transparency(仮)

すきなひとすきなことすきなときすきにかく

 AKB48 2013真夏のドームツアー 〜まだまだやらなきゃいけないことがある〜 7/31


ブログで書いたことはないと思いますが、2012年2月頃からじわじわとハマり出し、ついにコンサートにまで出かけるようになりました。まさか現場にまで行くことになるなんて、人間って進化するものですねー。とはいえ、遠征する気は全くないので、茶の間からほんの少し出た程度です。かわいいものです。


48グループのコンサートに行ったのは初めてのことだった訳ですが、行くまで結構ビビっていたんですね。男性陣(激しいイメージの)に上手く混ざれる気もしなかったし、基本的にはシングル曲しか知らない状態だったので、これは地蔵(ネットの世界の人曰く、コンサート中動かないでじっとしているファンのことらしい)確定だな、と。でも、そこは長年別の世界で慣らした感覚があるので、始まってしまえば何て事はなく、MIXこそ打てなかったけれど、歌って踊ってかわいいを連呼して、それはそれは楽しんでくることが出来ました。


ここからは呟きより。

終わったー。大勝利だったー!

会場を後にしてすぐの感想。今公演の前に催された福岡公演とは違うセットリストだったお陰で、聴きたかった楽曲(というか、踊りたかった楽曲)が聴けたこと、ユニット曲が俺得な組み合わせだったこと、想像していたよりは推してる女子の登場シーンが多かったので。

あっちゃんがぐっときてたのに、もらい泣きするかと思ったわ。

約1年ぶりにグループのコンサートに帰ってきた前田さんが、ファンの大歓声に涙ぐんでいたのですが、その表情が前田さんらし過ぎて。そして、物真似の人が本家か?というくらい物真似の人っぽくて、一瞬面白がってしまいました。

お手ふり曲でもところどころ踊ってた推してる女子に感動したり。

これは書いてあるまんまなのですが、他の子たちがお手ふりしている中、サビのところで軽めだったけれど踊っていた姿を見て、自分の求めているものを投げてくれる子だなあ、と感動しました。需要と供給が一致。

身分証確認は数秒止められたけど(そりゃ若いバイトの兄ちゃんじゃ裏見るなんて発想ないよね)、持ち物チェックはしてもらえんかった。きちんと仕事してる人としてない人の差があるねえ。

免許証の更新がまだなので、表面は旧姓なんですよね。案の定、止められたので裏にちゃんと書いてあるよー的なアピールをして通過。ああ、きちんとチェックしているんだなあと思いきや、その後の持ち物チェックはカバン開けて係りの人の前に行ったのに、全然見てくれないのでそのまま進んだら抜けてしまったという。悪さするつもりもないので、別にチェックは必要ないんだけど、何か複雑。

KFC踊ってる人、周りにいなかったよなあ。演者と共に踊ることに対して、何の疑問もない環境で育ったんだな、と思ったわ。

KFC(恋するフォーチュンクッキー)はみんなでも踊れる楽曲ですよーとダンス指導があったので、覚えが悪いなりに頑張って覚えて本番では楽しく踊ったのですが、見える範囲で踊っている人があまりいなかったんですよね。男性があのダンスするのはちょっと抵抗あるんですかねえ。

始まった時にぞぞぞーって立った鳥肌思い出して鳥肌。熱気が渦みたいになって、ひとつに纏まる感じ、好きだなあ。

どんなコンサートでもそうなのですが、客電落ちて自分のスイッチが入って、爆音が流れた瞬間にはじける感じがとても好きで、今回も例に漏れずでした。

男性が多いと歓声が迫力あって、そこも個人的に盛り上がった要因かな。うおおぉぉぉぉって私もなった。

実は甲高い声が苦手なので、いつもの現場できゃあああああ〜〜〜って声を聞くと時にはげんなりすることもあったりするんですよね。男性の迫力ある歓声の方が個人的にはアガるんだなあ、と発見。

人数多すぎるせいだと思うけど、MCなどで話す人って決まった数人なんだよね。メインメンバーでも話す声聞かなかった人結構いたよなあ。

1期メンバー、主要メンバーの一部、前田さん、初めてお披露目になった研究生ユニットのメンバーの声くらいしか聞かなかった気がします。まあ、人数がすごいんで当然なんでしょうけど。

サイリウムの発光させかたが分からなくてもじもじしてたら、ご近所さんが助けてくれて、心の中がぽっかぽかになったことはいい思い出。

サイリウムが初めてだった訳じゃないのに発光のさせ方が全然思い出せなくて、公演直前までもじもじしてたらご近所の方が助けてくれたという。嬉しかったですね。

変な人もくしゃい人も無駄に叫ぶ人もいなくて、快適だったなあ。ペンライトの振り方がガチな人がいて面白かったけども。

変な人(いたらマジで困る)、くしゃい人(これが一番心配で実はマスクを携帯してました)、無駄に叫ぶ人(ちょっとはいたけど近所じゃなかったから気にならなかった)と冷静に読み返したら何呟いてるんだ?という感じ。ペンライトの振り方が慣れてる現場では見ない感じでそこはとても面白かったです。手首をくいってするんですよねー。あの動きは真似するの難しいです。あと、油断していると周りと違う振り方になるので、ちょいちょい「!」ってなりました。AメロとBメロでリズム違ったりするんですよね。ワタシには高度でした。


という感じで、初めての割にはバリバリ楽しんできました。基本的には遠征しないと現場には行けないので、人気が急降下することなく、たまにはこっちに飛んできて欲しいなあ、と言霊言霊。次の目標は、全体公演じゃなくて支店の公演に行くこと。家族旅行で大阪とかどうかなー。(えーーー)