transparency(仮)

すきなひとすきなことすきなときすきにかく

 ジャニーズ楽曲大賞2008


主催者様、毎年ありがとうございます。お疲れ様です。投票も滑り込みでしたが、このエントリも結果発表前ギリギリに。師走、ですね。


1位 Secret Code / KinKi Kids
2位 LOVEJUICE / 赤西仁
3位 LOVE / KAT-TUN
4位 truth / 嵐
5位 Let's Get FUNKASY!!! / 244 ENDLI-x


1位
決して簡単ではない楽曲をさらりと歌いこなすテクニックに感服したことと、ここ数年、何となくバラードを多く歌っているイメージがあったところへ明るい光が射す楽曲だと思えたので。


2位
自分の中にすっぽりと納まってくれたので、ただただ需要と供給の一致に感謝しています。


3位
サビが秀逸だと思います。KAT-TUNは高音域が生きるグループだと思います。いつか、生で聴いてみたいです。


4位
ストリングスと鍵盤の響きが非常に気持ちよく、そこへ乗っかる大野くんの声が素晴らしい作品だと思います。


5位
事務所内でこの楽曲を歌いこなせる人はいるのでしょうか、というのが正直な感想です。剛さんの声だからこそ生きる民族音楽的要素。繰り返される「E/N/D/L/I/C/H/E/R/I」の俺アピールも剛さんらしくてほっこりします。いえ、ほっこり、だなんて呑気なこと言えないくらい、問答無用のかっこ良さがあります。


最終的には、上記を含む15曲で悩みました。上位3曲はあっさり決まったのですが、残り2曲が難産でした。以下、次点。


Kurikaesu 春 / 244 ENDLI-x
OH LORD! / 244 ENDLI-x
深紅なSEPPUN / 244 ENDLI-x
Step and Go / 嵐
GAME of LOVE / NEWS
DON'T U EVER STOP / KAT-TUN
AFFECTION 〜もう戻れない〜 / KAT-TUN
12 o'clock / KAT-TUN
SIX SENSES / KAT-TUN
Your Seed /  Hey!Say!JUMP


DON'T U EVER STOP / KAT-TUN


個人的に作り込んだ映像が好きだということもありますが、赤西くんのエクステ装着姿がカッコ良すぎたというのが最大の決め手です。


Vanilla / A.B.C-Z


井手コウジ氏の作品とのことで、相性が良かったようです。特に河合くんのソロ部分が秀逸で何度も繰り返し聴きました。


ENDLICHERI☆ENDLICHERI Presents 244 ENDLI-x LIVE TOUR ‘08「I AND 愛」


特に素晴らしかった公演は4月11日、ZEPP SAPPORO公演です。実際のところ、ライブハウス公演、ホール公演をそれぞれ1回ずつしか見ていないので、強いて言えばなのですが、熱気と興奮をダイレクトに感じ、演者の表情まで見えてしまうという狭い箱の中で夢を見ているような感覚を得ました。いろいろと制約がある事務所に所属しながら挑戦をし続ける剛さんの気持ちが前面に出てきていた公演だったと思います。音と一体になるというのはこういうことなのだ、と五感が震え、ワタシのような体力がない人間にはなかなか難しい公演でもあり、一生忘れられないと思います。


堂本剛


今年は命を削ってライブに参加させて頂いたので。


堂本光一堂本剛


基本的にコンビが好きという感情を持っていないのですが、このお二方の溺愛っぷりにはもうひれ伏すしかないので選んでみました。今後もお互いを支えあって、素晴らしい作品を送り出して頂きたいと思います。お二人の共作には素晴らしい作品が多いので、期待しています。