transparency

すきなひとすきなことすきなときすきにかく

【学習記録】Don't Wanna Cry/SEVENTEEN《歌詞・発音・和訳》

歌詞はCD付属のブックレット参照、発音は正確ではないので参考までに、和訳は意訳が全く出来ないので調べたままを記載しています。間違いなどがありましたら、教えていただけるとありがたいです。


Don't Wanna Cry / SEVENTEEN

울고 싶지 않아
울고 싶지 않아

ウルゴ シプッチ アナ
ウルゴ シプッチ アナ

泣きたくない
泣きたくない


사랑해서,사랑한다는 말이
부족해서,그 어떤 말을 꺼내봐도
너 하나만 아끼던 날 두고서 어디 간 거니
내가 싫어 어어 져서 멀리 간 거니

サランヘソ,サランハンダヌン マリ
プジョケソ,ク オットン マルル ッコネブァド
ノ ハナマン アッキドン ナル トゥゴソ オディ カン コニ
ネガ シロ オオ チョソ モルリ カン コニ

愛して、愛するという言葉が
不足して、そのどんな言葉を取り出してみても
君ひとりだけ大事にしていた僕を置いてどこに行ったの
僕が嫌いに ああ なって 遠くに行ったの


장난치지 마,거기 있는 거 알아
나타날 거 같아,마냥 기다리다
널 찾아가야 돼 찾아가야 돼
지금 울면 못 볼지 모르니까

チャンナンチジ マ,コギ インヌン コ アラ
ナタナル コ カタ,マニャン キダリダ
ノル チャジャガヤ ドェ チャジャガヤ ドェ
チグム ウルミョン モッ ポルジ モルニッカ

ふざけないで、そこにいることは分かってるよ
現れそうだよ、ひたすら待っていたら
君を訪ねて行かなければならない 訪ねて行かなければならない
今泣いたら 会えないかもしれないから


울고 싶지 않아
울고 싶지 않아
눈물은 많지만
울고 싶지 않아

ウルゴ シプッチ アナ
ウルゴ シプッチ アナ
ヌンムルン マチマン
ウルゴ シプッチ アナ

泣きたくない
泣きたくない
涙は多いけれど
泣きたくない


낯설지 않은 길,이 길이 낯설다
아는 길 맞는지 내게 또 묻지요
혹시나 그 사람 날 찾고 있지 않을까
나는 지금 널 찾고 있어요

ナッソルジ アヌン キル,イ キリ ナッソルダ
アヌン キル マンヌンジ ネゲ ット ムッッチヨ
ホクッシナ ク サラム ナル チャッッコ イッッチ アルヌッカ
ナヌン チグム ノル チャッッコ イッソヨ

見慣れた道、この道は見慣れない
知ってる道が合ってるのか 僕にまた問う
もしかして あの人が僕を探していないだろうか
僕は今 君を探しています


장난치지 마,거기 있는 거 알아
나타날 거 같아,마냥 기다리다
널 찾아가야 돼 가야 하는데
눈물 고여 점점 흐려져

チャンナンチジ マ,コギ インヌン コ アラ
ナタナル コ カタ,マニャン キダリダ
ノル チャジャカヤ ドェ カヤ ハヌンデ
ヌンムル コヨ チョムジョム フリョジョ

ふざけないで、そこにいることは分かってるよ
現れそうだよ、ひたすら待っていたら
君を訪ねて行かなければならない 行かなければならないけど
涙が溜まって 段々ぼやけて


울고 싶지 않아
울고 싶지 않아
눈물은 많지만
울고 싶지 않아

ウルゴ シプッチ アナ
ウルゴ シプッチ アナ
ヌンムルン マチマン
ウルゴ シプッチ アナ

泣きたくない
泣きたくない
涙は多いけれど
泣きたくない


난 괜찮아(안 괜찮아)
너 보고 싶지 않아(너무 보고 싶어)
맘에 없는 말들로 거짓말이라도 해야 돼 해야 돼

ナン クェンチャナ(アン クェンチャナ)
ノ ポゴ シプッチ アナ(ノム ポゴ シポ)
マメ オプヌン マルドゥルロ コジンマリラド ヘヤ ドェ ヘヤ ドェ

僕は大丈夫(大丈夫じゃない)
君に会いたくない(とても会いたい)
心にもない言葉で嘘でもつかなければならない つかなければならない


생각처럼 맘이 말을 듣지 않으니까
돌아와 돌아와 돌아와
절반이 없는데 어떻게 하나로 살아
울고 싶지 않아

センガクチョロム マミ マルル トゥッッチ アヌニッカ
トラワ トラワ トラワ
チョルバニ オプヌンデ オットケ ハナロ サラ
ウルゴ シプッチ アナ

思ってるみたいに気持ちが言うことを聞かないから
戻って 戻って 戻って
半分がいないのにどのようにひとりで生きるんだ
泣きたくない


울고 싶지 않아
울고 싶지 않아
눈물은 많지만
울고 싶지 않아

ウルゴ シプッチ アナ
ウルゴ シプッチ アナ
ヌンムルン マチマン
ウルゴ シプッチ アナ

泣きたくない
泣きたくない
涙は多いけれど
泣きたくない


울고 싶지 않아
우리 다시 볼 때
울고 싶지 않아

ウルゴ シプッチ アナ
ウリ タシ ポル ッテ
ウルゴ シプッチ アナ

泣きたくない
僕たちがまた会う時
泣きたくない

ミュージックバンク#885の日本での放送につけられていた和訳で正確な訳を把握しました


泣きたくない 泣きたくない


愛してるからこそ 愛してるという言葉じゃ
足りなくて どんな言葉を選んでも
君だけを大切に思う僕を置いてどこに行ったんだ
僕のことが嫌になって 遠くへ行ってしまったのか


ふざけないでくれ そこにいるのは分かってる
現れるような気がして ひたすら待ち続けたけど
君を捜しに行かなきゃ 捜しに行かなきゃ
今 泣いたら会えなくなるかもしれないから


泣きたくない
泣きたくない
泣き虫だけど
泣きたくない


見慣れた道 この道が普段と違って見える
いつもの道なのか 自分に問うてみる
もしかしたら あの人が僕を捜してるんじゃないかと
僕は今 君を捜しているんだ


ふざけないでくれ そこにいるのは分かってる
現れるような気がして ひたすら待ち続けたけど
君を捜しに行かなきゃ 行かなきゃいけないのに
涙がたまって どんどん視界が曇る


泣きたくない
泣きたくない
泣き虫だけど
泣きたくない


僕は平気さ(平気じゃない)
君に会いたくなんかない(すごく会いたい)
心にもない言葉で ウソでもつかないと つかないと


自分の心が思うように 言うことを聞かないから
帰ってきてくれ 帰ってきてくれ 帰ってきてくれ
自分の半分を失って どう生きていけばいいんだ
泣きたくない 


泣きたくない
泣きたくない
泣き虫だけど
泣きたくない


泣きたくない
僕らが再会する時
泣きたくない

単語 発音 意味 備考
울고 싶지 않아 ウルゴ シプッチ アナ 泣きたくない 울다【ウルダ】(泣く、鳴く)+고 싶다【ゴ シプタ】(~たい)+지 않다【チ アンタ】(~しない、~くない)+아【ア】(※パンマル表現)
사랑해서 サランヘソ 愛して 사랑하다【サランハダ】(愛する、恋する)+여서【ヨソ】(~して、~したので、~であって)※하여は縮約されて해になる
사랑한다는 サランハンダヌ 愛するという 사랑하다【サランハダ】(愛する、恋する)+ㄴ다는【ンダヌン】(~という、~との)
말이 マリ 言葉が 말【マル】(言葉、話)+이【イ】(~が、~は)
부족해서 プジョケソ 不足して 부족하다【プジョカダ】(不足する、足りない)+여서【ヨソ】(~して、~したので、~であって)※하여は縮約されて해になる
その、あの  
어떤 オットン どんな、ある、何らかの  
말을 マルル 言葉を 말【マル】(言葉、話)+을【ウル】(~を)
꺼내봐도 ッコネブァド 取り出してみても 꺼내다【コネダ】(取り出す、切り出す、持ち出す)+어 보다【オ ポダ】(~してみる)+아도【アド】(~しても)※꺼내다は語幹の最後の母音がㅐなので어が脱落、보다は語幹の最後の母音がㅗなのでㅏと結合してㅘに変化、補助用言(보다)は分けて書くことが原則だが続けて書くことも許容されている
 
하나만 ハナマン ひとりだけ 하나【ハナ】(ひとつ、ひとり)+만【マン】(さえ、のみ、だけ、しか、ばかり)
아끼던 アッキドン 大事にしていた 아끼다【アッキダ】(大事にする)+던【ドン】(~していた)
ナル 僕を 나를の短縮形
두고서 トゥゴソ 置いて 두다【トゥダ】(置く、しまう、持つ)+고서【コソ】(~して、~してから)
어디 オディ どこ  
カン 行った 가다 【カダ】(行く)+ㄴ【ン】(※過去連体形)
거니 コニ 거【コ】(こと、もの、の)+니【ニ】(※疑問を表す語尾)※거は것の略語
내가 ネガ 僕が 내(나의【ナウィ】(僕の)の短縮形)+가【ガ】(~が、~は)
싫어 シロ 嫌いに 싫다【シルタ】(嫌い)+어【オ】(※連用形)
어어 オオ ああ  
져서 チョソ なって 지다【チダ】(~なる)+어서【オソ】(~して)※지다は語幹の最後の母音がㅣなので어と結合してㅕに変化
멀리 モルリ 遠く、遠くに  
장난치지 마 チャンナンチジ マ ふざけないで 장난치다【チャンナンチダ】(いたずらする、やんちゃする、ふざける)+지 말다【チ マルダ】(~しない、~するのをやめる)+아【ア】(※命令形のパンマル表現)※지 말아は지 마라と発音どおりになることが一般的で、지 마のように縮約された形も多く使われるとのこと
거기 コギ そこ  
있는 インヌン いる 있다【イッタ】(ある、いる)+는【ヌン】(※現在連体形)
こと、もの 것【コッ】の略語
알아 アラ 分かってるよ 알다【アルダ】(知る、分かる、気づく)+아【ア】(※パンマル表現)
나타날 거 같아 ナタナル コ カッタ 現れそうだよ 나타나다【ナタナダ】(現れる)+ㄹ 거 같다【ル コ カッタ】(~ようだ、~そうだ、〜みたいだ、~と思う)+아【ア】(※パンマル表現)※거は것の略語
마냥 マニャン ひたすら、もっぱら、一途に、ただただ、~ように  
기다리다 キダリダ 待っていたら 기다리다【キダリダ】(待つ、待ち構える)+다가【ダガ】(~しているうちに、〜途中、〜してたら)※가は省略されることがある
ノル 君を 너【ノ】(君)+를【ルル】(~を)※널は너를の縮約形
찾아가야 돼 チャジャガヤ ドェ 訪ねて行かなければならない 찾아가다【チャジャガダ】(会いに行く、訪ねて行く)+아야 되다【アヤ ドェダ】(~しなければならない)+어【オ】(※パンマル表現)※찾아가다は語幹の最後の母音がㅏなので아が脱落、되다は語幹の最後の母音がㅚなので어と結合してㅙに変化
지금 チグム  
울면 ウルミョン 泣いたら 울다【ウルダ】(泣く、鳴く)+면【ミョン】(~なら、~ば、~れば、~たら、~ると)
못 볼지 모르니까 モッ ポルジ モルニッカ 会えないかもしれないから 못【モッ】(できない、不可能で)+보다【ポダ】(会う)+ㄹ 지 모르다【ル ジ モルダ】(~かもしれない)+니까【ニッカ】(~ので、~から、~てみると、~たら)
눈물은 ヌンムルン 涙は 눈물【ヌンムル】(涙)+은【ウン】(~は)
많지만 マチマン 多いけれど 많다【マンタ】(多い、たくさんある)+지만【チマン】(~が、~けれども、~けれど、~だけど)
낯설지 않은 ナッソルジ アヌン 見慣れた 낯설다【ナッソルダ】(見慣れない、なじみがない、不慣れだ、面識がない、見知らない)+지 않다【チ アンタ】(~しない、~くない)+은【ウン】(※過去連体形)
キル 道、通り、路、途中  
この  
길이 キリ 道は 길【キル】(道、通り、路、途中)+이【イ】(~が、~は)
낯설다 ナッソルダ 見慣れない 낯설다【ナッソルダ】(見慣れない、なじみがない、不慣れだ、面識がない、見知らない)+다【タ】(※終止形)
아는 アヌン 知ってる 알다【アルタ】(知る、分かる、気づく)+는【ヌン】(※連体形)
맞는지 マンヌンジ 合ってるのか 맞다【マッタ】(合う、当たる)+는지【ヌンジ】(~だろうか、~のか)※動詞や存在詞には는지、形容詞や指定詞にはㄴ/은지がつく
내게 ネゲ 僕に 나【ナ】(僕、おれ)+에게【エゲ】(~に)の縮約形
ット また  
묻지요 ムッッチヨ 問う 묻다【ムッタ】(聞く、尋ねる、問う) +지요【チヨ】(※意思)
혹시나 ホクッシナ もしかして、ひょっとして、ひょっとしたら、もしやと、もしや  
사람 サラム  
ナル 僕を 나를の短縮形
찾고 チャッッコ 探して 찾다【チャッタ】(探す、見つける、取り戻す、おろす)+고【コ】(~して、~で)
있지 않을까 イッッチ アルヌッカ いないだろうか 있다【イッタ】(ある、いる)+지 않다【チ アンタ】(~しない、~くない)+을까【ウルッカ】(~しようか、~だろうか)
나는 ナヌン 僕は 나【ナ】(僕)+는【ヌン】(~は)
있어요 イッソヨ います 있다【イッタ】(ある、いる)+어요【オヨ】(~です、~ます)
가야 하는데 カヤ ハヌンデ 行かなければならないけど 가다【カダ】(行く)+야 하다【ヤ ハダ】(〜しなければならない)+는데【ヌンデ】(~が、~けど)
눈물 ヌンムル  
고여 コヨ 溜まって 고이다【コイダ】(溜まる、にじむ)+어【オ】(※連用形)※고이다は語幹の最後の母音がㅣなので어と結合してㅕに変化
점점 チョムジョム 段々、次第に、だんだん、徐々に、少しずつ  
흐려져 フリョジョ ぼやけて 흐려지다【フリョジダ】(ぼやける、曇る)+어【オ】(※連用形)※흐려지다は語幹の最後の母音がㅣなので어と結合してㅕに変化
ナン 僕は 나는の縮約形
괜찮아 クェンチャナ 大丈夫 괜찮다【クェンチャンタ】(大丈夫だ、構わない、良い)+아【ア】(※パンマル表現)
アン しない、ない  
보고 싶지 않아 ポゴ シプッチ アナ 会いたくない 보다【ポダ】(会う)+고 싶다【ゴ シプタ】(~たい)+지 않다【チ アンタ】(~しない、~くない)+아【ア】(※パンマル表現)
너무 ノム あまりに、ずいぶん、とても  
보고 싶어 ポゴ シポ 会いたい 보다【ポダ】(会う)+고 싶다【ゴ シプタ】(~たい)+어【オ】(※パンマル表現)
맘에 マメ 心に 맘【マム】(心、気持ち )+에【エ】(~に、~で)※맘は마음【マウム】の略
없는 オプヌン ない 없다【オプタ】(ない、いない)+는【ヌン】(※連体形)
말들로 マルドゥルロ 言葉で 말【マル】(言葉、話)+들【トゥル】(~たち、~ら)+로 【ロ】(~へ、~で、~に、~として)
거짓말이라도 コジンマリラド 嘘でも 거짓말【コジンマル】(嘘)+이라도【イラド】(~でも)
해야 돼 ヘヤ ドェ つかなくてはならない 하다【ハダ】(する、やる、行う)+여야 되다【ヨヤ ドェダ】(~しなければならない)+어【オ】(※パンマル表現)※하여は縮約されて해になる、되다は語幹の最後の母音がㅚなので어と結合してㅙに変化、ここでの하다は거짓말(嘘)に続くので「つく」と訳しました
생각처럼 センガクチョロム 思ってるみたいに 생각【センガク】(考え、つもり、思い)+처럼【チョロム】(みたいに、ように)
맘이 マミ 気持ちが 맘【マム】(心、気持ち )+이【イ】(~が、~は)
말을 듣지 않으니까 マルル トゥッッチ アヌニッカ 言うことを聞かないから 말을 듣다【マルル トゥッタ】(言うことを聞く※慣用句)+지 않다【チ アンタ】(~しない、~くない)+으니까【ウニッカ】(~ので、~から、~てみると、~たら)
돌아와 トラワ 戻って 돌아오다【トラオダ】(戻る、帰る)+아【ア】(※命令形)※돌아오다は語幹の最後の母音がㅗなので아と結合してㅘに変化
절반이 チョルバニ 半分が 절반【チョルバン】(半分、折半)+이【イ】(~が、~は)
없는데 オプヌンデ いないのに 없다【オプタ】(ない、いない)+는데【ヌンデ】(~が、~けど、~のに)
어떻게 オットケ どのように 어떻다【オットダ】(どうだ、どのようだ)+게【ケ】(~く、~に、~ように、~ほど)
하나로 ハナロ ひとりで 하나【ハナ】(ひとつ、ひとり)+로 【ロ】(~へ、~で、~に、~として)
살아 サラ 生きるんだ 살다【サルダ】(生きる、暮らす、住む)+아【ア】(※パンマル表現)
우리 ウリ 私たち、我々、私の、僕の  
다시 タシ もう一度、また、再び、二度と  
ポル 会う 보다【ポダ】(会う)+ㄹ【ル】(※未来連体形)
ッテ 時、頃、チャンス、時節  



