【ヌン】(※連体形)※語幹がㄹで終わる用言は、後ろに「ㄴ, ㅂ, ㅅ, ㄹ, 오」で始まる活用語が来ると、語幹のㄹが脱落
 
마주치면 マジュチミョン 思いがけなく会うなら 마주치다【マジュチダ】(目があう、ぶつかる、出くわす、思いがけなく会う)+면【ミョン】(~なら、~だとしたら、~であれば)
좋아지는 チョアジヌン よくなる 좋아지다【チョアジダ】(よくなる、好きになる)+는【ヌン】(※連体形)
기분 キブン 気分、機嫌  
ノン 君は 너는の縮約形
바이오리듬 パイオリドゥム バイオリズム  
돌려 トルリョ 回して 돌리다【トルリダ】(回す、振り返る)+어【オ】(~し、~して)※連用形、돌리다の語幹は다の前の母音がㅣなので어と結合してㅕに変化
말하지만 マラジマン 話すけれども 말하다【マラダ】(言う、話す)+지만【チマン】(~が、~けれども、~だけど)
맘은 マムン 気持ちは 맘【マム】(心、気持ち)+은【ウン】(~は)
꼬여있지 않음 ッコヨイッッチ アヌム こじれていない 꼬이다【ッコイダ】(こじれる、もつれる)+어【オ】(※連用形)+있다【イッタ】(ある、いる)+지 않다【チ アンタ】(〜ない、〜しない)+음【ウム】(※名詞化)※꼬이다の語幹は다の前の母音がㅣなので어と結合してㅕに変化
너무 ノム あまりに、ずいぶん、とても  
아름다운 アルムダウン 美しい 아름답다【アルムダプタ】(美しい、綺麗だ)+은【ウン】(※連体形)※ㅂパッチムの後に으が続くとㅂ+으は우に変わる(変わらない単語もある)
 
