transparency(仮)

すきなひとすきなことすきなときすきにかく

アナザースカイ 5/29

総選挙前に単独で、それもいいところがたくさん見られる番組に出演出来るというファンにとっても有難い機会に、各方面に感謝の電波を送信しつつ、テレビの前で待機しました。基本、夜のチャンネル権は放棄しているので、この日は特別でした。

アナザースカイでしか流れないJTのCMに起用された時は狂喜乱舞でした。そのアナザースカイに出演する未来がまさか来るなんて、涙ものです。彼女の人気がどれほどのものなのか、在宅ファンのワタシには分かりません。いくら握手会で人気があっても、AKB48における彼女のポジションは、実力がむしろ邪魔なのでは?と思うくらいで、特に、新作においては、センターの人にだだ被るポジションで、史上最高にダンスが難しいと言われている楽曲で、グループでもトップクラスのダンスの実力があるのにも関わらず、そのダンスの素晴らしさが届かないというとんでもない屈辱を味わわされて、どれだけ心を痛めているんだろうと思いました。ああ、これは、この悔しさを選挙にぶつけなさいという大きな力が働いてるんだなと思ったくらいです。

前置きが長くなりましたが、それだけやさぐれていたワタシですから、今回の出演は神様が頑張れよ!と与えてくれた機会だったんだな、と思ったわけです。涙、涙でした。

 

行先は香港。「いつも日本に来てくれる香港のファンたち 今度は会いに来たかった」という理由でした。いつもファンのことを心に置いている彼女らしい理由だと思いました。AKB48ショップ訪問、大好きな麺を堪能、マカオにてショーを観賞、どれも素直で謙虚で勉強熱心な姿が観られました。そして、インタビューで驚いたのは、NMB48に加入してから5年目にして3日以上休んだことがないという事実。「辛くないですか?」と何回聞かれても、「辛くない。楽しい。」と回答する男気(違)。自分のことを「お父さん」と言う男気(だから違う)。NMB48のメンバーが彼女を慕っていること、それを彼女も分かっているし、だからこそ自分が先頭に立ってグループを上へ上へと押し上げたいと思っていること、強い信念がたまらなく好きです。ええ、気持ち悪いほどに。

「すごい分かりやすい挫折でした」と彼女は言いました。でも、そのお陰で、握手会を実施するグループに所属してくれたし(いつかは会いに行きたい)、数々の雑誌で布の少ない衣装で写真が掲載されたし(目の保養)、歌もダンスもたくさんテレビで観られました。ガールズバンドでの夢は一度お休みしたけれど、今ではギター抱えて弾き語ったり、アーティストとコラボレーションしたり、シンガーソングライターへの道が拓けてきていて、ひとつずつ夢が叶っていく時間を一緒に過ごせているんだなあ、と人の夢に乗っからせてもらえる幸せを感じているのです。

どうしてそんなに好きなのと聞かれたことがありますが、顔(当社比かわいい)、歌(まずまず)、ダンス(めちゃんこ上手い)、おっぱい(・・・)、真面目な性格と好きな理由はたくさんありますが、やっぱり、男気(違うんだけど、男気としか表現出来ない)の部分です。そして、人を想って泣ける心の柔らかさです。それをあらためて実感したアナザースカイでした。

 

f:id:finalblue:20150603132547j:plain

 

選抜総選挙の速報発表で、彼女は人を想って泣きました。「NMB48を背負った戦い」と言った彼女の気持ちがどうか届きますように。