transparency(仮)

すきなひとすきなことすきなときすきにかく

四季 秋 (講談社文庫)

四季 秋 (講談社文庫)

四季 冬 (講談社文庫)

四季 冬 (講談社文庫)


ワタシの頭がよっぽど空っぽなのか、難解で難解で唸りながら読み進めた訳ですが、何とか読み終わりました。「春」、「夏」、そして「秋」は感覚的にまさにその四季色が見えるようで、特に「秋」に関しては非常にフィーリングが合っていて、ドキドキワクワク満載でした。一番読みやすかったような気がします。「冬」は再読しないときっちり理解出来そうもないので、またしばらく経ってから読んでみようと思います。それにしても、自分の流して読む癖が恨めしいです。何となく読みでは理解出来ない本に出会ったのは幸せだと思いますので、気合入れて次はいよいよ「S&Mシリーズ」にチャレンジします。