ット また  
너를 ノルル 君を 너【ノ】(君)+를【ルル】(~を)
바라보는 パラボヌン 見つめる 바라보다【パラボダ】(見つめる、仰ぎ見る、望める)+는【ヌン】(※連体形)
プム ブーム  
지금 チグム  
시간에 シガネ 時間に 시간【シガン】(時間)+에【エ】(~に、~で)
생각하면서 センガカミョンソ 思いながら 생각하다【センガカダ】(思う、考える)+면서【ミョンソ】(~ながら、~でありながら、~しつつ、~のに、~するくせに)
チプ  
앞으로 アプロ 前に 앞【アプ】(前、おもて)+으로【ウロ】(~へ、~で、~に、~として)
갈게 カルゲ 行くよ 가다【カダ】(行く)+ㄹ게【ルゲ】(~するよ)
ハル するべき 하다【ハダ】(する、やる、行う)+ㄹ【ル】(~だろう、~であろう、~することのできる、~べき)
マル 言葉、話  
있어 イッソ ある 있다【イッタ】(ある、いる)+어【オ】(※パンマル表現)
끝이 ックチ 終わりが 끝【ックッ】(終わり)+이【イ】(~が)
없는 オプヌン ない 없다【オプタ】(ない、いない)+는【ヌン】(※連体形)
너라는 ノラヌン 君と言う 너【ノ】(君)+라는【ラヌン】(~と言う)
길을 キルル 道を 길【キル】(道)+을【ウル】(~を)
トゥ 二つの、2つの、二、二人の  
걸음씩 コルムッシク 歩ずつ 걸음【コルム】(歩み、歩行、歩き、足)+씩【ッシク】(ずつ)
뛰어가서 ッツィオガソ 走っていくから 뛰어가다【ッツィオガダ】(走る、走っていく、駆けていく、駆ける)+서【ソ】(~から、~で)
있는 インヌン いる 있다【イッタ】(ある、いる)+는【ヌン】(※連体形)
힘껏 ヒムッコッ 力いっぱい、力の限り、思いっきり  
안아줄게 アナジュルゲ 抱いてあげるよ 안다【アンタ】(抱く)+아【ア】(※連用形)+주다【チュダ】(あげる)+ㄹ게【ルゲ】(~するよ)
멈출 モムチュル 止まる 멈추다【モムチュダ】(止まる、泊まる)+ㄹ【ル】(※未来連体形)
こと  
열정 ヨルジョン 情熱  
가득 カドゥク いっぱいに、ぎっしりと  
때문에 ッテムネ せいで 때문【ッテムン】(せい、ため)+에【エ】(~に、~で)
나를 ナルル 僕を 나【ナ】(僕)+를【ルル】(~を)
히트쳐 ヒトゥチョ ヒット打って 히트【ヒトゥ】(ヒット)+치다【チダ】(弾く、打つ、叩く)+어【オ】(※連用形)※치다の語幹は다の前の母音がㅣなので어と結合してㅕに変化
달콤하게 タルコマゲ 甘く 달콤하다【タルコマダ】(甘ったるい、甘くておいしい、甘い)+게【ゲ】(~く、~に)
나의 ナウィ 僕の 나【ナ】(僕)+의【ウィ】(の)
눈에 ヌネ 目に 눈【ヌン】(目)+에【エ】(~に、~で)
띄네 ッツィネ つくんだ 띄다【ッツィダ】(つく)+네【ネ】(~だね、~だ)※띄다は뜨이다と띄우다の縮約形
안 지워지네 アン チウォジネ 消えないんだ 안【アン】(~しない、~くない、~でない)+지워지다【チウォジダ】(消える)+네【ネ】(~だね、~だ)
네가 ネガ 君が 네【ネ】(君の)+가【ガ】(~が)
들어간 トゥロガン 入った 들어가다【トゥロカダ】(入る、入っていく)+ㄴ【ン】(過去連体形)
두뇌는 トゥヌェヌン 頭脳は 두뇌【トゥネ】(頭脳、脳)+는【ヌン】(~は)
용량 ヨンニャン 容量、キャパシティー、キャパ、収容能力  
초과 チョグァ 超過  
어제의 オジェウィ 昨日の 어제【オジェ】(昨日)+의【ウィ】(の)
너도 ノド 君も 너【ノ】(君)+도【ド】(も)
내일의 ネイルィ 明日の 내일【ネイル】(明日)+의【ウィ】(の)
나도 ナド 僕も 나【ナ】(僕)+도【ド】(も)
같은 カトゥン 同じ 같다【カッタ】(同じ)+은【ウン】(※連体形)
마음 マウム 心、気持ち  
시선이길 シソニギル 眼差しであることを 시선【シソン】(視線、眼差し)+이다【イダ】(~だ、~である ※動詞化)+기【ギ】(※名詞化)+를【ルル】(~を)※길は기를の縮約形
언제나 オンジェナ いつも、いつでも、どんな時でも  
함께 ハムッケ 一緒に、共に  
하길 ハギル することを 하다【ハダ】(する)+기【ギ】(※名詞化)+를【ルル】(~を)※길は기를の縮約形
빼기 ッペギ 引く 빼다【ッペダ】(引く、取り除く、抜く)+기【ギ】(※名詞化)
너는 ノヌン 君は 너【ノ】(君)+는【ヌン】(~は)
너와 ノワ 君と 너【ノ】(君)+와【ワ】(~と)
함께면 ハムッケミョン 一緒なら 함께【ハムッケ】(一緒に、共に)+면【ミョン】(~なら、~だとしたら、~であれば)
시너지는 シノジヌン シナジー 시너지【シノジ】(シナジー、相互効果)+는【ヌン】(~は)
ミョッ  
배로 ペロ 倍で 배【ペ】(倍)+로【ロ】(~へ、~で、~に、~として)
그러니까 クロニッカ だから、そうだから  
나는 ナヌン 僕は 나【ナ】(僕)+는【ヌン】(~は)
내게 ネゲ 僕に 나에게の縮約形
대입해 テイペ 代入して 대입하다【テイパダ】(代入する)+해【ヘ】(※連用形)※하다と하다を含む用言は、第Ⅲ語基(基本形から다を除いた形に、아または어 がつく)が原則として해となる、해は하여の縮約形
우리라는 ウリラヌン 僕たちという 우리【ウリ】(私たち、我々)+라는【ラヌン】(という)
답으로 タブロ 答えで 답【タプ】(答え、返事)+으로【ウロ】(~へ、~で、~に、~として)
사랑의 サランウィ 恋の 사랑【サラン】(愛、恋)+의【ウィ】(の)
공식 コンシク 公式  
만들 거야 マンドゥル コヤ 作るつもりだ 만들다【マンドゥルダ】(作る)+ㄹ 것이다【ル コシダ】(~する予定だ、~のつもりだ、~するだろう、~であるだろう)※만들다のように語幹がㄹで終わる用言は、後ろに「ㄴ, ㅂ, ㅅ, ㄹ, 오」で始まる活用語が来ると、語幹のㄹが脱落、거は것の縮約形、야はパンマル表現
아름다워 アルムダウォ 美しいよ 아름답다【アルムダプタ】(美しい、綺麗だ)+아【ア】(※パンマル表現)※아름답다の語幹に아がつく場合ㅂが脱落し、워がつく



