transparency(仮)

すきなひとすきなことすきなときすきにかく

 KAT-TUN LIVE TOUR 2010 6/6 2部


間違った参加の仕方をしたと自覚はしています。


耳が覚えている音を要求してしまうので、いない人のパートを自分で補填するという「俺コン」状態でした。頭では判っていたんですけどね・・・。という訳で、「Pump it!」とかLove yourselfのソロ部分とか、CDとアレンジを変えていたところは全く聴いて来なかったんですね。各担当者には申し訳なく。KAT-TUNはみんな好きだけど、その中でもAの人がやっぱり過剰に好きなんだな、と気が付いてちょっと困っちゃったりして。全員が固まっている時は見る方向に困らなかったけれど、外周回り始めた途端、どこを見たらいいのか判らなくなってしまって、天井見たりしてました(いつもはひとりロックオンで野鳥の会状態です)。いい勉強になりました。そして、愛想を振りまくことが少しだけ苦手な人がいないだけで、こんなにもかわいらしいグループになるんだなーと驚きました。もちろんカッコイイ!と思った瞬間もあったんですけど、主に「かわいいなー。」ってニヤニヤしていました。ワタシの見方が違うだけなのかもしれないんですけど、いつも過剰に期待して打ちのめされることが多かったので、今回はとても楽しくほんわかした気持ちで参加することが出来ました。それは幸せなことなんでしょうけど、ワタシはやっぱりガツンと頭殴られるようなコンサートに参加したいので、早く出張から帰って来て欲しいと思った次第です。欲を言えば、こちらまで飛んで来て頂けると有難いな、と我が儘も呟いておきます。ま、要するにAの人に逢いたいぞ!ってことです。


本命がいないのにあんなに素敵な座席を用意して頂けたというのは、まだまだ離さないぜ!ということなんだとお友達に言われたので、まだまだ離れないわよ!という気持ちで、次の何かを期待したいと思います。