読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

transparency(仮)

すきなひとすきなことすきなときすきにかく

エムグラ VOL.6 2010 SUMMER(Gakken Mook)

エムグラ VOL.6 2010 SUMMER(Gakken Mook)


購入前、お友達が隣でページを捲っているのを覗き見して、ちらりと目に入ったお姿で、「見られん!」と1メートルは体が逃げたという程のストライクっぷりでした。で、雑誌そのものを一通り読んで封印。付属のDVDは2回目視聴の途中で挫折しました、心臓痛くて。久しぶりに見てみたのですが、「憂いな夏」なんてタイトルついていたのなんて知らなかったです・・・。いや、だって、髪型、ちょっと遊んでいるのが、だいぶ、好きで、元々、茶髪短髪って大好物だし、自分が尋常じゃないくらい気持ち悪い感じになっちゃうから、文章もさ、だいぶ気持ち悪い感じになるのよね。と盛大に言い訳しても、全く減らないこっぱずかしさ。もう、何でしょうねー、この恥ずかしさ。昔から、美しい人を見ると直視出来ない病(部活仲間ですら直視出来なかった時代もあります、女の子に対してそれはねぇべ、と今でも思います)なんですけど、この度はホントにひどいです。人様の前では絶対に広げられないブツです。鑑賞中、ただでさえ不細工な顔が余計にひどいことになる故。


浴衣もホスト風スーツも大変麗しく。やっぱりワタシは新鮮さより、妖艶さを求めているんだなーと。ムンムンしてれば何でもいい、って訳ではないけれど、ムンムンしてなきゃ寂しいわ、と思います。と、ちらりとしか知らない男前がずらりと掲載されている雑誌をぺらぺら捲りながら思うのです。若い男前を見ると、若干、お母さんのようなやわらかい気持ちになるのは何故ですか、何故なんですか!(答えは知ってるけれども、一応聞いてみる)


生命の危険にさらされたDVDと言えば、カワイイとカッコイイが交互に押し寄せてくるので、ホントに危なかったです・・・。よくぞ、心臓頑張った!という感じでした。傘を持つ手を撮影して下さったカメラマンさんには感謝。美しい手に毎度見惚れます。それにしても、白いなあ・・・。嫉妬する程に美白。


盲目で正常な判断が付かない上に、上手く言葉に出来ないけれど、声に色を載せられる人だと思うんですね。と言うのは、普段の声だけで言えば、低くて素敵だと思うけれど、パーフェクト!とまでは思っていなくて。でも、スイッチ入っている時の声は、本当に素晴らしいと思っています。よりいっそう低かったり、軽やかだったり、甘かったり、たくさんの声を聞かせてくださるので、ご本人が仰る通り、「Multiple Character」だな、と思うんです。