[MV] SEVENTEEN(세븐틴) _ BOOMBOOM(붐붐)

M-ON! SPECIAL「SEVENTEEN」~2019NATSU~

M-ON!のオリジナル番組*1第2弾が7月20日に放送されました。メンバー同士だから話せる近況報告やゲームコーナーなど、この番組でしか見られない姿をたっぷりお届け、との番組紹介があったのでワクワクしながら鑑賞しました。


《番組内容》
●質問形式によるトーク
●SHOWCASEの映像より「Happy Ending」
●ゲームコーナー(イケメンカメラ目線大会)

  1. 様々なシチュエーションが書いてあるパネルから1つを選ぶ
  2. カメラに向かって選んだシチュエーションを披露
  3. 披露する間のイケメンな瞬間をスチールカメラが撮影
  4. 撮れた写真を見てメンバー全員で点数をつける
  5. 上位の4人には豪華なプレゼント


●ゲームを組み込んだ近況TMI*2

  1. 座り位置からセンターを基準にチーム分け
  2. 各チームごとに代表2人を選択
  3. 事前アンケートで集めたSEVENTEENメンバーの口癖がNGワードになり代表2人は該当するNGワードトーク中に話してはいけない
  4. NGワードを発した回数だけカウント
  5. 合計カウントが多いチームが負け


