transparency(仮)

すきなひとすきなことすきなときすきにかく

 少年倶楽部 6/19


もうどうしたらいいのか判らないくらい、
コトバにならない感情が渦巻く。


簡単に言ってしまえば、
あの「愛のかたまり」をあの二人が歌っているだけで、
もう満腹過ぎて、倒れそうだった。
欲を言えば、踊って欲しかったような気もしたり。
いや、いいんだよ、アレで、十分じゃないか。
歌う直前の視線とか、うわーって感じで。
仲間に向ける視線ってあるよなーとか。


ラブオアライクとかケアとかその他いっぱい良かったけど、
やっぱり、「愛のかたまり」の一撃必殺だった。
作詞作曲共同作業ってとこが、キンキファンとしては悶えるよ。
個人的にトップ3に入ってくるほど、大好きな曲だし。


アカニシさんの口からラブとか出てくると、
微妙にお腹が痛くなるけど、若者だから許す。
もう、メンドクサイからいい。
乙女達の前に満面の笑みとか、不敵な笑みとか、
フェロモン出しまくり笑みとか、
何でもいいけど、笑って居てさえしてくれたら、
それでいいんだーと思うようにする。
よし自己完結。