[M/V] SEVENTEEN(세븐틴) - 울고 싶지 않아 (Don't Wanna Cry)

GOING SEVENTEEN 2020 EP.40~EP.47

EP.40 돈't Lie Ⅱ #1 (Don't Lie Ⅱ #1)


[GOING SEVENTEEN 2020] EP.40 돈't Lie Ⅱ #1 (Don't Lie Ⅱ #1)


  • ティアドロップ型のサングラスをかけても厳つい印象にならないというジョンハンの可愛らしさ。
  • 警察署風セットにてマフィアゲームと宝探しを組み合わせたゲームが行われるようで、何度見てもマフィアゲームのルールが理解できない私はいつも通り、可愛い連呼botと化すでしょう…。
  • 今回はブローカーという新しい人物がいるようで、夜になると希望した区域を指差して現金の存在を把握できるが、現金を見つけても1人以上の市民またはマフィアと協力することによって現金を獲得できる、と。
  • 計4ラウンドで行われるこのゲームは、宝探し時間を追加で獲得できる「ライアーゲーム」、隠された宝を探す「宝探し」、マフィアゲームを計3ラウンド行い、最後の宝探しでファイナルラウンドを行うルール。
  • ジョンハンが人差し指1本で顔を触ったり、邪魔な髪の毛をよけたりする癖が大好物だから、久しぶりに(私が見落としていただけかもしれないけど)見られたのがうれしい。
  • ライアーゲームは、13人が順番に嘘を付くゲームで、成功した人数分宝探しの時間が10秒追加される。検問で真実が出たらゲーム終了。
  • メンバーがスベった時に鳴らされる効果音があるお陰で、言葉の壁に阻まれがちな笑いのツボをなんとなく察することができる気が。
  • 検問におもちゃの嘘発見器を使うことによって、ビリビリに悶絶するメンバーの姿も見られるかも?という楽しみも与えてくださるスタッフさん達の面白さを追求しようとする姿勢に敬礼。
  • あっけなくゲームが終了してしまったから、「僕も嘘を付いてみたいです」と言ってもう一度やる方向にもっていくジョンハンの機転とあざと可愛さには拍手。
  • 「僕らは歌手なのにどうして笑わせようとしてるんだろう」とふと疑問に思うホシが可愛い。お陰で私たちはいつも楽しませてもらってるよ!
  • 何かを見つけたウォヌがその場に居合わせたバーノンに耳打ちするシーンにドキドキ。
  • 宝探しをしているメンバーたちを観察するスングァンに感心。
  • ミンギュに牢の中に閉じ込められたホシが真顔で微動だにしないのが面白かった。
  • 宝探しの時間を延ばせるミニ手錠を見つけても一喜一憂しないウォヌがとても好きなウォヌでした。
  • サングラスをかけたまま少し暗い部屋に入ったミンギュが何も見えないって言ってるのがとても好きなミンギュでした。
  • ミニ手錠を見つけたけど手に入れるのに手こずるディエイトが意外。何でもさらっとできそうなイメージ。
  • スマートフォンを使ってゲームを進めるのがイマドキって感じ。(縁側でお茶をすすっている絵文字)(あったら使いたい)
  • 「今日ジョシュアかっこいい」ってホシが言ってたけど、同感。髪型のお陰かな…いつもかっこいいけど、今回のビジュアルがとても好き。
  • お口チャックのジェスチャーするホシが可愛い。
  • 「僕たち本当に耳薄い」ってテロップが入ったすぐ後に、ウジがホシとドギョムの耳を触ってるのどういうこと?どういう意味?って調べたら、他人の言葉を簡単に信じてしまう人に使う慣用句だそう。なるほど。
  • ウォヌが医師ってだけでやたらと高まってしまうのですが…。そういう演技のお仕事来ませんかね?(言霊)
  • マフィアによって脱落させられたスングァンを生かせなかったウォヌに「やぶ医者」ってテロップが付けられていて、毎回思うけどGOING SEVENTEENの制作陣のセンスが好き。
  • 2回目のライアーゲームで「僕はデパートを持っている」と真顔で言うジョシュアがかっこいい。本当に持ってそう。
  • 「僕は嘘が下手だよ。嘘ゲームできない」ってジョンハンが言ったら、「ヒョンが一番上手じゃん」とバーノンが返していたけど、ライアーゲームをしていることを思い出したのか、「ああ!」と言いながら自分の頭をポンポンしていたのが可愛い。バーノンの面白い表情は私にとってはレアで新鮮。
  • ドギョムのお母様が67年生まれだと覚えているくらいお母様と仲良し且つ記憶力がいいジョンハン。
  • ジョンハンの「아니야 아니야 아니야」の言い方が面白い。
  • ジョンハンが「僕はブローカーだよ」って言ってたけど、嘘が一番上手な人だからまさかこれも嘘では?と思ってしまった。
  • マフィアだと見抜かれてしまったディノの話を聞いてあげてアドバイスをするスングァンが良き。こうやってSEVENTEENはありとあらゆることをスキルアップしていくんだね。

  

EP.41 돈't Lie Ⅱ #2 (Don't Lie Ⅱ #2)


[GOING SEVENTEEN 2020] EP.41 돈't Lie Ⅱ #2 (Don't Lie Ⅱ #2)


  • 前回に引き続き、マフィアゲームと宝探しを組み合わせたゲームの模様を。
  • 夜になって下を向いているところからゆっくりと顔を上げるジョンハンがかっこよくて見とれた。
  • ドギョムが市民だと思ってウォヌがいろいろと打ち明ける時の耳打ちに異常にドキドキしたんですが!(多分手の添え方がめちゃめちゃに好みなんだと思う)
  • ジョシュアがマフィアだと確認したジョンハンが舌ペロからのドヤ顔してて最高だった。
  • エスクプスに「マフィアじゃないなら手錠を全部くれない?」と言われて、秒で渡したドギョムの素直さが尊い
  • 意見を言うタイミングでサングラスを外し、言い終わったらさっとかけ直すバーノンがかっこよすぎ。
  • 終始テンションが高いホシだったけど、ジョンハンの意見にテンションが上がりまくっていきなりアクロバティックな動きをしたのには笑った。そして「頭と体が一緒に動くタイプ」とテロップが入れられてるから二度笑った。
  • 「에이~」って茶々入れる時のジョンハンが可愛い。
  • ほぼノーマークだったのに、ジョンハンの冷静な分析とホシの熱量ある発言で一瞬のうちに形勢逆転し脱落することになってしまったミンギュが放心状態になっていて可哀想…って思っていたら、ジョンハンが頭と頭がくっつくくらいの距離で背中トントンして慰めてて、愛、だった。
  • 喜びまくりのホシのサングラスのレンズが片方なくなっていたのに笑った。そんなに簡単に外れるの?
  • 3回目のライアーゲームで「最近運動をしたら腹筋が割れた」とジョンハンが言ったら、間髪入れずに「見せて」とミンギュが言うもんだから思わず笑ってしまうジョンハンがめちゃめちゃ可愛かった。
  • マフィアゲームしてると耳打ち多くて最高ですね!!!(ミンギュがウォヌに耳打ちしたのを見て)
  • 「僕がマフィアだったらどこに隠したんだろう?」って独り言を言っているジョンハンの声がやわらかくてとても好き。
  • 早口で話すバーノンの声がやたらと心地良く聞こえるのはどうしてでしょう…。(声がいいから!)(話すリズムが英語っぽいから?)
  • 警察のフリをしていたドギョムをバシバシと叩くジョンハンがスカイダンサー(風船の人形)みたいな動きをしてて可愛い。
  • それぞれ靴が破けるまで、ズボンが破けるまで宝探しを頑張ったエスクプスとジョンハン。偉かったね。
  • ディエイトの頭をポンポンして慰めるジョシュアの微笑みが心に沁みる…。
  • 「에?」って言って、舌を出しつつ両手でI Love youのハンドサインするジョンハンがふざけてるのにかっこいい。
  • ゲームを始める前にスタッフさんからマフィアだと知らされた時のバーノンの深~~~いため息にキュンとしたのは何故。(多分、普段割とクールなバーノンの困り顔が見られたから!)
  • 現金の位置、ブローカーのジョンハンがここだと知らされた時に、もしかして今座っている椅子の下なんじゃ…って思ってたから、当たりでびっくりしたし、偶然見つけた(触った)ジュンが誰にも気が付かれずに回収した手捌きは見事。
  • カメラに向かって回収した現金を見せるジュンがかっこいい!
  • 牢に入ったマフィアの3人が励まし合ってるのがとても良かった。いいチーム!

 

EP.42 GOING VS SEVENTEEN #1


[GOING SEVENTEEN 2020] EP.42 GOING VS SEVENTEEN #1


  • 月刊12月号はSEVENTEENとGOING SEVENTEENのスタッフが対決するようで、SEVENTEENが勝ったらスタッフの契約延長、それもn年ということでメンバーたちが歓声を上げていたのが可愛い。優秀なスタッフさんたちだから、ずっとご一緒したいよね…。
  • SEVENTEENが負けた場合は、今回のクッキー映像は自らで編集することになる、と。クッキー映像って?となったので調べてみたら、エンディングの後に出てくる少し短い映像だと。ひとつ賢くなりました。
  • プロデューサーさん、スタッフさんは他の方からラブコールがたくさん入っているのに、それを全部諦める意向はあるかとスングァンに聞かれて、「もちろんです」と即答するスタッフさんがかっこいい。
  • ゲームの1ROUND目は、アイマスクをして綿入れ(日本語字幕のまま)。どんなゲームなの?
  • ジョンハンがいいアイデアを出した時に、「お~、ユンジョンハ~ン」って叫んだウォヌがニコニコしていて可愛いし、ウォヌに向かって手を前後にゆらゆらと振っていたジョンハンが可愛い。
  • くじで選手に選ばれたジョンハンとドギョムが握手したまま肩と肩をぶつけ合うジェスチャーしてたのがかっこいい。
  • なるほど、アイマスクをしてテーブルの上に散らばっている綿の塊をお玉ですくってボールに移すゲームですね、了解。
  • テーブルの端に綿を寄せるメンバーの作戦の影響をそこまでは受けずに、上手にすくうスタッフさんたちがすごい。見えてるんじゃ?というくらい上手にかき集めてた。
  • 大袈裟に演技をするメンバーたちが可愛い。
  • 始まった瞬間にテーブルをお玉で叩いて綿があるかどうかを確認するジョンハンが天才すぎて好きしか。
  • 焦らしながら次のゲーム紹介をするジョンハンが良き。
  • 2ROUND目は、足球。
  • 名指しで対戦を希望されるスタッフさん、そんなに下手なんですか?
  • そして、そのスタッフさんをくじで引き当てるドギョムがすごい。
  • SEVENTEENチームは、ジョシュアとスングァンとディノ。
  • ジョシュアがシュートを決めた時のメンバーの驚きようがすごくて、そんなに?と思ったけど、今までの足球で大活躍した記憶はなかった、かな…。
  • インかアウトかで小競り合いの雰囲気を醸したり、ビデオ判定のジェスチャーするメンバーとスタッフさんが面白い。
  • 「インだったよ」と言いながらI’m watching youのジェスチャーをするジョシュアがかっこいい。
  • コーヒートラックを賭けたエース対決の試合出場者は、エスクプスとジョンハンとドギョムだったけどまさかの惨敗…。
  • メンバーチェンジしてコートインする時に手を繋いでいるウジとミンギュが可愛い。
  • ズボンを摘まんで足球するミンギュが可愛い。
  • お尻が地面につくくらい足を伸ばすウジがかっこいい。
  • 最終セットの出場者はスングァンとバーノンとディノ。
  • バーノンに代わって出て来たジョンハンが逆転のシュートを決めたのがかっこよすぎ。漫画の中の人みたい。
  • 「え?」って顔をしたジョンハンがめちゃめちゃ可愛い。目も口もまんまる。
  • シュートを決めたジョンハンの口元に力が入っていて、気合を感じられるのがとても良き。
  • ディノに代わって出て来たエスクプスのスライディングレシーブ、スングァンの体勢を崩しながらのレシーブ、そしてジョンハンのヘディングという流れが完璧だった。見とれた。
  • 両方とも上手すぎてラリーが延々と続くのすごかった。
  • ジョンハンを持ち上げてくるくると回るドギョムにびっくりした。そんなに軽々と?
  • クッキー映像で登場シーンの長いバージョンが公開されていたけど、動きが面白いことになってるジョシュアを見て笑いを堪えられていないジョンハンが可愛い。
  • かっこいいジョンハンがたくさん拝めてありがたかった~。次回も楽しみ~。

 

EP.43 GOING VS SEVENTEEN #2


[GOING SEVENTEEN 2020] EP.43 GOING VS SEVENTEEN #2


  • 前回に引き続き、SEVENTEENとGOING SEVENTEENのスタッフが対決。
  • 3ROUND目のゲームが戦略綱引きだと分かった瞬間に、バラエティ的に満点の表情をするスングァン。流石バラエティの申し子。
  • 戦略綱引きは、制限時間内に床にある3つの綱を引っ張ってきたチームが勝利。
  • ジョンハンがジョンハンするってテロップに笑った。書いてあることと違うことを書いてあるように言えちゃうのすごい。
  • (撮影チームがたくさん呼ばれて撮る人がいない関係で選手交代しました)とわざわざ説明文を入れてくれるスタッフさんの丁寧な仕事っぷりに拍手。
  • 作戦会議の様子を見て、こうやっていつもじっくりと熱く話し合いをしてるんだな、尊いな、と。
  • 座った状態で綱に掴まり、全く綱が引けてないドギョムに笑っていたら「おしり引き」ってテロップが入っていて、更に笑った。
  • こんなに必死に綱引きする歌手を私は知らない…。(大好き)
  • 隙をついて放置されてる綱を持ってこようとしたジョンハンの視野の広さと俊敏さが好き。残り綱泥棒というテロップには笑った。
  • 体力ないことが分かっているのに勝負事になると頑張ってしまって、見るからに疲れてるジョンハンが好き。
  • 4ROUND目のゲームは、シャープペンを押してシャープ芯を抜き出すリレー競技。
  • 念仏のように「出ろ!出ろ!」と言ってるジュンに笑った。
  • 対戦したスタッフさんが上手であっという間に終えてしまうから「あれどうやってやってるの」と思わず言ってしまったウジの言い方が可愛い。
  • 最後のゲームは、スーパーボールを転がしてボーリング。
  • 탱탱볼にスーパーボールと日本語字幕が入っていたから、てっきり小さくてよく跳ねるゴムのボールを想像していたら違った…。탱탱볼の탱탱は、膨らんでぴんと張っている様子を表しているんですね。勉強になりました。
  • 失敗して謝るバーノンに向かって「よくやった」と声をかけるジョンハンが好き。こういう一言が大事。
  • 破顔するバーノンが可愛い。
  • ドキドキした時、胸に手を当てるジョンハンが可愛すぎてしんどい。
  • 倒れたピンをメンバーが並べ直すのがいいね!
  • ウォヌとミンギュが個人戦に参加できなかったから、と最後にもう一戦提案してくれるスタッフさんが良き。
  • ケータリングを賭けた大一番がペットボトル投げなのも良き。シンプルなのに盛り上がる~。
  • スタッフさんの投じたペットボトルがギリギリで倒れた時のメンバーの反応がよすぎ。バラエティの天才がそこかしこにいた。
  • 「HIT」を歌いながらスタッフさんを囲んで回るメンバーが無邪気で微笑ましかったし、その場面に付けられた字幕が「Let me drop the 終身雇用」なのには笑った。
  • 楽しくゲームをしてスタッフさん達との親睦が更に深まり、ケータリングとコーヒートラックとスタッフさん達の契約延長を得られたの、本当に良かったね。(大拍手)
  • ケータリングで準備して欲しい料理として「韓国料理、洋食、中国料理、日本料理、全部」とエスクプスが言ってくれたことに、日本人の私は泣いている。(真顔)
  • 「でも本当にn年って大丈夫?」「SEVENTEENが終わるときまでできるの?」ってディノが言ってたけど、가능(可能)って小さくテロップが入っていて、全わたしが泣いた。スタッフさん、愛してる!!!!!