以下、見どころや感想などを。

  • 「ショーケースを準備しながら特に気にしたところは?」という質問に対し、「150%準備しないと100%をお見せできないと思って150%を準備しました」とホシ。
  • 「新曲を初めて披露する時の気持ちは?」との質問に対し、「ワクワクします」の上に"食い気味"とツッコミ付きでテロップが出されたジュン。
  • MCミンギュの話を集中して聞くメンバーの脇に"集中"とテロップを付けてくださったスタッフさんの遊び心が嬉しいし、「メンバーたちに集中されると嬉しいですね」とコメントするミンギュの素直さが愛おしい。
  • 日本語バージョンの「Oh My!」で「胸~を騒~がし~くさせ~る♪」のところが難しかったというスングァン。確かに、言葉の切れ目がないし、音が高いし、母国語が韓国語の人には難しいサ行があるしで、本人の告白がなかったらその苦労は分からなかったなあと。
  • 「Happy Ending」のMVにてウォヌが機動隊に扮しているシーンで、椅子に隠されていて見えないけれど、ずっとジュンが座っていたというエピソード。MVに「ここジュン」「ここ」「まだいるよ~」とテロップを付けてくださったスタッフさんが親切丁寧。
  • 「Happy Ending」のポイントダンスを紹介するところで、1回目はきちんと振付通りの動きをしているのに2回目で可愛くちょっとアレンジしちゃってるジョンハン。どこぞのぶりっ子が出て来たのかと。
  • 「最近覚えた日本語は?」との質問に対し、「のんびりする」と答え、「僕の趣味です」と言うジョンハン。
  • 覚えた日本語を熱心に語るホシの姿が可愛くて仕方がないのか、顔を隠しながら爆笑してるジョンハン。そこに付けられたテロップが「頑張るホシに感動(?)」でスタッフさんとガッチリ握手したい気持ちに。
  • 更に続くホシの熱弁についには大口開けて笑ってしまうジョンハン。
  • 「今後の日本で活動していく中でやり遂げたい目標や夢は?」との質問に対し、「CARATたちが幸せになること」と即答するジョンハン。様々なファンがいるから、全員の望みを寸分違わず叶えることは難しいということを分かった上で選択している言葉だと思うし、常日頃からジョンハンは「幸せになってください」と言っていて、そういう言葉選びと情の深さが好き。
  • ミンギュが「もうみなさんはイケメンですから」と言ったら、微笑みを浮かべながら「맞아요(そうです)」と返したジョンハン。
  • 昨年の収録でもらった金平糖を瓶に入れて今も部屋に飾っているというジョンハン。
  • スングァンの高速縄回しに脅えるエスクプス。
  • 縄跳びが上手すぎるスングァン。
  • 取ったポーズがたまたまスングァンの顔をまるっと隠す結果になったエスクプス。
  • バスケットボールが床に置かれている状態からドリブルを始め、シュートのポーズを取るまでのジョシュアが華麗。
  • たくさんの写真から選ばれた写真に納得がいかず、自ら選びに行くジョシュア。
  • ジョンハンとバーノンが腕相撲のポーズを取っている時、”自分の座り位置大満喫中”とテロップを入れられてるウォヌ。確かに、オーバーアクションなのは珍しい気がして可愛い。
  • 腕相撲のポーズするのに、ジョンハンは割と大きく脚を開いていて、その細さに見惚れるし、腕相撲している表情には見えないけど、顔が天才なのではなまる。
  • 背景として映り込みを狙うウォヌとウジ。
  • ”このゲームを一番楽しんでる人”とテロップを付けられてるウォヌ。
  • ”ブ・スングァン(21) 歌&バラエティ秀才”というテロップ。
  • 尻相撲させられるドギョムとバーノン。
  • 尻相撲の専門MCですか?とディノに言われるスングァン。
  • 尻相撲させられるウジとディエイト。
  • ディエイトが選んだ商品がおいしい棒*3のお菓子100本。
  • 選んだ商品(写ルンですのプレミアムキット)を開けた瞬間、本気で驚くウジ。使い捨てだと分かったらちょっとがっかりしないかなと過保護の私は思ってしまう…。
  • お菓子は食べないというディエイトから早速お裾分けしてもらっておいしい棒をもぐもぐしてるジョンハン。
  • 商品を選ぶのに、「今までの人生でホシの話をきいて いい事一度もなかったな~」と言いつつもホシの言う通り選んで、見事撃沈するバラエティの天才スングァン。
  • 代表に自身のNGワードが見えなくなるよう、ねこ耳とうさ耳のカチューシャにNGワードを貼り付けて装着させる発想が天才。
  • ねこ耳ジョンハンが可愛くて大変。(私の心臓が)
  • NGワードが公開されてメンバーたちが歓声を上げる中、ちょっとドキドキしてるような表情を見せるジョンハンが可愛すぎて無理。(私の脳味噌が)
  • ゲームとなると勝ちに行くジョンハンが慎重に話し始めたせいでメンバーからツッコミが入り、それで自分のNGワード(え〜い)を早々に閃くジョンハン。その時の「아~알았다!(あ~分かった!)」の言い方が可愛くて可愛い。(言語障害) そして、分かった途端余裕綽々に。
  • 「Happy Ending」を歌って、ジョンハンのNGワードを言わせようとする策士スングァンに対して、唇にしーっの形であてていた指を外してスングァンを指差した後、うわーっ!(策士怖ーっ!)みたいな表情して胸に手を置くジョンハン。
  • NGワードに早く気づいてよかったですね?」とミンギュに言われ、「はい〜早く気がついて嬉しかったです」と言った時のジョンハン、そんなにふにゃふにゃに笑うんだ…と。(たまらん)
  • 新しいNGワードがツボにハマったらしく、笑い方がとても残念な感じになるミンギュ。テロップの付け方も"ひひひひひひ”(文字の大きさが右に向かってだんだん小さくなる)と丁寧な編集。
  • 代表じゃなくなったジョンハンが「え〜い」を早速使う。
  • ウジに仕掛けてみるジョンハン 。
  • 自然体で回答した結果、簡単にNGワードを言うジョシュア。
  • いつの間にかジョンハン対スングァンの頭脳戦に。
  • 「僕が変なギャグをするといつも」って、え、ウォヌが変なギャグを?いつ?(まだまだ勉強不足なことを実感)
  • 太腿の下に手を置いて座ってるところが可愛いジョンハン。手が冷えやすいの心配。(過保護) その後、足をブラブラさせてるのも可愛い。
  • 最後の挨拶でバランス崩して前の椅子の背もたれに手をつくジョンハン。
  • 番組終わりに、ジョンハン’s PICK(番組途中で「真夏におすすめするSEVENTEENの曲は?」との質問にジョンハンが回答)と画面右上にテロップを付けての「Healing」のMV。


見どころ満載で思いのほか感想が長くなってしまいましたが、メンバーたちの楽しそうな姿にほっこりし、スタッフさんのテロップ芸(芸?)に大いに楽しませてもらいました。このような素敵な縁がこの先も続きますように。

