transparency(仮)

すきなひとすきなことすきなときすきにかく

四季 秋 (講談社文庫)

四季 秋 (講談社文庫)


2度目。森先生の作品を読んでいると、ホントにワタシって頭悪いなぁって若干落ち込むのですが、今回ももれなく。2度目でようやく判ってきたというか。そもそも、「φは壊れたね」をタイトル買いして、次に四季シリーズを読んだので、順番がね、ちょっと間違っていたかなとも思うのですが、S&Mシリーズから読んだとしても、きっと1度じゃ理解出来なかったと思うので、これで良かったんだと思います。各シリーズの魅力的なキャラクターがたくさん出てくるし、2度目にして「秋」の良さに気がつきました。ね、頭悪いでしょ・・・。


S&Mシリーズと四季シリーズは読了。Vシリーズは残り一作品。Gシリーズは「λに歯がない」まで読了。森先生が執筆活動を終えられたとしても困らないと思える面白さと奥深さ。きっと、ワタシの頭だったら、何度読んでも発見があると思います。頭悪いのも悪くないものです。