 

EP.44 TTT #1 (Hyperrealism Ver.)


[GOING SEVENTEEN 2020] EP.44 TTT #1 (Hyperrealism Ver.)


  • ジョンハンのキャップ姿が大好物ですありがとうございますごちそうさまです!!!(ヲタクならではの早口)
  • 今回のコンセプトは、ハイパーリアリズム合宿。放送しない事、という注意書きがあるので、放送しない設定で撮影されたのかな、と。素に近い彼らが見られそうでのっけからワクワク。
  • ジョンハンが買い物班に살치살(ハネシタ)をリクエストしていて、ハネシタとは?となった無知な私、調べました。牛肉の部位でした。ひとつ賢くなりました。
  • ウォヌ、ディエイト、バーノンの車の運転手はディエイト。
  • SEVENTEENは247 365修学旅行だよ」とバーノンが言っていたけど、表現が素敵。
  • ジョンハン、ホシ、ウジの車の運転手はジョンハン。
  • 行き先が遠いから運転しないって言えばよかったとぼやくジョンハンに分かる、した。
  • っていうか、運転姿がかっこよすぎやしませんか!!!
  • 帰りはぐったりしてるから、行きの運転の方がいいとウジがフォローしてたのが良き。そして、次回のネタバレとして後部座席で寝るジョンハンの図が公開されてたけど、可愛くて無理。
  • 以前のGOING SEVENTEENバンジージャンプしたウジが「우와 우와 우와 우아해애(ウワ ウワ ウワ ウアヘエ~)」と叫んでいたのを真似するジョンハンが可愛い。
  • ジュン、ドギョム、ミンギュ、ディノの車の運転手はミンギュ。
  • 片手でハンドルを持って、車中に流れる「HEY BUDDY」でノリながら運転するミンギュがかっこいいし、「Together」をかけて、みんなで「CARAT達!会いたい!」って叫ぶのが可愛すぎた。私も会いたいーーー!!!
  • エスクプスとジョシュアとスングァンの車の運転手はエスクプス。
  • ORANGE CARAMEL先輩の「Superwoman」をかけるDJ BOOちゃんは天才。エスクプスがラップで参加していることを知らないファンがいるとテロップが入っていたけど、私もSUPERSTAR PLEDISで遊ぶまでは知らなかった…。
  • 食事を一緒に取ることになったエスクプスに買い物も一緒にしようと誘われるものの、あっさり断るジョンハン…。同い年は甘やかさないというか、いつでも対等な感じが良き。
  • 弟たちに、自らがいないところで歳を取ったと言われてるジョンハン…。でも、いつでも最高を更新してくれるのは凄いことだなと私は思うよ。多分、緊張が過度に顔に出なくなったからだと私は推測するね。
  • 少し遅く行っても大丈夫だから、と近くの海を少しだけ見て行こうと誘うウォヌが良き。穏やかなメンバーが揃うと、番組制作における派手さはないけど、他とは大きく違った雰囲気が味わえるからとてもいいね! 3人での記念撮影も良き!

www.instagram.com

  • 大陸の奇跡なジュンをもってしても寝起きは若干造形が崩れているのが微笑ましい。
  • バドミントンするジョンハンがかっこいい。(〇〇するジョンハンがかっこいいとこの先数えきれないほど出てくる予感)
  • ジョンハンが言った「아이고 아이고 아이고」に「おっとっと」と字幕が付けられていて、そういう訳し方もあるんだな、とひとつ勉強になった。
  • 「ミンギュや~」「ん?」「(ビリヤードを)やる?」「んー」というジョンハンとミンギュのやり取りにおけるミンギュの「ん」の言い方が好きすぎてちょっと動悸が…。
  • ディノがカラオケで歌っている曲に合わせて、上の階でビリヤードをしていたジョンハンが歌い出したけど、何気なく歌っても上手い~。美声堪能~。
  • ところでミンギュはどうしてバスローブ着てビリヤードしてるのかな?
  • エスクプスがカートを片付けに行っている間にさっさと車に乗り込み、鍵をかけて締め出すイタズラをするジョシュアに笑った。95の関係性はいつでも見ていて楽しいし、尊い
  • ジョシュアも運転できる。(メモ)(メンバーたちの免許取得事情を全く知らない人)
  • ホシが「HO~~~~~」と歌い出すし、ドギョムが小鼓(韓国の伝統的な楽器)を叩き出すし、ディノがタンバリン鳴らし出して早くもカオスな展開。でも、そこにジョンハンとウジとミンギュが加わって、肩を組んで歌うのがとてもいい光景。
  • 宿泊先に到着したエスクプスがジョンハンに電話して荷物の運搬を指示した時の表情が、お誘いを断られたり、イタズラを仕掛けられていた時とは全く違うリーダーの顔でかっこよかった。
  • 「高粱酒は赤色を買った」「よくやった」というエスクプスとジョンハンのやり取りで高粱酒?ってなったけど、58度もあるお酒のようで…。
  • お肉のパックにテンションが上がるジョンハンが可愛い。
  • 「ホイッ」って言いながら跳ねつつ走るエスクプスが可愛すぎた…。おこちゃま…。
  • 足球のジョンハンはもれなくかっこいい。
  • オーバーヘッドしようとして背中を強打するホシ、気を付けてね…。
  • 焦らず球を処理するウォヌがかっこよすぎ。
  • みんなが足球で盛り上がっている中、部屋で布団を敷き、ひとり大の字になって眠っているバーノンにはほっこりしたし、「息をしています」とテロップが入っているのには笑った。疲れてたんだね…。
  • ラブショット(クロス呑み)するジョンハンとホシ。
  • きちんと審判の役目を果たすジョンハンに向かって「ありがとうございます、審判様」と深々とお辞儀をするミンギュが面白可愛い。
  • 眠っているシーンしか出て来ないバーノン、今度のテロップは「元気にしています」。
  • ヘディングする時に手がグーになってるジョンハンが可愛い。
  • 「ハゲカモメかと思った」って言われたジョンハンがカモメのように手をバタバタして笑ってて、へ、平和だな…と。
  • え、バーノンまだ眠ってたの?(忘れてないですよね?というテロップを見ながら)(ごめんね)
  • バーノン、おはよう。目力凄くてとても寝起きとは思えないわ。
  • 外でバドミントンをしているジョンハンを窓越しに呼ぶエスクプスとドギョムの執念が凄い。そりゃ、ゾンビってテロップ入れられるわ…。
  • ジョンハンが歌い出すと親衛隊の如くノリノリで見守るメンバーたち…。まるっと愛おしいわ。
  • 外でお肉焼いてるディエイトもノリノリなの、本当に愛おしい。
  • ラップしてるジョンハンがゆらゆらと揺れてる姿がかっこよくて痺れた。ラッパーって低い声で圧強めに言葉を放つイメージがあったけど、ジョンハンみたいにさらっと軽やかにラップするのもいいなあ、って。

 

EP.45 TTT #2 (Hyperrealism Ver.)


[GOING SEVENTEEN 2020] EP.45 TTT #2 (Hyperrealism Ver.)


  • 前回に引き続き、ハイパーリアリズム合宿。
  • アウターを肩落とししてるジョンハンが好きすぎる。
  • 外で黙々とお肉焼いてるミンギュとディエイト、えらいね。
  • ジョシュアはお酒を飲んでも赤くならない、と。(メモ)
  • 「ホシ~、もっと焼いてあげるね~」と言うジョンハンの声がやさしい。
  • ずっとお肉を焼いているジョンハンにラーメンをアーンしてあげるドギョムのやさしさが尊い
  • ひとり、完全に酔っ払いの顔になってるホシが可愛い。隣に座っているドギョムがとても迷惑そうなのも可愛い。酔っ払いの面倒見るの大変だよね…。
  • ドギョムの手の甲にチューするホシには笑った。完全に出来上がりましたね。
  • ジョンハンがいない、と思っていたら誕生日ケーキを持って現れた!(ウジとディエイト誕生日おめでとう!)
  • エスクプスゲーム(ハングルで4文字の単語を順々に言っていくゲーム)をやっている最中に、「4文字で言えばいいよ」とジュンに教えてあげてるジョンハンの気配り。
  • ゲームに急に振りを付けても息をするように踊れるSEVENTEEN
  • ゲームで失敗した時のミンギュのびっくり顔が面白可愛い。
  • エスクプスの飲み方の貫禄…。(酒に強いのが雰囲気で分かる飲み方)
  • 途中でゲームのルールを変えるジョンハンのセンスとタイミングの良さがすごい。飽きずにずっとゲームしちゃうね。
  • ゲームのルールが理解できなくて、隣に座っていたバーノンに英語で確認し出すジョシュア。もしかして、寝言も英語で言うタイプかな?
  • ルールが分からないゲームが延々と続くけど、メンバーたちがめちゃめちゃ楽しそうなので、私も楽しい。
  • (ゲームやりながら罰ゲームで飲むのを繰り返すと、潰れる人出てきそ…)
  • コールしながらどんどん仰け反っていくドギョムが面白すぎた。宴会部長と呼びたい。
  • メンバーがノリノリで歌っている中、寝てる(潰れてる)ホシが予想通りでした。
  • ホシがどれだけ休めたのかは分からないけど、映像上では割とすぐに復活して歌い踊ってるのすごい。
  • ベッドに入ったホシに布団をかけてあげて、カーテンを閉めてあげたジョンハンのやさしさにほろり。
  • エスクプスの寝癖が可愛い。
  • ドギョムはどうしてソファで眠ってたの?疲れ取れないよ…。(過保護の人格が出て来ました)
  • 寝起きで歌い出すエスクプスには笑っちゃったけど、熱烈な愛の歌だったからほっこりもした。
  • 歯磨きしながらメンバーの様子を見に行くの、ジョンハンの日常感が出ていてとても良き。
  • ジョンハンの寝起き低音ボイスはレア。(ありがたや)
  • マイクを差し出されて歌い出したジョンハン、声は起きてなかったけど顔は完璧だった。流石。
  • ウジの寝癖がすごかった。爆発。
  • ウォヌが寝起きでトランポリンしてるの、どうした?
  • 早めに起きて朝ご飯を食べに行ったのがジョシュアとディエイトだったことに、分かる、した。
  • 起きた人だけこっそり出発する、って番組を面白くすることを閃くのはやっぱりジョンハン。
  • 結局は、片付けしてからみんなで出発することになるところが本当に好き。
  • なかなか起きることができないミンギュをやさしく起こすスングァンが良き。
  • ジョンハンが「ミンギュを早く起こして~」って言ったけど、ミンギュがもう起きててゴム手袋をはめてしっかり片付けに勤しんでいたのにはめちゃめちゃ笑った。あの存在感を持ってしても気が付かれない、それが大人数グループの日常…。
  • 放送しない設定なのに、番組の締めのコメントをジョンハンが言いかけたのはテロップにも入っていたけどまさにワーカホリック
  • TTTと言いながらジャンプするの、青春っぽくていいね!
  • 帰りの運転は、ジョシュア、ホシ、ウォヌ、ドギョム。運転できる人、結構いるなあ。
  • スングァンが車中で流したAFTERSCHOOL先輩の「Because of you」のRapパートのところで、被っていたニット帽を目が隠れるまで下げ、曲にノるバーノンがかっこよすぎた。かっこつけなくてもかっこいいのは天賦の才。
  • 1文字ずつ交互に歌ってとジョンハンに提案されたホシとウジが同時に歌い出すのが可愛かったし、交互に歌うのも上手くて流石だった。いいコンビ。
  • 話を理解できてなかったドギョムの表情に「聞いたけど聞いてなかったとき使う写真」とテロップを入れるスタッフさんが最高すぎた。
  • 真顔で面白い動きするウォヌがツボに入ってしまってしんどい。
  • 道を間違えたホシに「大丈夫~」ってけだるげだけどやさしく言うジョンハンがとても好きなジョンハンだった。
  • 「なんか噛むものないよな?」ってドギョムに聞かれたミンギュが自分の腕差し出すの何!?
  • 電話に出たジョンハンが「うん、今着いたよ。疲れた」って言った声が色っぽくて大変だったんですけど!(落ち着いて)
  • 自分で蹴ったボールが跳ね返って自分の顔面に当たったミンギュ、ただのドジっ子じゃなくて天才(たまにドジっ子)だったね。
  • 人間誰しも得手不得手があると思うけど、それを尊重しつつ補い合い、いい雰囲気で一緒の時間を過ごす彼らを心から尊敬したし、素に近い姿が見られてうれしかった~。

 

EP.46 GOING #1


[GOING SEVENTEEN 2020] EP.46 GOING #1


  • 最後の月刊SEVENTEENはミンギュの企画で写真集を作ってみるとのことで、それ発売されますよね?とのっけから前のめりな私…。
  • スタイリスト役はジョシュアとディエイト、ヘアデザイナーはジュンとウジ、ビデオグラファーはウォヌ、アフターパーティのDJはブソクスン、アシスタントはエスクプスとディノ。ここまではミンギュが指名したのかな…。
  • 何担当でしたか?みたいな雰囲気でミンギュがバーノンに声をかけてすぐ、「僕とインタビューに来ました」と立ち上がったジョンハンがバーノンの手を引いて立ち上がらせてた機転と瞬発力に拍手。
  • 大きなお返事がおこちゃまみたいなウジが可愛い。
  • ずらりと並べられた靴の量に驚く。分かっていても驚く。13人分の衣装管理は大変だろうなあ。
  • 「骨の髄までバラエティ向きだね」とウジに評価されるスングァンが圧倒的な歌唱力を持つボーカリストなのは、グループにとって宝だなあ、と。
  • ソファにゆったりと座り、足を組み、レンズ付きフィルム(使い捨てカメラ)を持っているだけで絵になるジョンハン。(大好き)
  • レンズにセロファンのようなものを被せているのはどうしてだろう…と思っていたけど、素敵な仕上がりになっているようで、それ発売されますよね?(2回目)
  • おへそが見える丈のGジャン姿のホシを見て、みんなが感嘆していたけど、そんなにすごい腹筋なのか! そして照れてるホシが可愛い。
  • ジョシュアに「どんなスタイルで着てみたい?」と聞かれたジョンハンが「なんとなくかわいく着せてください」とけだるげな声で言っていたのがとても色っぽくて良き。
  • ジ ョ ン ハ ン の 鎖 骨 ! ! ! ! !(大好物)
  • 表情が天才すぎて無理、心臓がもたない…。
  • 飾りを咥えるのも、飴を舐めるのもとても色っぽくて大変です。心臓がバクバクします。
  • 健全な飴ってテロップが付けられていたけど、不健全な飴もあるの?(真顔)
  • あああああああああぁぁぁぁぁぁぁ…。(ジョンハンが美しすぎて取り乱す私)
  • 無理な体勢で体が攣るミンギュ、頑張って!
  • ウジに髪を直してもらっている間、ちょっと照れてるウォヌが可愛い。
  • 「みんなイケメンだから何してもよく写る」ってジュンが言ってたけど、頭もげそうになるほど頷いた私。
  • ミンギュの二の腕が健康的で良き。
  • ドギョムとスングァンのDJプレイに爆笑。
  • ウジに豪快にスプレーされてビクッとしてるミンギュが可愛い。
  • ウジのヘアデザイナーとしての仕事っぷりが本職のようで素敵。
  • ジョンハンのさらさらの髪をウジの美しい手が整える図が良すぎてどうしたらいいんですか!(とりあえず落ち着こう)
  • ジョンハンとミンギュのこめかみでコミュニケーションするカット(字幕のまま)で頭爆発しましたが?
  • この写真集発売してください!!!(3回目)
  • 終始褒め言葉が飛び交うところが本当に好き。最高のグループだといつも思わせてくれてありがとう。