*1:http://www.m-on.jp/special/seventeen2019/

*2:TMIとはToo Much Informationの略でどうでもいい情報のこと

*3:うまい棒とはテロップ入れられないんですね…

「Happy Ending」ジャケット撮影メイキング&メンバーインタビュー

SEVENTEEN JAPAN 1ST SINGLE「Happy Ending」初回限定盤Cに付属のBlu-rayに収録されたジャケット撮影メイキング&メンバーインタビューを視聴しました。


f:id:finalblue:20190315231859j:plain


以下、感想など。

  • 冒頭、日本のCARATだけのためのバージョンがあるとの説明がドギョムからあり、嬉しい気持ちに。
  • ジャケット撮影現場もすごくきれいですし、僕もとてもきれいだから、と言ってのけるウォヌ(仰る通りきれいです)とそれを聞いて笑ってるバーノンにほっこり。
  • ジョシュアをバックハグしながらドリンク飲むスングァンとそれに動じず淡々と話すジョシュアの図。彼らの日常は私には刺激が強い。
  • 僕はいつ撮ってもきれいに写りますとジョンハン。冗談半分とは思いつつも見事なまでの真顔なので、隣のドギョムの「あー、またヒョンが冗談言ってる…」といった表情(私にはそう見えた)で、恐らく半分は冗談なんだろうと推測。その件を経ての撮影シーンがどれもこれもパーフェクト。お花を持って自撮りする姿は芸術作品。
  • 猫に話しかけるジュン。
  • 日本語でのメッセージの途中で詰まり、少し舌が出てヴェーと言っているような口元になったミンギュ。
  • ジョンハンの後頭部。(大好物)
  • ウォヌに顎を触られそうになってよけるミンギュ。っていうか、何故顎触りに行ったんでしょ。
  • ハニーブレッドに生クリームを大量につけて食べるホシとミンギュ。生クリームをこぼすホシ。ほっぺが膨らむほど頬張るミンギュ。かわいい×かわいい。
  • スーツ姿、キメ顔でピースするジョンハンがとんでもないかっこよさ。
  • ジュンによると「優しい彼氏」をイメージした撮影とのこと。(衣装から察するに初回限定盤AとCのどちらかはそのコンセプト)
  • 撮影が終わってのジョンハンのコメントがドアップで。そして萌え袖でアンニョン。
  • 「みなさんと僕たちが離れていても、ここでみなさんのことを考えながら作品を一生懸命準備して、ステージの準備も一生懸命やってますから、また楽しく幸せな時間を一緒に過ごせたらいいと思います」とエスクプスのコメントに胸がギュッと。


CARATのためにいいものを届けようと長い時間をかけて撮影している中、おまけの部分も一緒に撮影してくれるやさしさにほろりとしました。日本でのリリース、活動の機会がまた巡ってきますように。

Happy Ending/SEVENTEEN

5月29日発売のJAPAN 1ST SINGLE「Happy Ending」。JAPAN 1ST MINI ALBUM「WE MAKE YOU」のリリース時と同様、気合が入りまくったプロモーション(JAPAN 1ST SINGLE 「Happy Ending」プロモーション 3/13~5/28 - transparency)にワクワクしながらリリースを待ちました。


f:id:finalblue:20190315231952j:plain


CARAT盤では、美しい人たちが爽やかな衣装を身に纏い観葉植物と共に陽光を受けているという、無限大の美を披露してくれているので目がとても潤います。

Track Info

  1. Happy Ending
  2. Oh My! -Japanese ver.-
  3. Healing -Japanese ver.-


1.Happy Ending
ヒップホップチームの面々はゴリゴリのRapを披露しつつも、甘く、やさしく、切なく、力強く歌う技術力も持ち合わせているので、力強いバーノンの歌声から始まるところに鳥肌が立ちました。SEVENTEENのパート割は神懸かっていると常日頃から思っていますが、今回も期待通りのパート割だと感じることが多くて、最高だなと。ジョンハンのソロパート「聞かせて 聞かせて」の「て」の発音が日本人かと思わせてくれる美しさで、どれだけ練習したんだろう、と考えればグッと来てしまいます。程よく力を抜いて美しい発音を聴かせる技術が素晴らしいなと思いました。ミンギュとスングァンがオクターブ違いのユニゾンで歌っているところは、ミンギュの少し乾いた、でもやさしく甘い声とスングァンの鳴りのいい声が絶妙に混ざりあって気持ちがいいし、続くウジの切なさをはらんだ声が美しく、トドメがスングァンの抜けてくる高音、という素晴らしい流れに気持ちが盛り上がったまま突入した大サビで、ジュンが若干走るように歌っているように聴こえて、映画やドラマの終盤のような感動を覚えます。パートとパートが被さるように続く部分もあり、ひとりで歌えないという構成は吹奏楽を聴いているような感覚になります。ドギョムやスングァンの力強い歌声は金管楽器のような響きに聴こえるので、オーケストラというよりは吹奏楽だと個人的には思っています。


