transparency(仮)

すきなひとすきなことすきなときすきにかく

 薔薇のない花屋 最終話


父ちゃんは父ちゃんで、他の何者でもない。血の繋がりがあってもなくても、記憶には鮮明に残っている。泣くだけ泣いて、少し冷静になって、思いを馳せて、愛しくて。


そんな想いをくれた作品でした。もうちょっとだけ泣いてもいいですか。