transparency(仮)

すきなひとすきなことすきなときすきにかく

ザ少年倶楽部プレミアム 5/20

「Timeless」の披露に関しては、大人の魅力、声質のハマり具合、ダンスのフォーメーションの美しさ、どれをとっても今のV6の良さが全力で詰め込まれていて、どの番組を観てもすげーすげーと頭の悪い感想しか出て来ませんでした。岡田のエヴェレスト仕様のビジュアルは正直全くそそらないので、20周年って素晴らしいなあと穏やかな気持ちで過ごしていたところに投下された「ザ卓球倶楽部プレミアム」。萌え過ぎてハゲるかと思ったし、とりあえず、顔は誰にも見せられないほどニヤニヤしていたかと。

まず思ったのは、何やらせてもそれなりに出来ちゃう子素敵!でした。ああ、いつでも80点以上取れる人が好きなんだなあ、とつくづく。いや、たまには30点の時もあったかもしれないけれど、頭悪いから覚えていないし、贔屓目フィルターがかかっているからなかったことになってるかもしれません。

手首が柔らかいわあとか返す球がふんわりだなあとか得点時のハイタッチがやさしいなあとか、卓球を観ながらどこを切り取ってもベタベタに褒めるワタシ。そして罰ゲーム。メンバーを一言ホメる件、こ、声がやさしい(ドッカーン)(ワタシが爆発)、「健ちゃん」「准ちゃん」「大好きだよ」「おじさんが何やってんの!」の掛け合いでカミセン最高だな!って。カミセンが最高なのは分かりきってることだけれど、あらためて映像で確認すると破壊力が半端なかったですね。

20周年を迎えるグループの未来は明るい。素晴らしい。