 

EP.47 GOING #2


[GOING SEVENTEEN 2020] EP.47 GOING #2


  • 前回に引き続き、写真集の撮影。
  • ホシとディエイトによるチークダンスにつられて、DJのドギョムとスングァンが密着しながら揺れてたけど、照れ笑いしてて可愛い。
  • 髪の毛を耳にかけるジョンハンが大好物です!!!
  • インタビューをする時に、メモを見る時以外は相手をしっかり見るジョンハンがとても良き。
  • 太っていた時期がGOING SEVENTEENに収められてるのを見て「ぽよぽよしてた時期があったんだな(日本語字幕のまま)」とエスクプスが言ってたのが可愛かった。포동포동하다には、「ふっくらする、ぽってりする、ぶよぶよしている」といった意味があるけど、「ぽよぽよ」って訳されてたのも可愛いに拍車をかけてた。
  • メンバーがキャッキャしてるところを黙々とカメラに収めるミンギュがかっこいい~と思いながら見ていたら、カメラを下ろしたそこにキラキラと輝く瞳があって、この撮影がどれだけ楽しいのか全部伝わって来た気が。
  • ジョンハンがしれっと嘘をつくから、インタビュアーを変更して欲しいというジェスチャーをするディノが可愛い。そして「ジョンハンにジョンハンされる」とテロップが入っていたのには笑った。それくらいいつもメンバーを揶揄ってるのね…。
  • ドギョムとスングァンがハイテンションで延々とDJしてるの、すごい体力。
  • ウジに「今、企んでるみたいだよ、表情が」って言われるジョンハンの安定感。そして、笑いながら否定するジョンハンが可愛い。
  • 「感覚的なヘアスタイリングの秘訣は?」と聞かれて、「どうかな?」って言いながら目をギュッと瞑るウジが可愛い。
  • インタビューに答えるのにかんでしまって舌を出しつつ言葉にならない言葉を発してるジョンハンが可愛いし、それを見たバーノンが苦笑いしてるのも可愛い。
  • インタビューされるのを待っているウォヌが猫背でちょこんとしてるのがめちゃめちゃに可愛い。猫ちゃん。
  • ソファで瞑想する(眠ってる)ディエイトとお口を開けて眠ってる(眠ってる)ホシにほっこり。
  • ワイングラスを持ちながら目を細めてるジョンハンがとても良きなのですが、その写真はどこかで披露されませんかね?
  • 「僕に一歩近づいて、ゆっくり」とミンギュが声をかけた時のジョンハンが挑戦的な目をしていてとても好き。
  • ドギョムとスングァンのバラードが心地良くて、瞑想(睡眠)ゾーンにディノも加わって満員になるの、分かる、した。
  • 疲れて無になってるミンギュ、お疲れ様だよ。
  • インタビューで「撮影の時にどんな点を中心に置いて撮影に挑みましたか?」と聞かれたミンギュが「メンバーたちの綺麗なところをカメラに収めたい」と言っていたけど、HIT THE ROADのEP. 05*1でも「みんなを見るととてもきれいです、12人とも」(6分12秒くらいから)と言っていて、ミンギュにとってメンバーたちはいつでも綺麗なんだな、と思ったらキュンとした。
  • メンバーがミンギュの髪の毛を引っ張ったり、顔に触れたりしながらの集合写真が良すぎる!
  • あっちむいてホイの最後にドギョムの頬をペチっとして逃げたスングァンが可愛い。
  • 雑誌〈GOING〉発刊予定とのお知らせありがとうございますーーー!!!
  • メンバーたちの様々な表情が見られる上に、涙が出る程笑ってしまうコンテンツを47本もありがとうございました。GOING SEVENTEEN 2021にも期待しています!

IDOL WONDERLAND 2020/11/18

IDOL WONDERLANDは、テーマパークを再現したファンタジーな空間の中で、ファンが常に夢見てきた姿のアーティストのまだどこにも公開されていないホカホカエピソードを大放出するという番組です。私は日本語字幕付きVODで鑑賞しました。



以下、感想などを。

  • 目元が隠れる仮面を持ってひとりずつ登場する中、照れて笑っちゃうウジが可愛い。
  • やわらかく微笑みつつも、しっかりカメラ目線をくれるジョンハンにハートを撃ち抜かれた。
  • フレームアウトしてるメンバーの声が日本語のテロップのみで表示されていることに驚く。手が込んでる番組。
  • 今日のコンディションを聞かれ、みんなで「ヤハーーーーーー」って言うのが可愛すぎ。
  • タブレットで見られるはずのコメントがなかなか見られず、頭を寄せ合って試行錯誤してるジョンハンとジュンとバーノンが可愛いというより美しすぎて画面が割れそう。
  • 初回放送らしいバタバタした感じがするけど、そこは百戦錬磨のメンバーたちだから比較的落ち着いて対応しているので問題なし。
  • MCのディノが少し困ってるかもな~という雰囲気の時に、流れを変える質問をしたウォヌの気配り。
  • 早口でちょっと拗ねたような話し方をしたミンギュが可愛かったし、それを聞いたウジが大笑いしてたのも可愛かった。
  • モニターに映る自分を見て髪をポフポフっと整えるジョンハンが好き。
  • 答えが二択の質問で「ウジにキスする」「ホシからキスしてもらう」ってアリなんだ…。
  • 「知らぬが仏(모르는 게 상책)」「知らない犬を散歩(모르는 개 산책)」って同じ発音で違う綴りなんですね。韓国語、やっぱり難しいね…。
  • 雲行きがあやしくなると「そんなことしたら逃げちゃいますよ」って言うミンギュが可愛い。
  • ゴキブリは平気ですか?と聞かれたディエイトが合宿所でいつも捕まえていたから大丈夫だと言ったのがかっこよすぎ。ゴキブリ苦手なメンバーが大騒ぎしている中、淡々と捕獲する様子が目に浮かぶ…。
  • ディエイトが「5日間断食」、ミンギュが「毎朝5時にジム」を選んだのがイメージ通り。
  • 後ろを向いたミンギュの耳がテープだらけで、お疲れ様だよ…と思ってたら、「耳つぼテープが見えてます」とスングァンが冷静に言うから笑ってしまった。
  • 「世界中の人が自分だけに話す」と「世界中の人が自分に話しかけず、声をかけても聞いてくれない」で後者を選んだジョシュアが、「しゃべらなくても手話はできるから…」と他のやり方を示すところがとても良い。
  • ジョ手話(수화【スファ】)というダジャレ。
  • カムバックは今でも緊張するってウジが言ってたけど、表情管理が完璧だから緊張してるの私は見たことがない気がする。
  • 話そうと思っていないタイミングで話をふられたからか、珍しくあたふたしてるジョンハンが可愛い。
  • 「食べ物にこだわらないから」ってウォヌが言ったのがイメージ通り。
  • 「会話の相手で嫌な方は?」という質問で答えが「質問魔(でもさ~)」「ロボットリアクション(あ、ほんと?)」ならジョンハンは前者。
  • 選べなくて「あーあーあー」ってジタバタするバーノンと一緒になって揺れてるジョンハンが可愛い。
  • 「どちらかの能力があるなら?」という質問で「眠らなくても元気」「食べ過ぎても太らない」ならジョンハンは前者。
  • モニターで自分がアップになってることを確認するとしっかりカメラ目線をくれるジョンハンが大好き。
  • 「一緒に住むなら?」という質問で答えが「勝手に人の物を使う友人」「毎日知人を招待する友人」ならジョンハンは後者。
  • 唐突にミンギュが「勝人友」「毎知友」と省略し出すから、???という空気になったけど、ジョンハンがすぐに理解して同じ言葉を言ってたのが愛だった。
  • 「24時間一緒にいなきゃいけないなら?」という質問で「ずっと高音炸裂で歌うドギョム」「1分毎に小言を言って掃除するミンギュ」ならジョンハンは後者。
  • 選んで欲しそうな顔をしてるミンギュが可愛い。
  • ドギョムに高音炸裂で歌うのをやめてもらいたい時があったら「ドギョム、喉の調子悪そうだな。今からテレビ出演するだろ。喉休めておけ。」という感じで言う、とジョンハンが言っていて、人を傷つけない言い方だなあ、と。勉強になります。
  • 「ジュンと徹夜で辛い物を食べる(牛乳やジュース禁止)」「ディエイトと徹夜で瞑想(目を閉じるのは禁止)」ならジョンハンは後者。
  • ディエイトの肩に頭をのせて笑ってるミンギュが可愛い。
  • お口を開けておやつを待ってるドギョムが可愛い。
  • ポップコーンが入った大きな入れ物を太腿の上にのせて口角が上がってるウォヌが可愛い。
  • おやつは?って立ち上がったエスクプスが可愛い。「1週間おあずけを食らった子犬みたい」ってミンギュが言っていたけど、ホント、それ。
  • ブルーベリータルトをエスクプスにアーンで食べさせてもらっているミンギュの様子にバーノンが笑い崩れてるのが可愛いし、大口開けて食べてたからお口を閉じてもクリームがこんにちはしてるミンギュが可愛い。タルトを吸引するように食べる人、初めて見たわ。
  • CARATからのお願いを叶えるべく、「AH! LOVE」のサビを歌ってみようとするもグダグダになってしまい、笑いの渦に包まれるSEVENTEENが愛おしい。
  • ウォヌがひとりでポップコーン食べ続けてる姿に、お腹、空いてたんだね…と。
  • 言ってしまったけど大丈夫?、って顔してたバーノンをトントンするジョシュアのやさしさにホロリ。
  • CARATがオススメしてくれたお店に行くことができて、店で会ったら僕がおごります、ってさらっと言うエスクプスがかっこいい。


全体的にドタバタ感はあったけど、メンバーが楽しそうで何よりでした。SEVENTEENの回はプレオープン期間だったようですが、他のグループも出演する番組の先陣を切る大役、お疲れ様でした~。

GOING SEVENTEEN 2020 EP.34~EP.39

EP.34 BAD CLUE #1


[GOING SEVENTEEN 2020] EP.34 BAD CLUE #1


  • 月刊9月号は、「本動画に登場する人物、団体、地名、事件などは実際とは無関係であり、すべて創作によるフィクションです」という注意書きがドラマを思い起こさせる雰囲気で、何が起こるかは分からないけれどのっけからワクワク。
  • 以下、登場人物をメモ。
  • 会長の次男パク・ソクミン(43歳)はbSKのメイン系列社の社長。
  • 30年で末端の社員から副社長にまで上り詰めたソ・ミョンホ(55歳)。
  • bSKの副会長チェ・スンチョル(72歳)。
  • 会長の孫、パク・ミンギュ(20歳)。
  • 会長の寵愛を受けて働いているパク・ジョンハン(29歳)。会長の息子でもある。
  • 38年間この家に住んでいる執事ムン・ジュンフィ(60歳)。
  • bSKグループに関与している検事イ・チャン(48歳)。
  • "これから日報"から来た記者クォン・スニョン(47歳)。
  • Park家の主治医チョン・ウォヌ(43歳)。
  • Park会長の顧問弁護士ホン・ジス(41歳)。
  • Park会長の随行秘書チェ・ハンソル(47歳)。
  • 会長に雇われている探偵イ・ジフン(30歳)。
  • キャラクター設定だけで最高なんですが!!!!!
  • お洒落スーツ姿も最高なんですが!!!!!
  • (登場人物が多すぎて私の頭で理解が及ぶか不安)
  • もしかして、bSKってBoo Seung-kwanですか?(泣いちゃう)
  • 手を怪我しているスンチョル副会長。
  • 眠れなくて睡眠薬を持ち歩いているミンギュ。
  • ちょっと良くない記事を書いたスニョン記者、別のものを守るためにわざと書いたと弁明。
  • 手帳を見ているスニョン記者に何をしているのかと詰め寄るチャン検事。
  • Park会長の長男(ミンギュの父)は既に他界。
  • 12体のオブジェが並んでいる図が怖い。この雰囲気知ってる…。
  • おどろおどろしい声でのアナウンス「今からここにいる12人は、順に死にます」で「そして誰もいなくなった」を思い出したのは私だけじゃないはず…。ぞくっとした。
  • このゲーム、犯人だけが全てのストーリーを知ってるのかな?
  • 字幕を読むのに必死になっているところに美しい顔面がアップで映し出されるから、「か、顔!!!」となって何度も戻る…。
  • 途中で笑っちゃって、役から抜けちゃうところが可愛い。
  • 「ミッションを与えられた人がいるんだな」と閃くジョンハン、流石。
  • スンチョル副会長がロープを発見。
  • ソクミン社長がもらった偽物の遺言状をウォヌ医師に見せると「危ないと思ったら、体に隠さず他のところに隠せ」と助言。それに対し「本物の遺言状とすり替えなきゃいけないだろ」とソクミン社長。
  • ジョンハンが見つけたのは随行秘書の決済書類。
  • スニョン記者がジョンハンにジョンハンの母親(Yoon Jeongbin)のことを話しているのをこっそり見ているチャン検事。スニョン記者がジョンハンに見せている手帳の中を見に行くが、ジョンハンが抵抗して見られない。
  • ソクミン社長とミョンホ副社長がミンギュを怪しむ。
  • 設定上タッグを組んでいるのか、ゲームをやる上でタッグを組んでいるのかが分からなくて、私、大混乱。でも楽しい。
  • Park会長はジョンハンの母親の面倒を見ると言って病院に入院させたが治療はしなかったというスニョン記者からの情報。
  • Park会長のパソコンを巡って騒ぎが起こる中、消灯。何が起こる?
  • 演技じゃない悲鳴に聞こえるから、メンバー達がリアルに怖がってる?
  • Park会長の日記には様々な出来事が記録してあり、かなり物騒な心情も綴られていて怖さが増長…。
  • 灯りが付いたら、チャン検事がいない。
  • スンチョル副会長の怪我は、殺されかけた時にできたもの。
  • オブジェがひとつなくなってるー。(やっぱりー!)
  • 手元を隠しながら手紙を確認するジョンハンがかっこいいです!
  • Park Jungiの手紙には「あなたが私にしたように私もあなたの魂まで引き裂かれる日を指折り数えて待っています」「その日まで不幸の中で眠ることを祈っています」と。怖い!
  • ジフン探偵が持っていたPark Mingyuの所見書には精神に異常があるため十分な休息と安定が必要だとの記載。
  • ミンギュはPark Jungiが自殺したのを見たため、眠れなくなったと。
  • 電気を消されて怖がるメンバー達が可愛い。
  • そしてスンチョル副会長がいなくなった…。
  • スニョン記者のメモには、「ソクミン社長、ジス弁護士、ウォヌ医師は何の組み合わせ?」と。
  • ジフン探偵のメモには、「スンチョル副会長とチャン検事が会った」と。
  • 電気が消されたシーンの後、エレベーターの扉が開いて人間のような人形が床に座っているのが怖すぎた…。
  • 最後に表示された人物情報によると、ソクミン副社長は最近経営権の問題でPark会長と対立。故Park Jungi同様、Park会長から精神的・肉体的虐待を受けていた。ジス弁護士、ウォヌ医師と会長の毒殺計画を立て遺言状を捏造。
  • 婚外子ジョンハンは頭が非常によく、Park会長が寵愛している人物。がん闘病中の母親の治療条件としてbSKの重要業務を任されている。その母親が放置されて死んだ事実を最近知る。
  • ミンギュは故Park Jungiの息子。15年前、Park Jungiの自殺を目撃する。睡眠障害を患っている。精神異常が疑われるという所見を受け治療継続中。
  • スンチョル副会長はPark会長の友人で事業パートナー。Park会長の不在時会社承継第1順位。会社経営においてトラブルが多かった。最近Park会長から殺害の脅迫を受ける。
  • ミョンホ副社長はPark会長の不在時会社承継第2順位。bSKの創立メンバーで他社員の業績を横取りして昇進、今の階級を手に入れた。
  • ジュンフィ執事は38年間Park家の一挙手一投足を見守ってきたミステリアスな執事。Park会長が2人の息子を虐待死、そのためPark Jungiが自殺したという事実を知っている。Park会長に故Park Jungiから手紙が届いていることを知っている。
  • ハンソル随行秘書はPark Jungiの元随行秘書。Park Jungiやミンギュと格別な間柄でPark Jungiの死後Park会長に吸収される。Park家の不正に一番詳しく、それを処理する随行秘書。Park会長の指示でスンチョル副会長を殺害するため殺し屋を雇う。
  • ウォヌ医師はPark会長の毒殺計画を立て遺言状を捏造する。Yoon Jeongbinが病院で放置されて死んだがPark会長の指示により、息子のジョンハンには知らせていない。
  • ジス弁護士はPark会長に信頼される人物で遺言執行者。ソクミン社長とは非公式で友好な関係で、ソクミン社長、ウォヌ医師と共にPark会長の毒殺計画を立て遺言状を捏造する。
  • チャン検事はPark家とbSKの不正を黙認し、不正に明け暮れる癒着検事。Park会長に検事長への昇進を頼んだが拒絶される。その後スンチョル副会長ラインに乗り換え、何回か会合を持つ。
  • スニョン記者はbSKに対し友好的な記事を書いていた非公式の専属記者。ネタを流してくれたPark Jungiの死でネタ確保が困難になる。15年前Park会長の虐待による自殺だという事実をネタに会長を脅し巨額の金を受け取る。最近生計が苦しく、Park会長に金銭を要求したが断られ、その後Park家を内密に調査している。
  • ジフン探偵は殺害脅迫を受けたPark会長が雇った私立探偵。
  • 複雑で頭がこんがらがったけど、面白かったー。演技しつつ、謎解きもするメンバー達がかっこよかった。次回も楽しみ。(怖いけど!)