それとリズムゲーム「SUPERSTAR PLEDIS」*1をプレイしていて気が付いたのですが、素人でも気持ち良くノレる打点があって、アレンジの良さをいっそう感じることが出来ました。そして、後ろの方でサイレンのような音がずっと鳴っていることをイヤホン越しに聴いていて初めて気が付いたりと、環境によって聴こえ方や感じ方が違ったりいて何度も発見がありました。長々と素敵な部分を挙げましたが、「美しい」という歌詞もありますが、それと同じく本当に美しい楽曲です。


2.Oh My! -Japanese ver.-
韓国語詞と日本語詞とではどのような違いがあるのか気になったので学習してみたのですが*2、韓国語で「어쩌나」というひとつの単語が、日本語では「どうしたらいいかな」「どうしようもない」「「どうしよう」だ」「どうしようもなく」「どうしようか」「どうかな」「「どうしよう」が」と様々な表現に変えられていて、日本語って面白いとあらためて感じました。5TH MINI ALBUM「YOU MAKE MY DAY」がリリースされた時に書いた感想*3で、「夏のアルバムに相応しい明るくて爽やかな雰囲気。お洒落な音が並んでいるけれど、君のことが好きでどうしようって、可愛らしい歌詞が綴られているので、その可愛らしさにキュンっとします。」と記したのですが、軽やかな音色に跳ねる音が多い印象の韓国語が乗ると、いっそう軽やかに聴こえる気がしてとても好きです。片や日本語詞ではまるくてやわらかく、とてもやさしい雰囲気を感じられるので、こちらもこちらで好きだなあと。こうやって言語の違いも楽しませてくれます。


3.Healing -Japanese ver.-
Rap部分を新たに日本語詞にして収録された日本語バージョンですが、私の耳にはKorea & Japanese ver.が耳馴染みがあるのでとても新鮮に感じました。日本語をRapに乗せることは余程のリズム感がないと難しいと個人的には思っているので、母国語が日本語以外の彼らが日本語でRapを歌っていることに感動します。流石のリズム感とこちらの想像を超える努力で、この曲を完成させているんだろうなあ、と。明るくて清涼感たっぷりの彼らの声がすーっと入って来ますし、ジョンハンのソロパート「ちょっと休んで 考えなくてもいいんだよ」を疲れた時には思い出したいと思います。


付属のBlu-rayには2018年5月31日開催、SEVENTEEN JAPAN DEBUT SHOWCASE ‘WE MAKE YOU’の映像が収録されています。AbemaTVで放送された時に、パソコンとスマートフォンで視聴した*4のですが、テレビの画面で観るとより迫力が伝わって来て当時とは違う印象を受けたので、オススメしたいところを記しておきます。主語がないのはジョンハンのことを言っています。

SETLIST


1.THANKS
2.CLAP
MC
3.Lean On Me -Japanese ver.-
4.HIGHLIGHT -Japanese ver.-
5.20 -Japanese ver.-
6.Love Letter -Japanese ver.-
MC
7.CALL CALL CALL!


~ENCORE~
MC
8.Healing -Korean & Japanese ver.-

 

  • 「THANKS」のオープニング、背後から赤い照明を当てているお陰で炎の中に浮かび上がるメンバーといった雰囲気が凄絶な美しさ。
  • 「CLAP」で色気大量放出しながらの指ハート。
  • 再登場する時にかかっていた「CALL CALL CALL!」のサビで軽く踊るエスクプスとジョンハン。
  • 頬の汗を手の甲でそっと抑えてる姿。
  • 客席を見て一瞬「ん?」って眉が動くところ。
  • 「20 -Japanese ver.-」のソロパート、眉の動きが可愛いし、瞳の中に星が見えるんじゃないかというほどキラキラ。
  • ドギョムがソロパート歌っている時にやさしい微笑みを浮かべながら見守る姿。
  • ジョンハンの肩の上で指ハートを作るジュンを見て頷いたところ。
  • 「Love Letter -Japanese ver.-」の最後で裏ピース。
  • ミンギュのシャツの襟に「LOVE」の文字。
  • ミンギュが座っている椅子の背もたれ掴んで手遊び。
  • お口ぷくーっ。
  • 未来日記を読むところで、腰に片手を添えてるジョンハンの姿を真似するウジとミンギュ。
  • 「やはり運動は大事だ」と言った後のサムズアップ。
  • ミンギュのシャツの襟、「WITH」「YOUR」「SOUL」の文字も。
  • 「CALL CALL CALL!」のソロパートで長い前髪の隙間から見える強い眼差しに撃たれる。
  • ソロパートの「Chiring Chiring~」で最初はやさしい表情をしているけれど、バーノンのソロパートに入る直前にキリっとした表情に変わるところ。
  • 「君の声を~」のところ、脇腹から腰にかけて撫でる振付部分でウジの美しい手が大写しに。(カメラさんグッジョブ!)
  • アンコールのMCでの立ち位置が出来るだけCARATに近づこうという意思が見えるようで胸がジーンと。
  • 会場にいるCARATだけではなく、AbemaTVの視聴者にも感謝の気持ちを伝えてくれるホシの気遣い。
  • 視聴者にも感謝したいです、とカメラ目線をくれるウジ。
  • 通訳が終わるタイミングを若干計りかねて、「あ、まだだった」みたいな表情。
  • タオルを首に巻いてる姿がダサ可愛いけど、顔が爆イケなウォヌ。
  • 「今日という時間を止められたらいいですね 永遠に」と日本語で話すジョシュア。それを聞いて、鳥肌ーっ!みたいなリアクションを取るミンギュ。
  • 「Healing -Korean & Japanese ver.-」でエスクプスとジョンハンが見つめ合ったところで上がる大歓声。(私も大歓声)
  • ソロパートで、カメラ目線での指差し。


