transparency(仮)

すきなひとすきなことすきなときすきにかく

今まで、基本的にアイドルは眺める存在であり、どこか遠い存在なんだと思ってきましたが、最近、いろいろな事務所のやり方を知ったりすると、いやー、深いっすね、と呟かずにはいられないと言いますか。「みんなで来たよ」とメッセージ付きで舞台へ届けられたお花に、ファンの深い愛情感じたりしてね、でも、少し冷静な自分が居たりしてね。自分は結構熱しやすくて、盛大にヲタクやっているつもりでしたけど、あれ、意外とそうでもないんじゃない?とふと思うんです。何が何でも、と言う気持ちが少し薄くなってきたのかもしれません。身の丈にあった、が最近のモットーです。これからもそっと眺めるくらいでいいんじゃないか、と自分に対しては思います。その反動なのかは判りませんけど、ガツガツと活動出来るお友達は、全員思うような活動が出来たらいいなぁ、そのお手伝いが少しでも出来たらいいなぁと思っています。お手伝いと言っても、出来ることはほとんどありませんが、猫の手よりは役に立つと思うので。自分が参加出来る現場が現状ひとつしかなくて、且つ、本命がいる訳ではないので、非常にゆったりとした気持ちでいるせいもありますけど、ほんの少しだけ寂しい気持ちがあるのは正直に告白しておきます。そう言えば、明日チケット到着日なんですけど、本命不在時にトンデモな席を引いたら、それはそれで凹む気がするので、身の丈にあった席を用意して頂けると嬉しいです。


なーんてことをじゃがいも煮ながら考えている訳です。あはは、平和ですよね。