 

EP.35 BAD CLUE #2


[GOING SEVENTEEN 2020] EP.35 BAD CLUE #2


  • チャン検事とスンチョル副会長が死んだのは分かってたけど、ジフン探偵はいつ?(大混乱)(EP.34 BAD CLUE #1の最後です)
  • ゲームからは離脱したエスクプスとウジとディノが推理を続けてる様子がモノクロ編集されていて、凝っているなあと。
  • 手がかりを探していたウォヌ医師がエレベーターの中にいる死体(Park Taesan)を発見したけど、驚きもしないで「みんな!」と呼んでいて流石です。っていうか、顔潰されてて怖すぎた。
  • Park Taesan(ミンギュの祖父)の遺言状には、bSKグループの経営権は親族による承継は一切ないとし社会に寄付することとする、と。この遺言執行者はジス弁護士。
  • みんなが死体に集中している間に、遺言状をすり替えるソクミン社長とウォヌ医師。
  • 推理している時のジョンハンがかっこよすぎてしんどい。
  • 4人目の死者はソクミン社長。これ、どういう理由でこの順番なんだろう。(永遠に続く混乱)
  • 死者4人の推理では今のところ犯人はジョンハン。
  • 5人目の死者はジュンフィ執事。「なんで執事が死んだ?」とミンギュが言ってたけど、ホントそれ。
  • 6人目の死者はバーノン随行秘書。死者が集まっているモニタールームに入ってきての第一声が「ここがあの世ですか?」だったのが面白かった。
  • ロープの存在を思い出して急に閃いたスニョン記者とミョンホ副社長、「この紐で犯人を縛らないと」との声に寄ってきたウォヌ医師が一斉にミンギュを縛りに行く素早さに感心。
  • ジョンハンの「僕を縛ってみる?」発言に撃墜。
  • 7人目の死者はジス弁護士。持っていたレコーダーが推理に使われなかったのはスタッフさん泣かせだったかも。
  • ミンギュを縛る縛らないですったもんだしている時に、机の上を毛ばたきでスーッスッってしてるジョンハンが面白可愛い。
  • 8人目の死者はスニョン記者。犯人と思ったミンギュを縛っている最中に電気が消えたのは、ミンギュを縛らせないため?
  • 生き残っているのは、ジョンハン、ウォヌ、ディエイト、ミンギュでゲームに勝つためなら手段を選ばない人と何が起きてもほぼ驚かずに淡々と推理を進められる人と冷静な判断ができる人とこの手のゲームが得意な人が残っているのが面白い。そして、私には犯人がさっぱり分からない…。
  • ウォヌ医師の「優しく縛るから」発言に撃沈。
  • 9人目の死者はウォヌ医師。犯人と疑ったジョンハンを縛っても死者が出たから、ジョンハンは犯人じゃない?
  • 10人目の死者はジョンハン。ジョンハンが犯人だと思っていたメンバーの驚く顔が可愛い。
  • ふたりきりになって心理戦を繰り広げるミョンホ副社長とミンギュにドキドキ。
  • そして、消灯の瞬間、お互いに「さようなら」って言うの、シナリオにしろアドリブにしろいい台詞。
  • ひとり残ったミンギュが回想するシーンがやたらと怖く感じた…。最後の消灯後、誰もいなくなるのは想像できてたけどぞくっとした。
  • ニュースが流れ出したと思ったらキャスターはスングァン。そのニュースによると、bSKグループの集団殺人事件で唯一の生存者で有力な容疑者として注目されたミンギュは行方をくらましているが、追加の調査で見つかったミンギュの精神科診断書によると、ミンギュは解離性同一性障害で第2の人格は15年前に自殺した父親の人格である可能性が高いとのこと。
  • 犯人は自分が犯人であることを知らないかも、というのは事実だったというのが上手いなあ、と。
  • ゲームが始まる前に脱落者を予想し、犯人役のミンギュが書いた通りに他のメンバーが死者になっていったというのも上手い。どういう理由でこの順番なのか混乱したけど、そういう理由だったので混乱は終了~。
  • みんな演技がとても上手だったから、演技のお仕事もしたらいいよ!!!(言霊)

 

EP.36 세븐틴사이드 아웃 (SVTSIDE OUT)


[GOING SEVENTEEN 2020] EP.36 세븐틴사이드 아웃 (SVTSIDE OUT)


  • お休み中のスングァンの頭の中に入っている設定ということだけど、どういう展開になるんでしょ…。
  • 大笑いしながらミンギュのことをペチペチと叩くジョンハンが可愛い。
  • スキップするジョンハンの可愛さなんぞ!
  • なるほど、スングァンの感情通りにメンバー達も感情を変化させるんですね、了解。
  • (急に怒り出すからびっくりしたよね…)
  • 胸でど突くホシが「怒り方知らない」ってテロップ入れられているのが可愛い。
  • 悲しがるターンになると途端にコントになるのが面白可愛い。
  • ロッククライミングを登る時はすいすいとかっこいいのに、降りてくる時はちょっとかっこ悪くなってしまうホシが愛しい。
  • ヘルメットを取って髪の毛をワシャワシャするジョンハンがめちゃめちゃに好きなジョンハンだった。
  • ジョシュアのズボンの食い込みに茶々を入れるジョンハンの悪ガキ感が好き。
  • 飽きるのが割と早いジョンハンが可愛い。
  • 高所恐怖症なミンギュが高いところでジャンプしなきゃならない遊具に挑戦してみるって言ったの何故…。勢い?
  • そして何とも言えない表情で上を眺めてるミンギュが可愛い。
  • 感性のターンになって、急に歌い出すジョンハンと合わせて一緒に歌うウォヌが可愛い。
  • 「君が側にいてすごく嬉しいよ」「僕もいつもヒョンの側にいるから」「僕もいつまでも君の側にいるよ」「この13人でずっとつ続いたらいいな」ってやり取りするジョンハンとホシが尊すぎて、私、泣きそう。
  • 結構な高さからジャンプして結構な距離にぶら下がっているサンドバックに抱き着くというアクティビティにさらりと挑戦するウォヌがかっこよすぎ。
  • 梯子を上るドギョムのお尻をいじるメンバーたちには笑った。
  • めちゃめちゃ怖がってるのに跳んだドギョムが偉すぎた。
  • 難なく跳ぶディノもかっこいい。
  • 跳んでサンドバックに両手で抱き着いたエスクプスが一瞬片手になった時の腕の筋肉がすごすぎてびっくりした。
  • 怖さのあまり大騒ぎしたけど、ちゃんと跳べたミンギュ、偉かった!
  • 小心のターンになり、怖くないように向かい合ってしゃがんでバスケットボールをコロコロし合うウォヌとバーノンが可愛い。ウォヌが身長180センチオーバーだとは信じられないほど、しゃがむとちんまりとしていて可愛い。
  • 「ワアアアア~」って言いながら手をバタバタしつつマークに行くジョンハンが可愛すぎ。
  • ジョンハンがパスをもらってから、シュートを狙う時のフェイントがかっこいい。
  • スローインする直前に頭の上でボールを回してるジョンハンがかっこいい。
  • (前世でバスケットできる人が好きだった私、今世でも息絶え絶え)
  • 怒りのターンで、怒りながらも親切なディエイトが良き。性格の良さは隠せないね!
  • 不機嫌な顔でお返事するジョンハンがかっこいい。
  • (怒りの感情は好きじゃないけど、たまにこういう設定もいいですね)
  • 怒り続けられないメンバー達が愛おしい。本当にやさしい人たちだらけ。
  • トランポリンに座っている状態で揺られてるジョンハンが手をグーにしてるの赤ちゃんみたいで可愛い。
  • お尻をペチペチし合うジョシュアとドギョムが可愛い。
  • 片手を枕にしてくつろぐジョンハンがかっこいい。
  • ひとり、グリーンバックの前で各感情を表現したシーンを撮影したスングァン、お疲れ様。お陰で、番組がとても面白くなってたよ!

  

EP.37 천고마비 (Bungee Jump) #1


[GOING SEVENTEEN 2020] EP.37 천고마비 (Bungee Jump) #1


  • みんな寒そうだから、何か着せてあげてくださいスタッフさん!(のっけから過保護)
  • 月刊10月号は、ディノのアイデアで「천고마비」だそうですが、意味が分からなくて知らべました。「天高く馬肥ゆる秋」という秋の好時節をいう言葉と同じ意味だそうです。
  • (ん?結局何するんだろ…)
  • ルールによるとラウンドごとに2人ずつバンジージャンプをする、と。3ラウンドするので、跳ぶのは6人(重複あり)。大変だ!(楽しみだ!)
  • 「でも上がったらかっこよく跳びます」と言うジョンハンに「虚勢」とテロップが入っていたけど、ジョンハンならかっこよく跳べますね。(確信)
  • 心配そうな顔で上を見上げるミンギュが可愛い。高いところ、苦手だもんね…。気持ち、分かるよ…。
  • スンチョルとスングァンでMCするのに、スンスンでMCをするんだけど、って言い出すスングァンが可愛い。スンスンって響きも可愛い。
  • 1ROUNDは禁止語インタビューで、インタビュー中に禁止語を口にした場合バンジー当選。
  • 禁止語はメンバーで選定するんですね、なるほど。
  • バンジー回避に必死で言葉数が少なくなるミンギュが可愛い。頑張って!
  • 質問に答えるのに前と後ろを全部省略したミンギュ、賢い! 「합니다(~です)」も不安だったって、すごい読み。
  • 禁止語を決めている間、メンバーたちの会話が聞こえないようにイヤフォンをしているジュンが「Left & Right」の振付をさらりと踊っていたけど、曲が爆音でかかってるのかな?
  • ホシ、バーノン、ジュンに続々と禁止語言わせちゃうメンバーたちの読みがすごい。
  • イヤフォン半分外してるんじゃないかと疑われてるジョンハン…。分かる、昔、ヘッドフォンをずらしてたことあったもんね。
  • しっかり付けているかミンギュが確認に行く徹底っぷりには笑った。何事も本気で取り組む、それがSEVENTEEN
  • 英語で答えたり、日本語で「はい」って言ってみたり、ジョンハンの頭の回転には感服。
  • 日本語で「はい」ってテロップが入っているのにびっくりした。スタッフさん、すごいなー。
  • ジョンハンがウォヌを呼ぶのに強めに「야!」って言ったのを声色を変えて次々と真似するミンギュとウジが可愛い。
  • 開始早々に禁止語を言わされるディノが不憫だったけど、これがお兄ちゃんたちの愛。
  • 英語を話すジョシュアってどうしてこんなにチャラかっこいいんでしょうか…。
  • 「跳んでみたくないわけじゃないけどな」って上を見ながら言うジョンハンがかっこいい。
  • 禁止語を言ってしまったジョンハン、ジュン、ホシ、バーノン、ディノでバンジージャンプする人を決めるのに홍삼게임(高麗人参ゲーム)を始めたけど、「速すぎて編集できませんでした」とテロップが入れられてる通り、見ているこちらも何が何だか分からないくらい速かった…。そもそも高麗人参ゲームを知らない…。
  • 홍삼게임で負けたディノと눈치게임(こちらも飲み会ゲームのひとつ)で負けたジョンハンがバンジージャンプすることになったけど、マンション13階の高さって!(私なら無理)
  • 跳ばないのにビビってるドギョムとミンギュが可愛い。
  • いざとなると怖くなってきたジョンハンが「メンバーたち~、マジで愛してるよ!」と言ってから跳んだのがかっこよすぎた。それも両手広げるスタイルだった…。
  • 自分を励ます時に「チャナ~」って本名で呼びかけてるディノが可愛い。
  • 「兄さんたち愛してるよ!」って跳んだディノもかっこよかった。ディノも両手広げてたけど、足がバタバタしてて可愛かった。

 

