transparency

すきなひとすきなことすきなときすきにかく

SEVENTEENデビュー4周年 2019/5/26

f:id:finalblue:20190526024603j:plain


3周年を迎えて早々にリリースされたJAPAN 1ST MINI ALBUM「WE MAKE YOU」を皮切りに、5TH MINI ALBUM「YOU MAKE MY DAY」、6TH MINI ALBUM「YOU MADE MY DAWN」と1年でたくさんの楽曲を届けてくれただけでもありがたいのに、デビューショーケース、2018 SEVENTEEN CONCERT 'IDEAL CUT' IN JAPAN、SEVENTEEN 2019 JAPAN TOUR 'HARU'と日本での公演を21本も行ってくれ、更にはハイタッチ会、ファンミーティング、握手会、サイン会とファンとの交流の機会もたくさん設けてくれた1年。この1年、応援しつつも幸せな気持ちをたくさんもらいました。


彼らが突き進んできた4年間は、こちらでは計り知れないほどの努力の積み重ねとCARATへの愛に溢れる時間があったと思います。やさしくて真面目で謙虚。そんな彼らのことが大好きです。


私が望む以上のパフォーマンスを見せてくれる彼らに届けたい言葉は、ご飯をたくさん食べて、出来る限り眠って、病気も怪我もせず、心穏やかに活動を続けられますように、ということだけです。


そして、彼らが誇れるCARATのひとりでありたい、そう思っています。


4周年おめでとう。新しい1年、少しでも多くの夢が叶うことを祈っています。

【学習記録】Getting Closer/SEVENTEEN《歌詞・発音・和訳》

歌詞はCD付属のブックレット参照、発音は正確ではないので参考までに、和訳は意訳が全く出来ない上に、独学初心者故の間違いがたくさんあると思いますので、こっそりと教えていただけたら嬉しいです。この学びが身に付くかどうかは分かりませんが、身に付いてくれたらいいなあと思いつつ。1箇所、どうしても訳しきれなかったところがあり、とても心残りですが引き続き学習します。


Getting Closer / SEVENTEEN

BRRRRRR

내 머릿속을 파고들어 더 더 더
구석구석 파헤치고 달리면서 부딪혀 (부딪혀)
정신 차려 조심조심
이러다 이러다 Falling down down

BRRRRRR


ネ モリッッソグル パゴドゥロ ト ト ト
クソックソク パヘチゴ タルリミョンソ プディチョ(プディチョ)
チョンシン チャリョ チョシムジョシム
イロダ イロダ Falling down down

僕の頭の中を深く入り込んでもっともっともっと
くまなく明らかにして走りながらぶっつけられて(ぶっつけられて)
精神用意用心用心
こうするこうする Falling down down


Down down 떨어져
음소거 아우성
Can’t get out out
(붐붐붐붐붐붐붐붐붐)
Paralyze paralyze me
I cannot cannot do anything
내 어둠 속 Sinking Sinking 더 깊이
내 어둠 속 Sinking Sinking 더 깊이

Down down ットロジョ
ウムソゴ アウソン
Can’t get out out
(プムプムプムプムプムプムプムプムプム)
Paralyze paralyze me
I cannot cannot do anything
ネ オドゥム ソク Sinking Sinking ト キピ
ネ オドゥム ソク Sinking Sinking ト キピ

Down down 落ちて
ミュート わめき
Can’t get out out
(ブームブームブームブームブームブームブームブームブーム)
Paralyze paralyze me
I cannot cannot do anything
僕の闇 中 Sinking Sinking もっと深く
僕の闇 中 Sinking Sinking もっと深く


BRRR 더 너에게만
빠르게 빠르게 Automatic (Ah)
Um Ah 너의 맘을
두리번 두리번 두리번거려
Oh Oh
내 맘이 아파도

BRRR ト ノエゲマン
ッパルゲ ッパルゲ Automatic (Ah)
Um Ah ノウィ マムル
トゥリボン トゥリボン トゥリボンゴリョ
Oh Oh
ネ マミ アパド

BRRR もっと君にだけ
早く早く Automatic (Ah)
Um Ah  君の心を
きょろきょろきょろきょろきょろきょろ見回して
Oh Oh
僕の心が痛くても


