transparency(仮)

すきなひとすきなことすきなときすきにかく

四季 春 (講談社文庫)

四季 春 (講談社文庫)


ワタシの頭では難解で、もう一度くらいは読み直さないとしっくりと来ない感じがします。人と違うことは幸福でもあり不幸でもあるんだということは、どうしようもない事実なんだと、やっぱり思ってしまいます。それにしても、この手の作品をさらりと読める頭の回転が欲しいものです。


四季 夏 (講談社文庫)

四季 夏 (講談社文庫)


「春」より読みやすく、鮮やかな情景が浮かぶようでした。続けて読んでみて、そのタイトルの意味が判ってくるような気がします。とにもかくにも、「四季」という人に惚れてしまいました。憧れを抱く対象に少しでも自分を重ねることが出来たら、それだけで満足してしまうようです。作り出された人物像に惚れるのもどうかとは思いますが・・・。