EP.38 천고마비 (Bungee Jump) #2


[GOING SEVENTEEN 2020] EP.38 천고마비 (Bungee Jump) #2


  • 引き続き、バンジージャンプ回避を掛けたゲームの模様。
  • バンジージャンプした感想を聞かれ、「跳ぶというならまた跳びます、僕は」と答えるジョンハンがかっこよすぎ。
  • 2ROUNDは禁止行動で、特定ミッション遂行中に禁止行動を行ったらバンジー当選。
  • ミンギュの禁止行動を決める時、メンバーから少し離れた位置で待機していたミンギュの隣に寄り添ってあげたジョンハンのやさしさにほろり。あれだけ不安げな顔してたらほっておけないよね…。(仲良い♡)ってテロップが入れられていたから、編集スタッフさんとはエア握手。
  • ラーメンを食べるミッションに挑戦するミンギュが、開始とともにジョンハンの手を引いて連れてきて、食べさせてもらったのにはびっくりした。禁止行動を考えて考え抜いた結果がそれか!と。
  • ミンギュの麺吸引力が凄まじい。カップラーメンを3口くらいで食べきっちゃう勢い。
  • 食べさせてあげるジョンハンがミンギュのことをやさしい目で見守ってて、その尊さに全私が泣いた。
  • ミッションに成功してほっとしてるミンギュの背中をトントンしてくれたジョンハンありがとう。心がホカホカになったよ…。
  • 「야~~~!」って大声でメンバーを呼ぶジョンハンが好き。何回聞いてもクスクス笑っちゃう。
  • みかんの皮をむくミッションに挑戦するウォヌが、パーカーの袖越しでみかんを持ったのが可愛いかった。
  • 頭から上着を羽織っているジョンハンが可愛い…けど本気で寒そうだから、もっと暖かい衣装をお願いします。
  • 禁止行動をしてしまったドギョムがとても悲しそうな顔をしていて、私も悲しい気持ちに…。高いところ苦手なメンバーにご慈悲を…。
  • ジョシュアの禁止行動を見逃すまいと、身を寄せ合ってガン見してるウジとバーノンが可愛い。
  • 「こんな頭脳戦したくない!」って目をギューッと閉じながら言うウジが可愛い。
  • イヤフォンを付けるミッションに挑戦するバーノンが困惑してて可愛い。
  • 「方向かと思って」と手を左右に動かすバーノンがコミカルな動きになってて可愛いし、それをまるっと真似するスングァンも可愛い。
  • なかなか意地悪な禁止行動を設定したメンバーのことを悪魔人間と呼ぶけど、めちゃめちゃ笑顔なジュンが良き。
  • 禁止行動を決める時にいつもより饒舌になるバーノンが可愛い。こういうの考えるの好きなんだねー。
  • ジャンケンで負けたウジがパーを出した自分の手のひらを見つめて呆然としてるのが可愛い。ショックを受けてるところを悪いけど、可愛い。
  • 高いところにある看板にタッチして帰ってくるというゲームで、あっさりタッチできてしまうウォヌの身長と身体能力に私の目はハートになった…。
  • 看板の下で小競り合いするホシとドギョムが可愛すぎ。
  • バンジーを免れ、互いを労うドギョムとミンギュが可愛い。本当に怖いんだね…。
  • 「ホランヘ~」と叫びながら美しい姿勢で跳び降りるホシがかっこいい。
  • 怖すぎて笑い出すウジ、頑張れ!
  • 「ウアヘエエェェェ(ちょっと震え声)」と叫びながら跳び降りるウジ、頑張ったね!
  • 「やめてよ」とミンギュに言われて、提案をすぐに引っ込めたジョンハンの表情から察するに、こちらからは見えなかったけど恐らく必死な顔をしていたね、ミンギュ…。
  • 上へのエレベーターがガタンと動き出しただけで腰がくだけるミンギュ、どうして見物に行こうとしたの?
  • 怖がるドギョムをハグして背中トントンサスサスするジョンハンの愛の深さよ…。(尊い
  • ドギョムが跳ぶまでの緊張感がすごい…。見ているこちらまで緊張する…。
  • 20分経過しても跳べなくて謝るドギョムに対して、大丈夫~って声をかけてあげるメンバーたち…。(泣)
  • 目を閉じて跳ぶ方が怖いのでは!!!!!?????(ドギョムの頑張りに、マジ泣きした私)
  • 2回目を跳ぶディノが「今日は楽しんでいただけたでしょうか?」「次のGOINGも楽しみにしていてください~」と言い、GOING SEVENTEENのエンディングソングを歌いながら跳び降りたのがすごかった。うちのマンネは本当に出来る子!誇らしい!!!

 

EP.39 CARNIVAL


[GOING SEVENTEEN 2020] EP.39 CARNIVAL


  • 月刊11月号は、「申し訳ありません。失敗しました。」というスタッフさんからの謝罪コメントからスタート。事情があって急遽撮影したらしいということは存じてますので、大丈夫です。受け止めます。
  • タイトルのCARNIVALというのは、韓国の車の名前から取っているようで、メンバーたちが駐車されたカーニバルから降りてくるという設定で登場。
  • ホシの後頭部についていた虫に驚いて声を上げたジョシュアよりその声を聞いたミンギュの方が驚いていたのには笑った。ビビリすぎ。そして、なんてことはなく取ってあげるディエイトがかっこいい。
  • 姿が見えなくなったジョシュアがカーニバルのルーフからひょっこり出て来て、ハット被るのがかっこいいんだけど胡散臭くてとても好き。
  • 進行役のジョシュアが「언제 어떤 승관이든(いつでもどんなスングァンでも)」と言っていたけど、「スングァンでも」の後ろに「瞬間でも」とテロップが入れられていて、発音が似ているのかな?と。前に歌詞で初めて순간【スンガン】(瞬間)って単語を聴いた時にスングァン?ってなってたことを思い出した。
  • ジョシュアが流した先輩女性グループの曲に合わせて、スングァンを先頭にさらりと群舞を見せてくれるのは流石。
  • 最初のコーナーはマイムフェスティバル。それを聞いた途端にパントマイムを披露するミンギュの得意げな顔が可愛い。
  • 台本をスムーズに読めないジョシュアに「台本に人見知り中」ってテロップを付けるスタッフさんのセンスが好き。
  • トイレに行きたいけどエレベーターがなかなか来ない演技をするジョンハンが可愛い。
  • 足をクロスさせて我慢するジェスチャーをするミンギュが可愛い。
  • 「I will kill you」のテロップが入れられてるジョシュアが首元で手をひらひらさせてるのがめちゃめちゃかっこいい。そういう役でドラマに出ませんか?(言霊)
  • 無理だ、の顔をしてるジョシュアがレアで可愛い。
  • 「分量の確保が早急」ってテロップに切実さを感じた。急遽の撮影は大変ですよね…。
  • 続いてのコーナーはあいうえお作文。
  • 失敗の雰囲気を吹っ飛ばすジョシュアのあいうえお作文に、メンバーたちが盛り上がっているのがとてもいい画。
  • あいうえお作文が作れなかったら腕立て伏せだよ、と言われて困った挙句、結局腕立てするエスクプスが可愛い。
  • お題が「プレディス」だったウジが「プ?」って困惑してるのが可愛い。
  • 面白いものを作れないかも、という状況に置かれて、「ひとつも準備せずコンサートしてるみたい」とミンギュが言っていたけど、準備に準備を重ねてコンサートに挑んでるからこそ出てくる台詞だなあ、と胸がギュッと。
  • 続々と失敗して、身を寄せ合って立ち並ぶメンバーたちが可愛い。
  • ドギョムの肩に背後から顔を載せてるジョンハンが可愛い。
  • MCがクビになったことでも爆笑できるSEVENTEENが好き。
  • 次のコーナーはストレスを吹き飛ばす、日本風で言えばちゃぶ台返し
  • ちゃぶ台をひっくり返した後に、シーンってなるのやめてあげて…。つらあぁぁぁ…。
  • メンバーがプロデューサーさんに文句を言った(笑いながら)後、「謝ってきました」というテロップとともにプロデューサーさんが謝っている風の画像が差し込まれる編集が面白い。
  • 花火でテンションが上がるメンバーたちが可愛い。やっと心から楽しそうだね、良かった。
  • ハートの形の手持ち花火が可愛い。
  • メンバーを褒めるコーナーでジョンハンに向かって「練習生の時期を耐えられた理由の1つは君だよ」って言うジョシュア!!!(号泣)
  • コメントが毎回長いとつっこまれるディノが可愛い。私は、愛の深さ故長くなるのは好きよ。
  • ジュンに向かって「僕を信じてくれてありがとう」ってディエイトが言うのは熱いな…。
  • 褒められて目元でダブルピースするバーノンがめちゃめちゃ可愛い。
  • 急ごしらえのコンテンツでも十分面白かったけど、普段のGOING SEVENTEENは知恵を絞って時間をかけて、面白いコンテンツを届けてくれていたんだなあ、とメンバーにもスタッフさんにもありがたい気持ちでいっぱいに。

; [Semicolon]/SEVENTEEN

f:id:finalblue:20201007184913j:plain


2020年10月19日発売のSpecial Album ; [Semicolon]。7TH MINI ALBUM 헹가래[Heng:garæ]ではアルバムにネジが封入されていて、手に入れた人が自由にアルバムのブックレットを制作できるという試みがありましたが、今作はWeaving Kitが封入されていて、編み上げるとセミコロンがデザインされた織物が出来上がります。黙々と作業する時間で心は穏やかになりましたし、出来上がった時の達成感も味わえました。1枚のCDで聴く以外の楽しみも与えてもらえて嬉しかったです。


f:id:finalblue:20210121165216j:plain:w240
へたくそですが、良き想い出。

Track Info

  1. HOME;RUN
  2. 도레미 [Do Re Mi]
  3. HEY BUDDY
  4. 마음에 불을 지펴 [Light a Flame]
  5. AH! LOVE
  6. 겨우 [All My Love]


1.HOME;RUN
このアルバムのタイトル曲。「SEVENTEEN Right here」という歌詞だけで拳を突き上げたくなるくらいテンションが上がります。スイングジャンルをベースとしたレトロな雰囲気の中に、金管楽器の華やかな音色やジャジーなピアノが散りばめられていて、とてもお洒落な印象。そんなお洒落な楽曲の曲名が「ホームラン」だというギャップは、普段からワイワイと楽しく過ごしている彼らだからこそ生み出せるものなのかな、と。「少し休んでいこう」という慰めのメッセージも込められているとCOMMENTARY of SVT*1で語られていましたが、華やかな雰囲気から一転、「평소처럼만 하면 돼 뭐가 그리 걱정돼(いつものようにやればいいんだよ 何がそんなに心配だ)」のところで1コーラス目ではディエイトが、2コーラス目ではウォヌがディエイトより1オクターブ下でそれぞれやさしい声で歌ってくれるから、心のやわらかいところを撫でてもらえた気がしました。曲終わりの「오늘 내일 모레 매일 놀아보자 내 인생은 홈런(今日明日明後日毎日 遊んでみよう 僕の人生はホームラン)」を金管楽器のように華やかな歌声のドギョムがバシッと決めるのが本当に気持ちが良くて、何度聴いても特大ホームランを打ってもらった気持ちになれます。そして、ホームランの発音が、韓国語だと鼻音化してhomnŏnになることをこの度知って(ちなみに英語はhoumrʌ'n)、言葉の違いの面白さをあらためて感じました。


2.도레미 [Do Re Mi]
マンネlineの楽曲。COMMENTARY of SVTで楽曲紹介がありましたが、「時には楽に考えて、楽にいこう」というメッセージを音階のドレミに例えて軽快なメロディーで作ったそうで、キュートなタイトル通り、軽やかで可愛らしい雰囲気の楽曲。歌詞がドレミのところは音階もドレミ、逆もまた然りなのは遊び心と音楽的センスが上手く共存していてとてもいいなあ、と。2コーラス目のバーノンのラップは、彼の天才的なリズム感がこれでもかと言うくらい発揮されていて聴いていてとても心地がいいし、楽曲のグルーヴを変えることによって退屈させない意味でも素晴らしくて、拍手を送りたいです。ゴージャスなタイトル曲の次に来る楽曲として、そのバランスの良さも素晴らしいです。


3.HEY BUDDY
97lineの楽曲。金管楽器サクソフォンの音色が好きなので、のっけからテンションがぐいぐいと上がりました。レトロファンクというジャンルを体現するのに、3人の仲の良さから生まれるノリがいい影響を及ぼしているんだろうなあ、と。代わる代わる聴こえてくる全く違う声質の3人の声にはおもちゃ箱をひっくり返したような楽しさが感じられて、心が弾んできます。終盤、ホーンセクションが細かくリズムを刻むフレーズがめちゃめちゃかっこいいので、いつか生バンドで披露するなんていかがでしょ?と思いました。


4.마음에 불을 지펴 [Light a Flame]
96lineの楽曲。まず「心に火をつけて」という曲名にドキッとし、ボサノバをベースに大人びていてセクシーな雰囲気が感じられたことに再びドキっとしました。「비밀의 늪의 끝은 새로운 시작인 걸(秘密の沼の先は 新しい始まりなんだ)」という歌詞にもあるように、大人になった彼らが挑戦したい新しい始まりがこの楽曲で表現されている気がしました。「네 마음에 불을 지펴(君の心に火をつけて)」と二度繰り返される歌詞を1コーラス目ではウォヌからジュン、2コーラス目ではウォヌからホシと声質が大きく違うふたりがそれぞれ歌い、続く「네 마음에 불을(君の心に火を)」を1コーラス目ではウジ、2コーラス目ではジュンが1オクターブ上で歌うところは、同じ歌詞なのに受ける印象ががらりと変わるという上手いパート割だなあ、と。そして、「Amor(愛しい人)」としっとりと歌うウォヌの色っぽさには白旗を上げました。


5.AH! LOVE
95lineの楽曲。ライン別の楽曲がリリースされることを知った時に一番楽しみにしていたのがこの楽曲でした。甘い歌声のジョンハンとジョシュアに、やさしく歌うととびきり甘くなるエスクプスの歌声が加わったら、私はどれだけ溶かされるんだろう、と。いざ聴いてみたら想像を遥かに超える甘さでした。好き、大好き、どうしようもなく好き、と完全に語彙を失うほど好きな声が歌う「Ah! Love, You(愛してる)」「Ah! Love, Me(愛して)」「I love you(愛してる)」に人の形を失うくらい私は溶けました。2コーラス目のラップのような早いフレーズをジョンハンが歌っていますが、全体曲ではなかなかないパート割のような気がするし、ストレートな愛の言葉が並んでいるのは3人が作詞に参加していることが大いに影響している気がするので、ライン別の楽曲という特別な贈り物にあらためて感謝しました。


6.겨우 [All My Love]
このアルバムには「少し休みながら青春を楽しんで欲しい」という想いが込められていて、その締めを飾るのに相応しい、泣ける楽曲だなあ、という第一印象でした。「정말 미안해(本当にごめん)」に続く歌詞が「내 사랑은 겨우 이것밖에 안 돼(僕の愛はわずかこれしかない)」「그래도 내 곁에 있어 줘서 고마워(それでも僕のそばにいてくれてありがとう)」なことには本当に泣けて仕方がなくて。これ以上ないくらい愛情をもらっていると私は思っているし、彼らの細やかな気遣いのお陰でひび割れた心がじわじわと癒されていくことは一度や二度ではなくて。謝らないで、って思うから「미안해」って言葉自体はあまり好きじゃないけど、彼らの미안해はとてもやさしいから好きだなあ、とも。曲終わりの歌詞が「내 사랑이 겨우 이것밖에 안 돼도(僕の愛はわずかこれしかないけど)」「비 내리는 너의 우산이 돼 줄게(雨が降る君の傘になるよ)」「지켜줄게 너의 모든 날에(守ってあげるよ 君の全ての日で)」なことには、心が震えました。愛されている、と思わせてくれる彼らに、私の想いも届いたらいいなあと思うし、彼らが永遠に愛に包まれていてくれたらいいなあと願うばかりです。


MINI ALBUMではなく、Special Albumとしてリリースされるのはどうしてだろうと思っていましたが、彼らの強い想いと愛をたくさん感じられる今作が特別なものであることは間違いないし、様々な表情を持つ楽曲がバランスよく収録されているので、どんな感情で聴いても充足感が得られるのではないかと思います。彼らの音楽には温度があってとても好きだなあという気持ちが更新されました。

GOING SEVENTEEN 2020 EP.27~EP.33

EP.27 술래잡기 #1 (The Tag #1)


[GOING SEVENTEEN 2020] EP.27 술래잡기 #1 (The Tag #1)


