transparency(仮)

すきなひとすきなことすきなときすきにかく

 想いは感じるもの


ふわふわと行ってきちゃったよ仙台、MC編。


って、MCの詳細は書ける訳ありません。だって、ワタシ、記憶がサクサクとなくなっていく人なんですもの。あぁ、悲しきかな、あっぱらぱーなワタシ。でもね、剛さんが仰っていたんですよ。40分くらいかけて取材を受けたって、たった数行で終わらせてしまう人が居たりして、剛さんの想いが伝わらないことがあるって。


伝えることは難しい。特に言葉になってしまうと、どこかで歪んでしまうかもしれないし。感じる心が大切。剛さんの口からこぼれ落ちる想いを感じたいと強く願いました。


「エンドリケリーの時の剛さんはひどくエロい」について、いつか大いに語ってみよう、なんて思っていましたが、最初のMCでクリティカルなダメージを受けたので、語るなんて恐れ多いことはやめにして、ひたすらエロいを連発してみようかと思います。だって、エロいっていうか、エロ過ぎて悶えたんですもの。


あのエロ過ぎるお声を何に例えたらいいのか、と延々考えていたのですが、あれは恐らくピロートークの際に用いられるトーンですよ。ちょっぴり眠たげで、けだるそうな感じ。ワタシの中では初めて聞いたトーンだったもので、最初から打ち抜かれてしまった訳ですね。剛さんの真面目なお話しを聞きながら、頭の中では「エロい」と大騒ぎです。何故か大変お気に召していた「いんぐりもんぐり」という言葉でさえ、エロく聞こえます。もうここまで来ると駄目です。逃れられません。それにしても、何故その単語?と思って調べてみたら、ブルマの台詞に含まれていたことがあったんですね。へぇー。どこまでもドラゴンボール?ってことでしょうか。バンド名がふと浮かんだのは、同じ世代しかいないんでしょうね、きっと。


このトーンで話していると眠ってしまいそうって剛さんは仰っていたけれど、ワタシは興奮しすぎて眠るなんてそんな!と思っていました。あのお声を何かで残して頂くことは出来ないのかしら。オカズです、オカズ。


お話しされている内容からワタシが感じたことは、愛し愛される為に数々の困難をぶち破りにかかっているから、黙って待っとけという事。その言葉、真っ直ぐに信じています。剛さんはいつだって戦っている人だと思っていますので。こちらの想像以上の戦いを強いられているのかもしれませんが、きっと戦い抜いて私達の前に立って下さるだろう、と願って。


あれ、思ったより連発出来なかったわ。えぇっと、エロさ加減は伝わったでしょうか。伝わらないですよね、しょんぼり。めげずにエロ布教活動に励みたいと思います。むっつり代表として頑張ります。頑張りどころ間違えてます。でも、幸せです。