내 맘이 커져 가네 가네
Come in to my 머리
속으로 오길 원해 원해
너는 없단 말로 계속 날 멈추네

ネ マミ コジョ カネ カネ
Come in to my モリ
ソグロ オギル ウォネ ウォネ
ノヌン オプタン マルロ キェソク ナル モムチュネ

僕の心が大きくなっていくんだ いくんだ
Come in to my 頭
中に来ることを望む 望む
君はいないという言葉でずっと僕を止めるんだ


숨이 차게 숨이 차게
숨이 차게 너를 원해
이 춤이 너를 Getting closer
숨이 차게 너를 원해
원해

スミチャゲ スミチャゲ
スミチャゲ ノルル ウォネ
イ チュミ ノルル Getting closer
スミチャゲ ノルル ウォネ
ウォネ

息が切れるように 息が切れるように
息が切れるように 君を望む
この踊りが君を Getting closer
息が切れるように 君を望む
望む


넌 내 맘 하나 몰라
이런 내 맘 아나 몰라
너는 나의 唯一無二
왠지 모르게 내게 어색해
나는 너를 정말 미워하기 싫은데

ノン ネ マム ハナ モルラ
イロン ネ マム アナ モルラ
ノヌン ナウィ ユイルムイ
ウェンジ モルゲ ネゲ オセケ
ナヌン ノルル チョンマル ミウォハギ シルンデ

君は僕の心ひとつ分からない
このような僕の心分かるか分からない
君は僕の唯一無二
何故だか知らないうちに僕にぎこちない
僕は君を本当に嫌いたくないのに


들이켜 들이켜 깊숙이 더
머릿속이 핑 Uh
뒤집 뒤집히고 어질러진 기억
(붐붐붐붐붐붐붐붐붐)
안에서 계속 난 제자릴 뛰어
이때쯤 다시 또 들이켜 쉬어
짙어진 향 미쳐버려 주체 못 해
너의 향기 몸이 반응해 또

トゥリキョ トゥリキョ キプッスギ ト
モリッッソギ ピン Uh
ツィジプ ツィジプピゴ オジルロジン キオク
(プムプムプムプムプムプムプムプムプム)
アネソ キェソク ナン チェジャリル ッツィオ
イッテッチュム タシ ット トゥリキョ スィオ
トジン ヒャン ミチョボリョ チュチェ モッ ヘ
ノウィ ヒャンギ モミ パヌンヘ ット

引き寄せて引き寄せて深くもっと
頭の中がくるっと Uh
裏返しひっくり返って散らかった記憶
(ブームブームブームブームブームブームブームブームブーム)
中からずっと僕はもとの場所に走って
この頃もう一度また引き寄せて休んで
濃くなった香り 狂ってしまって処理することができない
君の香り体が反応して また


BRRR 더 너에게만
빠르게 빠르게 Automatic (Ah)
Um Ah 너의 맘을
두리번 두리번 두리번거려
Oh Oh
내 맘이 아파도

BRRR ト ノエゲマン
ッパルゲ ッパルゲ Automatic (Ah)
Um Ah ノウィ マムル
トゥリボン トゥリボン トゥリボンゴリョ
Oh Oh
ネ マミ アパド

BRRR もっと君にだけ
早く早く Automatic (Ah)
Um Ah  君の心を
きょろきょろきょろきょろきょろきょろ見回して
Oh Oh
僕の心が痛くても