  • ホラー映画のタイトルバックのような雰囲気で술래 잡기(鬼ごっこ)と表示されるから、怖いのが苦手な私はドキドキ。
  • 肝試しをする前にチーム決めをするだけで謎のハイテンションで面白いことになっているメンバーたちが愛しい。
  • 屋外での撮影が寒かったのか、ドギョムと腕をガッチリ組んで身を預けてるジョンハンがモテ女子にしか見えず…。
  • 殺人鬼の出現で咄嗟に出た言葉が「オーマイガー」なバーノンが可愛い。その後も早口になってて、新たな一面を見た気が。
  • バーノンが追いかけられて逃げ込んだ先のドアノブを壊してしまうあたり、本当に怖かったんだね…。(可愛い)(見ている方は呑気)
  • 開かなくなってしまったドアに体当たりするウジがかっこいい。ドラマを見ているよう。
  • 近寄ってきた殺人鬼に風船渡すし、殺人鬼と握手するバーノンの肝っ玉には拍手。
  • 怖すぎて抜け殻になったディノ、お疲れ様だよ…。
  • ゲームにはどんな手を使っても勝ちに行くジョンハンと冷静沈着で頭脳派なウォヌのコンビには期待MAX。
  • 全く怖がらないウォヌがかっこよすぎで、一緒に行こうと言うジョンハンがかわいすぎ。
  • 殺人鬼の悲鳴に、無言で素早く逃げるふたりの危機察知能力は今後何かに役立ちそう。(役立つかな?)
  • びっくりした時に目がまんまるにジョンハンが可愛くて大変。
  • 殺人鬼を見ても笑いながら軽やかに逃げるウォヌがすごい。一緒にお化け屋敷行きたい。(言うのはタダ)
  • 「あー、殺人鬼さん…僕たちまだ夢がたくさんあります」って話しかけるジョンハンが可愛すぎた。
  • 殺人鬼に遭遇して「なんでこっちにいるんだよ…」みたいな顔してるジョンハンが可愛い。
  • 突然歌い出して怖さを紛らわすジョンハンが可愛い。
  • (私、可愛いしか言ってない)(以下、全部語尾には可愛いを)
  • 「ピエロさ~ん」とか「殺人鬼さ~ん」と話しかけるジョンハン。
  • ピエロと同じ動きをするジョンハン。
  • 切り裂きジャックさんとだけまだ仲良くなってない」と言うジョンハンに、あ、もう他の人(人?)とは仲良くなったんだ…流石だな、と。
  • ピョンピョン飛び跳ねるジョンハン。
  • もう何が出ても怖くなくなってるから、ただの鍵探しになってるふたり。(好き)
  • 冷静に鍵を開けたウォヌと素早く走って出口まで辿り着くジョンハンがかっこよすぎた。(大好き)
  • 脱出してすぐに「ごめんなさい、そしてありがとう」って殺人鬼たちに向かって言うジョンハンすごくないですか?(誰に聞いている)
  • これからチャレンジするメンバーたちを怖がらせようと悲鳴を上げてみるも、もう脱出したことが分かっていると知らされて「あっちゃー」みたいな顔するジョンハン。
  • 居るはずのない何かを見たウォヌ…。
  • ビビりすぎてなかなか入場できないミンギュとスングァン。
  • 「ミンギュヒョ~ン、助けて~」って叫ぶスングァンの声が心細さ全開で、俺が助ける!の気持ちに。
  • 怖すぎてお顔が大変なことになっちゃってるスングァン。
  • 腰の高さの壁を飛び越えたミンギュがかっこいい。
  • とにかくよく叫び、走らされてるふたり、めちゃめちゃ体力消耗してそう。
  • 懐中電灯を口に咥えながら鍵を開けるミンギュが映画のワンシーンみたい。
  • 脱出できたふたりとハイファイブしようとしてたっぽいジョンハンがとても好きなジョンハンだし、「ご挨拶して、ご苦労だったから」って言うところも好き。気遣い素晴らしい。
  • 「僕ら思ったより面白くできなかった」と反省するミンギュ、作り手さんたちが一緒に仕事したくなる人材なんだろうなあ、と。
  • 思っていたより怖くなかったというか、可愛いとかっこいいだらけだった。

 

EP.28 술래잡기 #2 (The Tag #2)


[GOING SEVENTEEN 2020] EP.28 술래잡기 #2 (The Tag #2)


  • ひとりで肝試しに挑戦したくないドギョムが必死にルール改正しようとするのが可愛いし、묵찌빠(グーチョキパー)でひとりを免れたうれしさのあまり、チームになったディエイトの頬にチュッってするけど、ディエイトが本気で嫌がってるのが面白い。
  • 怖いからひとりで行きたくない気持ちと番組を面白くしたい気持ちから、必死さが出まくりのエスクプスとドギョムが可愛い。
  • ジョシュアって怖い時は高い声出すんだという新しい発見。
  • 「話しておきたいことがあります」と殺人鬼に語り掛けるホシが「果たせなかった夢がたくさんあります」と続けるから、あれ、この展開どこかで?と思ったけど、EP.27 술래잡기 #1で「僕たちまだ夢がたくさんあります」とジョンハンが言っていて、本当に可愛い人たちだなあ、と。
  • 殺人鬼と取引するホシが指切りまでしてることに笑ってしまった。
  • 捕まったのに逃げようとするから、結果、殺人鬼を背負う格好になっているジョシュア、たくましいね。
  • 「열쇠야(鍵さん~)」って呟きながら鍵を探すホシが可愛すぎ。
  • 再び、殺人鬼に捕まるも背負ったまま動くジョシュア、あなたはすごい!
  • 殺人鬼ふたりに挟まれ、見逃してもらおうと一発芸を始めるホシだけど、その一発芸が発売前だった「Left & Right」の音源をかけてのダンスだったから、「参考までに音源発売前」「3億」とテロップを入れられてて笑った。3億はスポ(ネタバレ)した時の罰金(冗談)だと思うけど、ネタバレしがちなホシが可愛い。
  • 終いには殺人鬼へのダンス指導が始まるの自由すぎて笑った。
  • 「Left & Right」のサビはこしょうをふりかけるように踊るんですね、了解しました。
  • スポしたことをメンバーにあれこれ言われて若干しょんぼりしてるホシが可愛い。
  • 殺人鬼に挨拶しながら軽くハグするし、「わーーー」って大声で驚かせるディエイト、流石です。
  • ジョンハンがペニーワイズのことをペキニーズ?って言ってるのが可愛すぎてひっくり返った。
  • エスクプスとドギョムが強がってるのが可愛い。
  • 殺人鬼に追い掛けられて絶叫しながら逃げるドギョムの顔が大変なことに。
  • ドギョムの叫び声が大きすぎるせいで余計にびっくりしてるエスクプスの図が面白すぎてしんどい。
  • エスクプスとドギョムがドタバタしてるのが面白くてメンバー達がめっちゃ笑ってるから幸せな気持ちに。
  • 黒ひげ危機一髪を無事にやり遂げ、胸に手を当てて首をブンブン振ってるウジが可愛い。
  • 本当におばけを見たのかも?とホシとウォヌがスタッフさんを伴っておばけを見たかもしれない場所を明るい状態で確認しに行った映像の後、暗い状態で人が座ってるような映像を一瞬流すからドキっとした。怖かったけど、肝試しの締めとしてぴったりだった。

 

EP.29 8월의 크리스마스 #1 (Christmas in August #1)


[GOING SEVENTEEN 2020] EP.29 8월의 크리스마스 #1 (Christmas in August #1)


  • コンセプトが「8月のクリスマス」ということで、サンタクロースの衣装を着ているメンバー達が可愛い。
  • メンバー達が一人ずつ部屋を選択し、その部屋のゲームを3時間プレイして特定段階をクリアしたら退勤というルールだけど、部屋の温度が30度になっているというおまけが付いていて、どんな展開になるのかワクワク。
  • いじられて若干しょんぼりしながらポツンと立っているミンギュに無茶ぶりをして、輪の中に引き入れるジョンハンのやさしさにホロリ。
  • 無茶ぶりを回避したくて鼻に指を突っ込むミンギュ…。
  • 3番部屋を選んだエスクプスが「最悪だ」と言ったゲームは「SUPER BUNNY MAN」。転がり回るうさぎを2匹を操縦して青のつむじ風にゴールインしたらクリアで、落ちたりトゲに刺されたら失敗。8段階を通過したらサンタコスチューム脱衣で、17段階を通過したら退勤というルール。
  • 寒いのは我慢できるけど暑いのは無理なドギョムと寒いのは本当に無理なジョンハン。よく一緒に行動しているふたりの意外な相違点。
  • 2番部屋を選んだウォヌが「Oh my god」と叫んだゲームは「Getting Over It」。ハンマーで動く壷マンを操縦して、石と家具などを登ればOKで、落ちたら最初から開始。悪魔の穴を通過したらサンタコスチューム脱衣で、家具が積もってるところまで登ったら退勤というルール。
  • 1番部屋を選んだジョンハンはふたりとは対照的に淡々と事を受け入れてたのが印象的。「STILT FELLA」は手足がすべて別々に動くキャラクターを操縦して、ゴールイン地点を通過したらクリアで、倒れたりどこかに触れるだけでも失敗。8段階の波を通過したらサンタコスチューム脱衣で、17段階のループトップを通過したら退勤。
  • 部屋にジョンハンがいて、歓喜の声を上げるホシが可愛い。
  • ゲームするのにめっちゃ喋るジョンハンが可愛い。
  • ゲームのキャラクターに「どうしてわざわざ苦労してるの」という素朴な疑問が口から出るドギョムの素直さ。
  • 壁に背中を預けた状態で淡々とゲームを見守っていたミンギュが「これはできるんじゃない?」と身を乗り出したタイミングで「意欲が生じたミンギュ」とテロップが入ってて、それまでちょっと退屈そうだったから、ですよねーと。
  • 成功して投げキッスしたのどうしてですかミンギュさん!(まだLEVEL3ですよ)(私たちへのサービスですか?)
  • クリアするたびに大声で喜ぶディノが可愛い。
  • お湯を出されてフゥフゥするメンバー達が可愛い。
  • ゲームしてる時に顔が無になってるジョシュアだったけど、無でも顔がよかった。
  • 何かを企むジョンハン。(大好物)
  • 白熱するジョンハンとウジに対して、のんびりお湯を飲んでるホシとスングァンの図。
  • ジョンハンのプレイを褒めて褒めて褒め倒すウジを見て、レコーディングの時もこんな感じだったとふと思い出し、褒めて伸ばすタイプ素敵だなあ、と。
  • 顔で進もうとするジョンハンが可愛すぎた。
  • 「重心をそこにしちゃダメだよジョンハナ」って自分に言うジョンハン…。自分をジョンハナ呼び…。(好き)
  • ゲームに夢中でつい口調が強くなるエスクプスが可愛い。うんうん、楽しいね、と孫を見守る祖母の気持ちに(どんな気持ち…)。
  • 失敗してミンギュの肩にコテンするエスクプスが可愛い。
  • ぐったりしてミンギュの肩にコテンしてるのも可愛い。
  • 「あああああああっ」と絶叫するウォヌに、え、そんなに叫ぶことあるんだ…と新鮮な気持ちに。
  • 慣れてきてスムーズにクリアするジョンハンがかっこいい。
  • 振付練習の時より汗をかいたとジョンハンが言っていたので、私も30度の室内でゲームしてみようかな、と。(痩せるかな)(倒れるからやめて)
  • 「ジョンハニヒョンかっこいいな」とゲームの画面を見ながらホシが言ったことに対して、実際はマウスを必死に動かしているだけだから「どこがかっこいいって言うんだよ」「かっこいいわけないだろ」とジョンハンは言ったけど、かっこよかったよ!

 

EP.30 8월의 크리스마스 #2 (Christmas in August #2)


[GOING SEVENTEEN 2020] EP.30 8월의 크리스마스 #2 (Christmas in August #2)


  • プルダックポックンミョン*1より3倍辛いラーメンを室温30度で食べさせられるの苦行すぎでは!(過保護全開)
  • 激辛麺を食べた感想が「麺を伸ばしてくれたらよかったのに」だったジョンハンさん…相当辛いの平気なんですね…。涼しい顔してるのがとてもかっこいいです!
  • 前回の二択「火」と「氷」で氷を選んだ結果、辛い麺を食べる羽目になったジョンハン達が続いての二択「甘いもの」と「爽やかなもの」であれこれ深読みする姿に笑った。
  • 出窓にて肘枕で横になりながらゲームを見守るジュンにびっくりした…。え、体痛くないの?って思ったし、ジュンが横になってもまだ余裕があるスペースの広さに。
  • 「ウォヌや、本当に希望があるよ今」って泣きそうな顔して言うジョシュアが可愛い、というかそんな顔するんだ…。必死なジョシュア可愛い。
  • はかりごとの準備して実行する時のジョンハンの顔が最高。わっるい顔してるのに、めためたに可愛い。
  • 「心にもない言葉」ってテロップが入っていたけど、「ホシや、お前がいるだけで力になるから」ってジョンハンが言ってるのは心があろうとなかろうと最高なので私は満足です。
  • ジョンハンが10段階目をクリアした時に、ウジと握手、ホシがジョンハンをバックハグ、スングァンとお互いの手首を握り合うという歓喜の雄たけび付きのしあわせな光景を見て、私も歓喜
  • 笑い転げるディノが可愛い。見ていて元気になる。
  • ゲームが得意ではないディノに向かって全力指導するヒョン達がなかなかの鬼っぷり。
  • 甘いホットチョコレートを飲み干さないとゲームを再開できないと言われ、一気飲み×3杯するジュンの男気に感動してたら、そんなに熱くないとドギョムが言うからずっこけた。
  • 片膝立てて、そこに肘をついてホットチョコレートを飲むジョンハンがかっこよすぎた…。お酒もそうやって飲むんでしょ…と妄想したらかっこよすぎて無理だった。
  • 退勤が決まって、輪になって喜ぶエスクプス、ミンギュ、ディエイト、バーノン、ディノが可愛すぎた。
  • ジュン、ウォヌ、ドギョムが身を寄せ合って寝転がっている姿に、宿舎でもこんな感じですか…可愛すぎではありませんか?と。
  • ウォヌとドギョムが頭をくっつけ合いながら眠そうにしてるのが可愛くてどうしようかと。
  • ウジによる「됐어(よし!)」の連呼が面白すぎた。必死。
  • ゲームをしながら「リラ~ックス!」って叫ぶジョンハンの肩をそっと触るウジがとても良いウジ。
  • 頑張りすぎて肩凝りがしんどそうなジョンハンを助けてください!(過保護発動)
  • ゴール手前でバランスを後ろに崩しそうになったキャラクターを前に傾けたくて、前のめりになるジョンハンとウジが可愛い。
  • やっとの思いでゴールしてひっくり返ったジョンハン、お疲れ様。
  • ジョシュア、もしかして寝てる?(多分、目を細めてるだけだとは思うけど)
  • ゴール手前でバランスが崩れそうになった瞬間、「ジョンハニヒョン!」って叫ぶホシとスングァンのシンクロ具合がすごかった。
  • ゲームをひとレベルクリアしてこんなに力強くガッツポーズをする人いる?というくらい力が入っていたウジが可愛い。
  • 眠そうなジュンが目を閉じた。(撮影中だけどおやすみ~)
  • 2番部屋でのんびりしていたスングァンが呼ばれてバタバタと部屋に戻っていく姿が面白可愛かった。
  • 画面の中の壷マンとシンクロするように動くドギョムに爆笑。
  • 終わりが見えなくておかしなテンションになる2番部屋の面々。(頑張って!)
  • 見ているこちらもめちゃめちゃ力が入って肩凝るかと思ったけど、ゲームに熱中するメンバーたちが可愛かったし楽しそうで何より。

 