ダウンロードやインターネット上で多くの映像が視聴可能な昨今ではありますが、Blu-rayの美しい画質を大画面で観ることによって得られる喜びが個人的にはとても大きいので、CDに付属してもらえて有難かったです。また次の機会があれば、何か付属してもらえたらいいなあ、と贅沢ですが願っておきます。


今後、日本でのリリースはシングルという形なのかミニアルバムという形なのかは分かりませんが、どんな形でもその時最高の贈り物をしてくれる彼らには感謝ばかりです。韓国語の勉強を少しずつしているのですが、外国語を学ぶことの難しさをあらためて実感しています。彼らが日本語の勉強に時間を割いてくれていること、日本語で想いを届けてくれていることは当たり前ではないということを忘れないでいたいと思っています。

M-ON! LIVE SEVENTEEN 「SEVENTEEN JAPAN 1ST SINGLE 'Happy Ending' SHOWCASE」

6月7日にパシフィコ横浜 国立大ホールで開催された、SEVENTEEN JAPAN 1ST SINGLE「Happy Ending」のファンクラブ会員限定ショーケースの夜公演の模様が、6月29日にMUSIC ON! TV*1にて放送されました。


SETLIST

  1. CALL CALL CALL!
  2. Oh My! -Japanese ver.-
  3. Thinkin' about you
  4. Shining Diamond
  5. Happy Ending
  6. Love Letter -Japanese ver.-
  7. Healing -Japanese ver.-


6月12日に神戸ワールド記念ホールで開催された夜公演はライブ・ビューイングにて鑑賞したので*2、何か違った発見があったら嬉しいなあと思いながら鑑賞しました。以下、見どころや感想などを。主語がないのはジョンハンのことを言っています。

