transparency(仮)

すきなひとすきなことすきなときすきにかく

 ジャニーズ楽曲大賞2006 投票結果


マスミさん*1の仕事量を考えると、本当に頭が下がります。
お疲れ様です、集計結果を楽しみにしています。


■楽曲部門


1位 WILDS OF MY HEART (KAT-TUN)
2位 Harmony of December (KinKi Kids
3位 Six Pack (ENDLICHERI☆ENDLICHERI
4位 I Want Somebody (嵐)
5位 大阪ロマネスク (関ジャニ∞

  • 「WILDS OF MY HEART」

2006年を振り返って、一番聴いた楽曲だと思います。
彼らの勢いと危うさがそこに存在していて、
聴かずにはいられない楽曲です。

タイトルにハーモニーを持ってくる程、
ふたりの声が美しく交わる楽曲。
剛さんの「が」の発音が大変素晴らしく、
何度真似してもその美しさを再現出来ないのがもどかしいのです。

  • 「Six Pack」

最初は「腹筋?」と正直思いましたが、
聴けば聴く程気持ちよくなってしまう楽曲です。
ドラムのリズムがテクニカルで、そこに溜息。
と同時に、剛さんのテクニックにも惚れ惚れ。
「玄関先」でのあれこれを思わず想像してしまって、
ひどい敗北感に襲われます。

  • 「I Want Somebody」

嵐の存在をギューッと引き寄せてくれた楽曲。
コンサートに参加したいと本気で思うきっかけをアリガトウ。
ベースから始まって、ベースラインが終始カッコイイって、
どうしようもなくワタシ好み。
松本さんの声のハマリ具合が新たな発見でした。

  • 「大阪ロマネスク」

じんわりと心に。
大阪の言葉、好きだもの。
すばるくんの叫びが耳から離れなくて、
何度も何度も繰り返した楽曲でした。


■PV部門
下弦の月


実物が美しいダンスを披露しているというのに、
まんまと後ろのスクリーンに夢中になってしまって、
「しまった!」と思ったことは懐かしい思い出です。
主演の時代劇ドラマが見たい!と思ってしまう程のクオリティでした。


■未音源化楽曲部門
PINKY」 赤西仁


前奏から鳥肌が立った記憶が。
サビ前の歌い回しがとても気になっているので、
音源化して下さい、社長。(言霊)
恐らくね、テクニックが必要な曲だったと思うのね。
音程取りづらいところがあったような、なかったような。
うーん、細部までは全然覚えていないので、
やっぱり音源化お願いします、社長以下関係者のみなさん!

      • -

と言う訳で、悩みに悩みましたが、楽しかったです。
次回は全タイトル予習出来るくらいの事務所担になっていたい、かも。