EP.31 MOUSEBUSTERS #1


[GOING SEVENTEEN 2020] EP.31 MOUSEBUSTERS #1


  • 今年年男を迎えた96lineのメンバーがねずみに、他のメンバーがねずみバスターズに扮して可愛い追撃戦を繰り広げるとのことで、番組の説明だけで十分可愛い。
  • 個人紹介シーンでのジョンハンの水鉄砲を連射する仕草が可愛すぎ。
  • ジョンハンのコードネームはMR.쌤쌤(セームセーム)だったけど、何だろう…。
  • バスターズが横並びで歩くのがかっこいいし、水鉄砲を構えるのはかっこ可愛い。
  • ソウル市民が2ヶ月間食べられる量の食料がネズミ被害にあっているというリアルニュースを元に、マウスバスターズを行う設定。
  • 対象のネズミ紹介で、「体力が桁外れ」と表記されるジュンの逃げっぷりに期待。
  • ディエイトがアドリブをスルーされて「ちょっと聞いてよ!」とちょいオコしたら、「何て言った?聞こえなかった」とすぐフォローに入るジョンハンが好き。「우쭈쭈(子どもをあやす時に使う言葉)」ってテロップ入れてくださるスタッフさんも好き。
  • ブリーフィングをしている間中ジョンハンが寒そうなので、何とかして欲しい。(過保護の人格が秒で出る)
  • ネズミたちの特殊能力は、「バスターズ全員本部召喚(最大3回)」「ケージ内のネズミ1匹、遠距離から救出(最大3回)」「ケージ内のネズミ全員と脱獄(最大1回)」。
  • 積極的に会話に加わるディエイトをメンバーたちが褒め、褒められたディエイトがニコニコしてるのがとてもいい雰囲気。愛。
  • ネズミはカラー水鉄砲を使ってネズミの腹を全て染めると捕獲でき、制限時間2時間ですべてのネズミを捕獲時バスターズの勝利、1匹でも残ったらネズミの勝利。制限時間残り15分からは脱出、救助不可というルール。
  • コードネームを決めるアイデアを出す時、ディエイトに「Mr.怠け者」っていきなりディスられるジョンハン。
  • 結局、MR.쌤쌤(セームセーム)の意味は私には分からず…。カンコクゴ、ムツカシイネ…。
  • 自分のコードネームを「松ぼっくり?」って言うバーノンが可愛すぎたし、可愛すぎるからダメだと速攻却下するメンバーたち、あなたたちも可愛いよ…。
  • ディノのコードネーム「ジレット(電気シェーバーネタを永遠に引っ張るSEVENTEENが愛しい)」もディエイトの「ティータイム」も笑ったけど、スングァンの「トーマス(機関車トーマスの画像付き)」で爆笑した。よく例えに上がるアンパンマンも今回のトーマスも可愛いけど、スングァンはかっこいいんだぞ!
  • パソコンを操作する役割を担っていたミンギュがあまりアップにならないので油断してると、たまにアップになってあまりのかっこ良さにギャッ!!!っとなるので油断してはいけません(ミンギュのふわふわパーマが大好物な私へ自戒を込めて)。
  • 追撃開始早々、ドローンを操るスタッフさんとジョンハンとミンギュが頭を寄せ合って映像を見ているのが可愛い。のっけからドローン映像で位置確認していいとなると、これはネズミさんたち大変だっ!
  • カメラを見ながら話しつつ探索するジョンハンが、目の端にネズミを捉えた瞬間に「ネズミだ!」と走り出す瞬発力がかっこよかったけど、叫び声がめちゃめちゃに可愛いので見ている私は大忙し。
  • 挑発するウォヌがかっこよすぎて無理。(好き)
  • あっという間に追っ手を撒くウォヌがかっこよすぎて無理。(大好き)
  • ドローンの映像が効果的で、ドラマや映画の逃走劇を見ている気持ちに。
  • ディノが予想した通り、「こんなところに?」って場所に隠れてるホシが可愛い。ずっとそこにいるの?寂しくない?って思ってたら、案の定寂しがってて可愛かった。
  • ネズミを見つけた瞬間、ただでさえ魅力的な瞳にキュッと力が入るバーノンの目力に私が捕獲された…。
  • ミンギュが声をかけたら小走りで寄ってきたジョンハンに対して、「召喚されたよ、走るな」ってジョンハンの体力を気遣うミンギュ、やさしいね…。
  • 特殊能力を決めてる時のネズミさんたちがわちゃわちゃと本当に楽しそうで、同学年って最高だな!と。

 

EP.32 MOUSEBUSTERS #2


[GOING SEVENTEEN 2020] EP.32 MOUSEBUSTERS #2


  • 作戦を練ったり提案する時のジョンハンがいつものふんわりとした雰囲気を完全に消し去っていてかっこいいのなんのって。
  • 作戦会議が白熱している中、水鉄砲に黙々と水を入れるドギョムとバーノンだったり、捕まえる担当に指名されたエスクプスだったり、いつでも役割分担が自然とできるSEVENTEENが好き。
  • 明らかに疲れているウォヌ。(頑張れ!!!)
  • 倉庫の中にある結構な高さの荷物の上に乗るウジがすごい。
  • 歌いながら捜索するジョンハンの声が素敵。
  • 「今度こんな撮影あったらドローン買ってくる」というミンギュの発想が流石。ミンギュだったら面白い画を撮ってくれそう。
  • プロデューサーを水鉄砲で脅す(お願いする)ジョンハンの悪い顔がとてもいいし、真似て水鉄砲を構えるジョシュアとドギョムも良き。
  • ヒントを貰ってからのミンギュの機動力にマジ惚れた…。
  • 隠れてるウォヌを見つけたジョシュアとそのウォヌをガッチリ捕まえたエスクプス、グッジョブ。
  • 謝りながら水鉄砲を打ち続けるの、やさしいね(やさしいのか?)。
  • 結構疲れてるのにヒントを貰うと走ってしまうジョンハンが好き。本当に負けず嫌いだね…。
  • 荷物の上に軽々と登っていくディエイトの身のこなしがすごい。忍者みたい。
  • 「ホシは寝てんのか?」という予想にぴったりの画(大きな欠伸)を提供しちゃうホシはすごい。
  • バスターズの気配を感じたウジの表情が可愛い。
  • 高いところが苦手なミンギュ、可愛い。
  • 冷静に状況を把握して、自分のすべきことを決められるディエイトがかっこよすぎ。
  • ジュンが95lineに追い詰められていくところでめちゃくちゃドキドキした。
  • ウォヌに捕まったら10分間本部待機になるという特殊能力が発動された瞬間、すぐ逃げたミンギュの体力に拍手したし、休憩する名分ができたと喜ぶ95line+ドギョムには笑った。うん、疲れたね…。
  • 捕まってるウォヌの背後から水鉄砲攻撃するジョンハンとジョシュアの悪ガキ感、私は好き。

 

EP.33 MOUSEBUSTERS #3


[GOING SEVENTEEN 2020] EP.33 MOUSEBUSTERS #3


  • 荷物の上で肘枕をついて横になりながら休憩するジュンの姿に、体力があるジュンでもこの姿になるほどハードな撮影をありがとうねの気持ちに。お陰でこちらはめちゃめちゃ楽しい気持ちだよ。
  • 1時間半も同じ場所に隠れてたホシの根気がすごい。
  • 10分間本部待機の特殊能力の効果が既になくなっていることを知らずに、何気なく本部に近寄ったホシが速攻で捕まるのには笑った。折角1時間半も隠れていたのに…。
  • 手桶に溜めた水をホシに向かって一気にかけたミンギュがいい仕事したねーと思ったけど、ホシを捕まえていたエスクプスの顔にも被害が及んでいたのには笑った。
  • 「싫어~(嫌だ~)」の言い方も可愛いし、腹這いになって足をバタつかせるのもめちゃめちゃに可愛いジュン。
  • 腹這いになっているせいでジュンに手出しができなくて困っているスングァンに向かって「顔にかけろよ」と言ってのける天使の顔をした悪魔ユンジョンハン…。
  • ジュンが攻撃されている近くを平然を通り過ぎるウォヌがかっこよかった。バスターズの面々がジュンに集中するあまり、ウォヌに全く気が付かないのが子供みたいで可愛かった。
  • フェイクの終了アナウンスを入れるという策が閃くミンギュ、こういうゲームに向いてるなあと感心。
  • 罰ゲームを全員に受けてもらうのは大変だということで、4人を選抜するためにホシが突然静止ポーズを取り、咄嗟にそれを真似するバスターズの俊敏さに笑ったし、二度目、三度目のポーズも素早く決める流れには笑いが止まらなかった。こんな時まで静止ポーズが綺麗に揃うSEVENTEENが愛しすぎた。
  • ゲームを決める掛け声の時の動きが可愛い。
  • 次のゲームを何にするか聞かれてすぐには出て来ないウォヌが頭抱えてたり、勝者なのに罰ゲーム組のところまで連れていかれちゃうのが可愛いかった。
  • 学校に行くとゲーム(前の人が言った単語を覚えて、新しい単語を付け加えて次の人に回すゲーム)でリズムに乗ってるジョンハンがめちゃめちゃ可愛い。
  • 次のゲームを振られたウジが「パー出したら負け!じゃんけんぽん」と突然じゃんけんの掛け声をするのは上手いなあ~と。油断大敵。
  • 罰ゲームを受けることになったエスクプス、ドギョム、ミンギュ、スングァンから4人を1人に絞ってもいいか提案があり、オレンジゲーム(掛け声に合わせてジェスチャーでオレンジを作り、隣の人にそのオレンジを渡し、渡された人は前の人より大きなオレンジを作っていくゲーム)をすることになったけど、面白すぎて腹筋崩壊。踊れる人たちはジェスチャーもダイナミック。
  • 側転し始めるスングァンに笑いまくった。側転が綺麗なのは流石!
  • お笑いにも全力なSEVENTEENが大好きだ!!!!!
  • 負けが決まった瞬間に粉をかけられたドギョム、お疲れ様だよ~。
  • 粉まみれの顔がどうなってるかドギョムに聞かれたウォヌが「かっこいいよ。トシオみたい」って言ってたけど、トシオ(呪怨の登場人物)知ってるんだ…。
  • 完全に真っ白になった人を久々に見た…というか今や世界的スターが粉かぶることに驚いたけど、それがSEVENTEENの素敵なところだと再確認。何事にも全力。
  • ホシが隠れながらこれからどうしようか葛藤しているところで、画面を左右に分けてホシが向かい合う映像になったけど、音声が左右から聞こえてきて驚いた。編集が細かい。スタッフさん達もお疲れ様です~。

*1:とても辛い汁なし麺

anan No.2223


バックカバーはこちら。
f:id:finalblue:20201225161514j:plain


予告動画はこちら。

SEVENTEENがanan2223号(10/28発売)に登場!


本誌6ページのミンギュ、視線を落としているカットが天才でカメラ目線のカットも天才。語彙を無くしてアホな感想しか出て来ないくらい撃ち抜かれました。そして、ミンギュに胸筋が見えるほど胸元が開いたニットを着せてくださったスタイリストさんにはお歳暮を送りたい…と。どうしてその体勢になったのか分からないけど、若干前屈みになることによって鎖骨が強調されていて、そう言えば今までミンギュの鎖骨に注目したことはなかったな…という気づきをもらいました。


10ページから11ページにかけてのジョンハンが、正面を向いているカットではジャケットを普通に羽織っているのに、横を向いているカットでは襟抜き気味で羽織っていて、それ、大好物です!と。(お歳暮はどちらへ送ったら?)


「また会える日は来ます、絶対に。だから心配しないで。世界が元通りになったら、僕がすぐに駆けつけますから。」というバーノンのメッセージには涙腺が歪みました。そして、メンバーへのメッセージでは「これからも13人でやっていこう。」と。欲しい言葉をたくさんくれてありがとう。そして、ジョンハンが「これからも、全てにおいて誠実に、一生懸命やっていこう。いつも通り、今みたいに。」というメッセージを送っていましたが、「誠実」という言葉にはグッと来ました。彼らの誠実さ、真面目さにいつも感動をもらっていますが、常に心掛けているからこそ成せることなんだな、と。


付属のポスターでは、前に立っているメンバーの肩辺りに顔を預けるようにして密着して並んでいる図が可愛いのに、表情が真剣なので顔面強っ!!!と圧倒されました。目の保養でした。


10月30日には、日本-韓国リモート撮影の様子がananwebにて紹介されました。


ananweb.jp


いつも素晴らしいクオリティで彼らの姿を届けてくださるananがSEVENTEENのスタッフと時間をかけて相談し、韓国のディレクションチーム、日本のコーディネイトチームが組むことにより完全リモート撮影をやってみる、という挑戦をしてくれたことに感謝でした。リモート撮影がどれほど大変なものなのか私には想像すらできなかったのですが、「たくさんの方たちのご協力を得てできた企画です。本当にみなさん、どうもありがとうございました。」という文面から、ananのスタッフさんのご苦労が伺い知れた気がしました。


それと、1冊につき1枚付いてくる数量限定のB5判カードのことを「かなり強力なビジュアルカードだと自負しています!」と紹介しているのにはクスっと笑わせてもらいました。気合が入った宣伝、私は好きです。引きがそんなに強くはない私ですが、今回は6人で写っている1枚を引けたので嬉しかったです。


11月2日には、本誌とは別にオリジナルの内容でインタビューと画像がananwebにて紹介されました。


ananweb.jp


「飼いたいペットは?」との質問に、「犬、猫、うさぎ、モルモット」とジョンハンが答えていましたが、メンバーに犬っぽい人も猫っぽい人もうさぎっぽい人もモルモット(というよりはハムスター)っぽい人もいるし、なるほど、可愛い生き物が好きなんですね…と。「僕は自分のことで手一杯なので……」と答えたホシにはキュンっと。ミンギュは「ドーベルマンやグレイハウンドのような大型犬です。一緒に散歩をしたり、抱いて寝たりしたい。」と答えていて、大型犬(人です)が大型犬を連れて歩く図は壮観だし、抱いて寝ている図はめちゃめちゃ可愛いと思うので、次はそういう設定での撮影はいかがでしょうかという気持ちに。猫が飼いたいバーノンが「ツンデレな行動にも僕が合わせますよ(笑)。」と言っているのにはドキドキ。かっこよすぎます。動物がちょっと苦手だというディノがおうち時間が増えたことをきっかけにかすみ草やストレリチアを育てて癒しを得ているのは素敵だなあ、と。


ジョンハンがインタビューが始まる前に日本のスタッフの健康を気遣う言葉をかけたというエピソードに、ああ、そういうところ大好きだ!と。ゴルフを始める予定のミンギュに日本のゴルフ場の話をしたら、「日本に行ったら、公演もして、ゴルフもして……ああ! 本当に早く行きたいです!」と目を輝かせていたという様子と実家で飼っているという3匹の愛犬の動画と写真を見せながらデレデレ声で話す姿はまるで親バカのようだったという様子は、すぐ目に浮かびました。ミンギュは本当に可愛い人だなあ、とあらためて。ドギョムは、日本にツアーに行くたびジョンハンと夜の散歩をしていたのが癒やしの時間になっていたそうで、また早く日本に行ってコンサートがしたい、そして夜の散歩と日本のラーメンが恋しいです、と切実な表情で語っていたとのエピソードにはほっこりしました。切実さが伝わってきました。


「状況がよくなったらすぐにまた日本に行って、コンサートをして、いろんな楽しいことをまたCARATのみなさんと共有したいと思っているので、少しだけ待っていてくださいね。」とジョンハンが言ってくれているので、いい子にして待ちます。


ジョンハンが頬杖ついてる写真もミンギュと向き合っている写真もドギョムとの写真も最高だったので是非ご覧になっていただきたく!!!
https://img.ananweb.jp/2020/10/14092140/5-0949_H-copy.jpg
https://img.ananweb.jp/2020/10/14092456/9-1413_H-copy.jpg
https://img.ananweb.jp/2020/10/14093304/7-1266_H-copy.jpg


6人からの日本語メッセージはこちら。

SEVENTEENがananwebに登場! 日本語コメントに愛があふれる!


「ねて待てば、晴れる日は来ます!」というメッセージがとても沁みますね…。


撮影メイキングはこちら。

SEVENTEENがananwebに登場! 撮影のメイキングはこちらから!


座っているジョンハンが立っているミンギュを見上げているシーンがとても好きで、もうちょっと尺を、尺をください!!!(強欲)


難しい状況下でのリモート撮影をやり遂げてくれたメンバーとanan編集部の皆さんにはありがたい気持ちでいっぱいになりました。寂しい気持ちを埋めてくれる1冊になりました。世の状況が変わったら、また思い通りの誌面製作が出来ますように。ご縁がありますように。