transparency(仮)

すきなひとすきなことすきなときすきにかく


監督出演だったので「僕らの音楽」を見ました。相変わらず、その話し方が苦手だったりするのですが、ひとたび鍵盤に触れると、途端に引き込まれてしまうので困ってしまいます。そして、数々の楽曲のうち、どうしようもなく好きな作品はなかったと記憶しているのですが、小林さんが弾いているだけでぞくぞくしてみたり。耳で聴くというよりは体で聴いてしまい、ちょっとね、体が疼いてしまうんですね。不思議なんですけど。特に、「手紙」は次の音は何だろうと予測しながら聴いていたのですが、予想通りの音が来てしまったりして、どこかで通ずるものがあるんだ、と妙に嬉しくなってしまったり。かすかに絡まる音楽性ですか・・・。そこへあかにしくんの声が乗ることが素直に嬉しいです。何も想像出来ていないし、ワタシの求めているものに近いのか遠いのかさっぱり判らないけれど、楽しみが増えました。そして、ご本人曰く、プロデュースは得意というか・・・要素を見出してどういう料理法がいいのか見えるのが早い、らしいので、あかにしくんも上手に料理してくれるでしょう。


思ったことは、早急に「スワロウテイル」を見るべし、だったのですが、どこへ行ったらレンタル出来るんでしょ。これ、大問題かも。