내 맘이 커져 가네 가네
Come in to my 머리
속으로 오길 원해 원해
너는 없단 말로 계속 날 멈추네

ネ マミ コジョ カネ カネ
Come in to my モリ
ソグロ オギル ウォネ ウォネ
ノヌン オプタン マルロ キェソク ナル モムチュネ

僕の心が大きくなっていくんだ いくんだ
Come in to my 頭
中に来ることを望む 望む
君はいないという言葉でずっと僕を止めるんだ


숨이 차게 숨이 차게
숨이 차게 너를 원해
이 춤이 너를 Getting closer
숨이 차게 너를 원해
원해

スミチャゲ スミチャゲ
スミチャゲ ノルル ウォネ
イ チュミ ノルル Getting closer
スミチャゲ ノルル ウォネ
ウォネ

息が切れるように 息が切れるように
息が切れるように 君を望む
この踊りが君を Getting closer
息が切れるように 君を望む
望む


마음이 지고 또다시 피는
그 말은 내게
Wuh
내 맘을 잠시 덮는다
어떤 답을 기대했나

マウミ チゴ ットダシ ピヌン
ク マルン ネゲ
Wuh
ネ マムル チャムシ トムヌンダ
オットン タブル キデヘンナ

心が散ってまた咲いてる
その言葉は僕に
Wuh
僕の心はしばらく閉じる
どんな答えを期待したのか


Somebody Shine Me Light
Nobody Feel Me Nah
내 친구들 어디야
Yeh Yeh Yeh Yeh

Somebody Shine Me Light
Nobody Feel Me Nah
ネ チングドゥル オディヤ
Yeh Yeh Yeh Yeh

Somebody Shine Me Light
Nobody Feel Me Nah
僕の友人たちどこだ
Yeh Yeh Yeh Yeh


Somebody Shine Me Light
Nobody Feel Me Nah
내 친구들 어디야
Yeh Yeh Yeh Yeh

Somebody Shine Me Light
Nobody Feel Me Nah
ネ チングドゥル オディヤ
Yeh Yeh Yeh Yeh

Somebody Shine Me Light
Nobody Feel Me Nah
僕の友人たちどこだ
Yeh Yeh Yeh Yeh


숨이 차게 숨이 차게
숨이 차게 너를 원해
이 춤이 너를 Getting closer
숨이 차게 너를 원해
원해

スミチャゲ スミチャゲ
スミチャゲ ノルル ウォネ
イ チュミ ノルル Getting closer
スミチャゲ ノルル ウォネ
ウォネ

息が切れるように 息が切れるように
息が切れるように 君を望む
この踊りが君を Getting closer
息が切れるように 君を望む
望む

ミュージックバンク #965の日本での放送につけられていた和訳で正確な訳を把握しました


頭の中に入り込む更に更に
隅々暴き回りながらぶつかる(ぶつかる)
気を引き締めろ気を付けろ
そのうちそのうち Falling down down


Down Down 落ちる
ミュート わめき
Can't get out out
Boom boom boom
Paralyze paralyze me
I cannot cannot do anything
僕の闇の中 Sinking Sinking 更に深く
僕の闇の中 Sinking Sinking 更に深く


BRRR 更に君にだけ
速く速く Automatic
Um Ah 君の心を
キョロキョロ見回す
Oh Oh
心が苦しくても


気持ちが膨らんでく
Come in to my 頭
奥に来てほしい
君はいないという言葉でずっと僕を止める


息が上がるほど息が上がるほど
息が上がるほど君が欲しい
この踊りが君を Getting closer
息が上がるほど君が欲しい
欲しい


君が僕の気持ち何一つ知らない
こんな僕の気持ち知ってるだろうか
君は僕の唯一無二
何となく僕によそよそしい
僕は君を本当に憎みたくないのに


吸い込む もっと深く
頭の奥がクラッ Uh
覆って覆って乱れた記憶
Boom boom boom
その中でずっと僕は同じ場所を Run
この辺でまた吸い込んでは吐く
濃くなった香り イカれて手に負えない
君の香り体が反応するまた


BRRR 更に君にだけ
速く速く Automatic
Um Ah 君の心を
キョロキョロ見回す
Oh Oh
心が苦しくても


気持ちが膨らんでく
Come in to my 頭
奥に来てほしい
君はいないという言葉でずっと僕を止める


息が上がるほど息が上がるほど
息が上がるほど君が欲しい
この踊りが君を Getting closer
息が上がるほど君が欲しい
欲しい


気持ちが散り再び咲く
その言葉は僕に
僕の心をしばし覆う
どんな答えを期待してた?