  • CARATに呼ばれて登場するところで満面の笑み。
  • 客席に視線を送って眉を上げつつ「うん」みたいな表情を浮かべたあとのふにゃりとした笑顔。
  • 2階、3階席にも気を配るホシ。
  • 「CARATの天使ジョンハンです」という挨拶が何度聞いても大好き。
  • MCの古家さんに「3年間で一番日本語の能力が伸びた人といえばジョンハンくんだと思うんですけども」と言われて、伏し目がちに謙遜する姿。
  • 違いますというリアクションしている時に、照れながら耳を塞ぐようなポーズを取って俯く姿。
  • 最近覚えた日本語が「木漏れ日」。
  • 「みなさんは木漏れ日みたいです」
  • ニコニコ笑顔で離れたところにいる誰かとアイコンタクトを取りながら「어? 맞아(ん? そうそう)」(のような口の動きに見えました)と頷くまでの表情変化。
  • ウォヌが最近覚えた日本語として「ジョンハンさんの趣味がのんびりするです」と言ったところでジョンハンが「のんびりするです」と言い、のんびりのポーズ。
  • ホシが「ごろごろジョンハンさん」と言った後、「趣味」の発音が上手く出来ず、「뭐야(なんだ)」と一瞬真顔になるジョンハン。
  • HARUコンサートにおける「CLAP」で「Happy Ending」のサビの振付をやってスポイラーしていたという報告。
  • 歌の準備の前に唇舐めてる。
  • 愛嬌をするところで照れまくりながらも「次のステージはひみつ!」とやりきる男気とひみつのつが若干"ちゅ"に聞こえるというバブみの絶妙さ。
  • ジョンハンの愛嬌が可愛すぎて破顔してるエスクプス。
  • 髪をかき上げる仕草がかっこよすぎる。
  • 「Oh My!」のソロパート「君で頭がいっぱいだ」のところで頭に手を添えながら目を閉じているのが可愛くて可愛い(語彙力…)。
  • 「リフレインだけでごめんね」のところではディエイトと一緒に流行りのWoahダンスをやってるけど、高くジャンプしていて楽しそう。
  • 「Thinkin' about you」の冒頭、コメントが言い終わらないままで歌い始めたジョンハンを動かない振付だったのに思わず首だけ動かして見てしまったウジ。
  • ジョシュアのお尻をぺちんぺちん。
  • 「모르겠어」のところで大袈裟にぐるんぐるんと腰を回しながら座ったのは何故。
  • 最後、全員でWoahダンス。
  • 「Shining Diamond」の頃には、お顔にうっすらと汗が。
  • 「Happy Ending」のMVに纏わるお話として、朝の7時に撮影が終わったけどどうしても観に行きたい映画があったから、9時に予約して観に行ったというミンギュ。
  • あま~い台詞を言ったドギョムとそれを聞いたホシが照れ臭くてタコみたいな踊りをするのをそれぞれの感情を素直に表情に出して見守るメンバーたち。
  • スングァンのあま~い慰め方に照れまくって「Just do it」の振付でステージを去ろうとするブソクスン。
  • 「最近困ったことが起きたけどメンバーが助けてくれてHappy Endingを迎えられたことはありますか?」という質問に「ありませんが、僕が今作ってみます」とジョンハン。「ある日 雨が降りました 僕が どうしよう どうしよう 思ってたんですけど ジョシュアさんが 宿舎で さか さかを持って あ、傘 傘を持ってきてくれた 走って きて ジョンハンさん 僕は来たよ 心配しないで と言いました こうやって この話が 終わりました」という物語を即興で作り、"心配"という単語だけ教えてもらい、何回か言い直したりしながらも日本語で話しきったところに感動しました。
  • 「本当に緊張しました」と言いながら胸に手を当ててる姿。
  • ウジがカメラを探すところで、背後のモニターでカメラ位置を確認しつつ指ハートしながら振り返ったミンギュが可愛いし、カメラ目線でポーズ取っている時のウジの手がとても美しくて、手フェチとしては悶絶。
  • ミンギュが見た映画のくだりで、古家さんがナイスアシストを出してくださったお陰で、ジョンハンがミンギュに駆け寄りロータッチからのハグで私は無事に召されました。
  • 「Happy Ending」のラスト、振り返って走ってくる振付の直前に前髪を整えてる姿。
  • 「Love Letter -Japanese ver.-」のソロパートを歌い終えた後の笑顔にほっこり。
  • 最後の挨拶で「僕たちにエンディングはありません」と言ったエスクプス。
  • ウォヌの日本語の発音の良さ。跳ねないタ行とクリアな"ざ"に感動。
  • 「Happy Endingを応援してくれたCARAT 本当にありがとうございます 今日みなさんのお陰で 本当に幸せでした これからもいつも一緒にいましょう 今日本当にありがとうございます」と全て日本語で挨拶してくれたジョンハンにこちらからも感謝の気持ちを飛ばしたいです。
  • ジュンの誕生日を祝うために出てきたネタのショートケーキ(その後顔写真入りの盛大なケーキが登場)を倒すミンギュ。
  • ロウソクの火に見立てたCARATが掲げたペンライトをジュンがフーッとするタイミングで下ろしていくのを見て、「僕はBluetoothで消えるのかと思いましたー」と言ったジョンハンの無邪気な言い方。
  • 「Healing -Japanese ver.-」のソロパートの前に、丸めたタオルを蹴ろうとして失敗したバーノンの肩をべしべしと叩いて爆笑するホシと唇を突き出して不機嫌っぽい顔をしてるスングァン。やってしまったという顔をしながら歌いきるも、おかしいなあといった感じで首を振りながらタオルを拾うチャーミングなバーノン。
  • スングァンのソロパートで目の前を横切るジョンハン。
  • ジョンハンに肩をポンポンされて上機嫌で歌うホシ。
  • ウジのソロパートでドギョムがウジを強めにバックハグしているところにメンバーがギューッと集まってくるところ。
  • SHOWCASEが終わり、映画のエンドロールのような映像が流れ、SEVENTEENの横にキラキラして見えるようなエフェクトとともにCARATと表示されたのがとても美しく、感動しました。


ライブ・ビューイングで鑑賞した公演とは違うほっこりシーンがたくさんあり、この先可能ならば複数回同じ公演を観たいなあと欲が出てきてしまいました。いつでも全力でしあわせをくれるSEVENTEENが大好きです。