transparency(仮)

すきなひとすきなことすきなときすきにかく

 anego 第8話 運命の男


1度目の偶然は、ただの偶然。
2度目になると、占い師のところへ行く。
3度目は、運命だと確信する。


基準は3度目か・・・ふーん。
偶然は必然だと思う。
仕組まれた偶然もあるしね。


それにしても、顔を叩く篠原さん、とても好き。
なかなか、あ〜いう動きは出来ないよなぁ。


あ、沢木さんって意外と面白いキャラだったんだ。
言葉少ない男前キャラの殻を破って、
不倫の割には明るくテンション高めっつーか。
そんなにおみくじ引かなくても・・・とか思いつつ。


もたいさんにも驚いたけど、
やっぱりともさかりえでしょう。
スゴイよ、そこまで行ったらステキよ。


先週で終わりかと思ったけど、まだまだ続く黒沢祭り。


暴走絵里子にあれこれ言われて、軽く動揺する黒沢。
オトコぉ発言で、またもや痛がる黒沢。
手のひらはデカイのに、指細いんですか・・・、
見たことない比率の手だ、ヤバイ、アレは。
電話の最後が、黒沢でした。って。
いや、君ならストーカーみたいでもいいよ。
声聞いてるだけで、幸せになる。
びっくりした黒沢、柱の陰から黒沢。
魔性の女だったりして発言の後、
プクプクしてるのは何?
合コンで上の空。
とにかくアネゴを見つめすぎ。
楽しそうなアネゴを見て、何を思う〜。
意外とショック受ける黒沢。
胸がチクチクっと黒沢。
トドメが逆ギレ黒沢。
やだ、本気で好きなんでしょ。
諦めて結婚しちゃえ。
な〜んて、入社したての若僧に言っても無理無理。
たいてい穏やかな口調の黒沢、ついに怒ったし。
別れ際のアネゴの口調がさー、
唯一黒沢にだけ、そういう口調なんだよね。
すげぇ、ナチュラルないいとこなんだけどなー。
黒沢の前でだけ、アネゴじゃないのにねぇ。
黒沢マジック大本番は、涙よりもそれを拭った指先。
あぁ、もうダメ。


ものはついでで、予告。
モンゴルへぴょーんですか。
タイマンだなんて、カトさん、そんな。
大塚寧々さんを持ってくるとは。
アネゴパパ、またしても泣かす気か。
再び、ボール蹴りますか・・・。


あと2話しかないのね。
んぐぅ。