Somebody shine me light
Nobody feel me nah
仲間はどこ
Yeh Yeh Yeh Yeh


Somebody shine me light
Nobody feel me nah
仲間はどこ
Yeh Yeh Yeh Yeh


息が上がるほど息が上がるほど
息が上がるほど君が欲しい
この踊りが君を Getting closer
息が上がるほど君が欲しい
欲しい

単語 発音 意味 備考
私の、僕の、おれの ※나+의=나의→내
머릿속 モリッッソッ 頭の中、脳裏  
ウル ~を  
파고들어 パゴドゥロ 深く入り込んで 파고들다【パゴドゥルダ】(深く入り込む、染みこむ、食い込む、潜り込む)+어【オ】(~し、~して)※連用形
もっと、より、さらに、いっそう  
구석구석 クソックソク 隅々、くまなく  
파헤치고 パヘチゴ 明らかにして 파헤치다【パヘチダ】(取り出す、暴く、掘返す、掘返す、明らかにする)+고【コ】(~して、~で)
달리면서 タルリミョンソ 走りながら 달리다【タルリダ】(走る)+면서【ミョンソ】(~ながら、~でありながら、~しつつ、~のに、~するくせに)
부딪혀 プディチョ ぶっつけられて 부딪히다【プディチダ】(ぶっつけられる、突き当てられる、反発に遭う)+어【オ】(~し、~して)※連用形、부딪히다の語幹は다の前の母音がㅣなので어と結合してㅕに変化
정신 チョンシン 精神 、心、意識、気力 、魂  
차려 チャリョ 用意 차리다【チャリダ】(用意する、整える、準備する、構える、設立する)+어【オ】(~し、~して)※連用形、차리다の語幹は다の前の母音がㅣなので어と結合してㅕに変化
조심 チョシム 用心  
이러다 イロダ こうする、このようにする 이리하다の略
떨어져 ットロジョ 落ちて 떨어지다【ットロジダ】(落ちる、品切れになる、尽きる、下がる、命令や判決などが下る)+어【オ】(~し、~して)※連用形、떨어지다の語幹は다の前の母音がㅣなので어と結合してㅕに変化
음소거 ウムソゴ ミュート  
아우성 アウソン わめき  
プム ブーム  
어둠 オドゥム 闇、暗闇  
ソク 中、胃、胸、奥  
깊이 キピ 深さ、深く  
君、お前  
에게 エゲ ~に  
マン さえ、のみ、だけ、しか、ばかり  
빠르게 ッパルゲ 早く 빠르다【パルダ】(速い、早い)+게【ゲ】(〜く、〜に、〜ように)※連用形
ウィ  
マム 心、気持ち  
두리번 トゥリボン きょろきょろ  
두리번거려 トゥリボンゴリョ きょろきょろ見回して 두리번거리다【トゥリボンゴリダ】(きょろきょろ見回す、きょろきょろする)+어【オ】(~し、~して)※連用形、두리번거리다の語幹は다の前の母音がㅣなので어と結合してㅕに変化
~が、~は  
아파도 アパド 痛くても 아프다【アプダ】(痛い、具合が悪い、具合悪い)+아도【アド】(~しても、~くても、~にも)※아프다の語幹は다の前の母音がㅡなので脱落し、そのひとつ前の母音がㅏなのでㅍ+아で파になる
커져 コジョ 大きくなって 커지다【コジダ】(大きくなる)+어【オ】(~し、~して)※連用形、커지다の語幹は다の前の母音がㅣなので어と結合してㅕに変化
가네 カネ いくんだ 가다【カダ】(行く)+네【ネ】(~だ) ※네は叙述(〜する、〜だ)、独白(~だ)、詠嘆(~ね)などを意味する終止形語尾
머리 モリ 頭、髪、頭脳  
속으로 ソグロ 中に 속【ソク】(中、胃、胸、奥)+으로【ウロ】(~へ、で、に、として)※속は「心」「頭」などの感情や、「空気」「雨」など目に見えない抽象的な事柄に使われる
오길 オギル 来ることを 오기를【オギルル】(来ることを)の縮約形 ※오다【オダ】(来る、降る)+기【キ】(~こと)+를【ルル】(~を) ※기は動詞や形容詞を名詞化
원해 ウォネ 望む 원하다【ウォナダ】(願う、望む)のパンマル表現
너는 ノヌン 君は 너【ノ】(君、お前)+는【ヌン】(~は)
없단 オプタン いないという 없다【オプタ】(ない、いない)+다고 하는【タゴ ハヌン】(~だと言う)※하는は하다の連体形 ※다고 하는の縮約形다는がさらに縮約して단になる
말로 マルロ 言葉で 말【マル】(言葉、話)+로【ロ】(~へ、~で、~に、~として)※ㄹで終わる名詞なので으로ではなく로がつく
계속 キェソク ずっと、継続  
ナル 僕を 나를の縮約形
