transparency(仮)

すきなひとすきなことすきなときすきにかく

 anego 第5話 プロポーズ


予想通り、黒沢君の出番が少なめ。
でも、要所要所でおいしいところがあったりして、
アリガトウゴザイマスと本気で思う。
赤西仁は30代オーエルの星だよ、恐らく。


あの一瞬映った肋骨には驚いたわ。
もうちょっと太ってもいいのでは。
っつーか、鍛えてもバチは当たらないと・・・。
でもなぁ、ジャニーズ君達は、
一歩間違えると鍛えすぎて怖いことになるもんなぁ。
ベビーフェイスなのにムキムキだったりして。
あ、赤西君は背高い方だし大丈夫か。


そんな邪なことを考えつつも、
篠原さんの美しい肩に見とれていたりして。
いいですなぁ、華奢な肩って。


それにしても、寝起き風の声、素晴らしい。
もしかして、演技派なのか?


そんでもって、あの問題発言ですよ。
君は助からなくてもいいですと心の中で大きくツッコミ。


あ、アネゴにメール送りつけて、
見つめながら、ペンをとんとんってやる指が・・・。
不覚にも見とれました。


で、酒飲んで案の定失敗するのは、
若気の至りをアピールしすぎなのでは?
しっかりもののアネゴと
幸せなはずだけどちょっとネジが外れてそうな絵里子。
この二人の比較を楽しむのと同じ感覚で、
かわいいんだけど暴言吐きすぎな黒沢と
多くは語らない、大人な存在の沢木を比較しろと?
どっちもどっちでステキだから、ワタシには無理だな。


しかしなー、しかしですよ。
やっぱり女の幸せは結婚だけなんでしょうか。
女ってカテゴリーに入れられちゃうと、
なかなか不便なことがあるからねぇ。
会社にいると、ホント頭に来るというか、
鬱々するもんね。
所詮、女は女っつー扱いされるし。
古い体質の会社はダメねん。


をっとっと、方向性間違えた。


結局のところ、どうなのよ黒沢?
諦めてアネゴとくっついちゃえよ、と思う。
そうしたら、世の中にたっくさんいるであろう、
少々焦っている女性達が、ふふん♪って思えるかもしれないでしょ。


とまぁ、いろいろ書き殴ってみてはみたけど、
毎度走らされてかわいそうな、ラブリー黒沢より、
加藤さんの寝癖があり得ないほどくるくるんしてて、
そっちの方が脳裏に焼きついたわよ。
戸田菜穂の存在でバランスが取れてるわ、やっぱり。