transparency(仮)

すきなひとすきなことすきなときすきにかく

 迷子の仔猫ちゃん


今回の上京目的は、ENDLICHERIのライブだったけれど、それと同じくらい楽しみにしていたのが、ぷしたん*1とのデート。デートというか、「病んだワタシを癒すぷしたんは大変!会」でした。


Aの人の一件後、「髪切ったる!」と思いながらも、失恋して切るのと同じみたいで悔しいし、そう言えば、会見が終わって立ち去る後ろ姿がやけに素敵で、「あ、くるくるしてる!」というのが強烈に残っていて、だから単純なワタシは「くるくる」にしてもらった・・・と言うのが長すぎる前置き。念願叶って「くるくる」になったワタシは、その晩、37度後半の熱を出してみる*2。明け方には、38度後半に上昇してみたりして、「やっべー、明日行けねぇー。」と焦り、人間気合いで何とかなるか?にチャレンジする羽目に。諸事情で解熱剤は怖くて飲めない人間の悲しい性。


「愛情と友情はワタシを救う」の法則に基づき、3時間で37度台に下げた執念には自分で驚いたけど、「逢いたい」と「会いたい」気持ちって力を生むんだなーとあらためて。だって、年内最後の愛の交換会とAを想おう会は絶対にスルー出来ないでしょ。


空港まで来て頂いたり、地元のお土産頂いたり、布教活動に乗っかって頂いたり*3、お布施を収めて頂いたり*4、もうとにかくとてつもない至れり尽くせり状態ですよ。うっかりしそうになるじゃないですか! やさしくされると泣きそうになるのです。


ワタシの文章の変化を何となく感じて下さっているとのことで、それもね、本当に嬉しいお言葉でした。弱小ブログなので、ブログの感想を頂く機会が少なかったりするもので、結構不安と言うか、手探りのままだらだらと書き続けている今日この頃だったりもしたので。姿勢は変わっていないのに、相手に伝わる何かが変わったというのなら、それはきっと、ここに書かない部分の何かに変化が生まれた結果だと思われる訳で。あまり体温が感じられないブログですが、一応書き手は生きてますからー。


それと、すっかり書くタイミングを失っていた「右脳左脳占い*5」の結果を書きます!なんて宣言したので書いてみますが、「さう女」でした。「姉御」だとか「師匠」として慕われることはないですし、めいっぱい人見知りするので、その辺はちょっと違うなぁと思いますが、それ以外は結構当たっていたりするので、侮れないですね。ところで、「うう女」のイラストを見て、うぷぷって笑っちゃいました。ごめんなさい。


迷子の仔猫ちゃんって言うと失礼かもしれないけど、携帯から聞こえてくる困った声と横断歩道の向こう側で携帯を操作している姿があまりにもかわいらしくて、そして、光った携帯を彼女に向かってブンブンと振ってしまった自分の俺的要素が面白すぎて、「俺と仔猫ちゃん」の構図がすっかり出来上がってしまった罠。ほんわりと、あったかいハートで包まれてしまって、何だかね、嬉しくてね、ジーンとしちゃって。迷ってくれてアリガトウって、おかしなお礼のいい方かもしれないけれど。


次回は、お帰りなさいの会だったらいいですね、とお別れしたんだけど、本当にそうであったらいい。言霊言霊。悲観的思想の元に、胸にチクリとくるようなことを言ってしまったかもしれませんが、根本的な気持ちは一緒ですよ。Aの人を全力で愛でています。素敵な繋がりをくれたこと、感謝してもしきれないし。


あなたが仰る「 好きの形は人それぞれ。」とは、本当に素晴らしい言葉だと思います。そんなあなたが大好きです、と照れ屋なのでここから告白!

*1:http://d.hatena.ne.jp/lady_killer/

*2:恐らく、3回も髪を洗われてしまった所為

*3:ENDLICHERIのCDを受け取って頂きました

*4:パンは美味しかったですか?

*5:http://www.nimaigai.com/howto.html