멈추네 モムチュネ 止めるんだ 멈추다【モムチュダ】(止まる、泊まる)+네【ネ】(~だ) ※네は叙述(〜する、〜だ)、独白(~だ)、詠嘆(~ね)などを意味する終止形語尾
숨이 차게 スミ チャゲ 息が切れるほど 숨이 차다【スミチャダ】(息が切れる、息があがる)+게【ゲ】(〜く、〜に、〜ように)
너를 ノルル 君を 너【ノ】(君)+를【ルル】(~を)
この  
춤이 チュミ 踊りが 춤【チュム】(踊り)+이【イ】(~が)
ノン 君は 너는の縮約形
하나 ハナ ひとつ  
몰라 モルラ 分からない 모르다【モルダ】(知らない、分からない)のパンマル表現
이런 イロン このような  
아나 アナ 知っているか 알다【アルダ】(知る、分かる)+나요【ナヨ】(~か)のパンマル表現 ※알다の語幹はㄹで、後ろにㄴで始まる活用語が来るとㄹが脱落する
나의 ナウィ 僕の 나【ナ】(僕)+의【ウィ】(の)
왠지 ウェンジ 何故だか、なんだか、何となく、どうも  
모르게 モルゲ 知らず、知らないうちに、思わず  
내게 ネゲ 僕に 나에게の縮約形
어색해 オセケ ぎこちない 어색하다【オセッカダ】(ぎこちない、不自然だ、気まずい、言葉が詰まる)のパンマル表現
나는 ナヌン 僕は  
정말 チョンマル 本当に 정말は名詞であるが、정말로の略として副詞としてもよく使われる
미워하기 싫은데 ミウォハギ シルンデ 嫌いたくないのに 미워하다【ミウォハダ】(憎む、嫌う)+기 싫다【ギ シルタ】(~したくない)+은데【ウンデ】(~けれども、~ですが、~のに、~が、~なんですけど)
들이켜 トゥリキョ 引き寄せて 들이키다【トゥリキダ】(飲み込む、飲み干す、引っ込ます、引っ込める、引き寄せる)+어【オ】(~て)※들이키다の語幹は다の前の母音がㅣなので어と結合してㅕに変化 ※連用形
깊숙이 キプッスギ 深々と、奥深く、深く  
머릿속이 モリッッソギ 頭の中が 머릿속【モリッッソッ】(頭の中)+이【イ】(~が)
ピン くるっと、ぐらりと、くらっと  
뒤집 ツィジプ 裏返し Google翻訳にかけたところ"裏返し"と表示、他の辞書では上手く翻訳されなかったので単語の作りが分からず。表記が近い動詞は뒤집다【ツィジプッタ】(裏返す、ひっくり返す、逆にする、覆す) ※ラップ詞なので後に来る뒤집히고の前半部分"뒤집"を繰り返してリズムを強調しているのかとも推測
뒤집히고 ツィジプピゴ ひっくり返って 뒤집히다【ツィジピダ】(転覆する、ひっくり返る、でんぐり返る、大騒ぎになる)+고【コ】(~して、~で)
어질러진 オジルロジン 散らかる 어질러지다【オジロジダ】(散らかる)+ㄴ【ン】(~た)※過去連体形
기억 キオク 記憶  
안에서 アネソ 中から 안【アン】(中、内)+에서【エソ】(~で、~から) ※ある空間の内側という意味
ナン 僕は 나는の縮約形
제자릴 チェジャリル もとの場所に 제자리【チェチャリ】(もとの場所、自分の位置、もとの位置)+를【ルル】(~に、~へ)※移動を意味する動詞を使う場合は를が行き先を表すこともある ※를が短縮しパッチムとして名詞についている
뛰어 ッツィオ 走って 뛰다【ティダ】(走る)+어【オ】(~し、~して)※連用形
이때쯤 イッテッチュム この頃 이때【イッテ】(この時)+쯤【チュム】(ぐらい、ごろ)
다시 タシ もう一度、また、再び  
ット また  
쉬어 スィオ 休んで 쉬다【スィダ】(休む、休みになる)+어【オ】(~て)
짙어진 トジン 濃くなった 짙다【チッタ】(濃い)+어지다【オジダ】(~くなる、~になる)+ㄴ【ン】(~た)※過去連体形
ヒャン 香、香り  
미쳐버려 ミチョボリョ 狂ってしまって 미치다【ミチダ】(狂う、気が狂う、変になる、おかしくなる )+어 버리다【ボリダ】(~してしまう)+어【オ】(~て)※미치다、버리다の語幹は다の前の母音がㅣなので어と結合してㅕに変化 ※連用形
주체 チュチェ 面倒なことを処理すること  
못 해 モッ ヘ できない 못【モッ】(できない、不可能で)+해【ヘ】(해요【ヘヨ】(~します)のパンマル表現)
향기 ヒャンギ 香り、香気  
몸이 モミ 体が 몸【モム】(体、身体)+이【イ】(~が)
반응해 パヌンヘ 反応して 반응【パヌン】(反応、手応え)+해【ヘ】(~して)※連用形
마음이 マウミ 心が 마음【マウム】(心、気持ち)+이【イ】(~が)
지고 チゴ 散って 지다【チダ】(散る、暮れる)+고【コ】(~して、~で)
또다시 ットダシ 再び、また、またもや  
피는 ピヌン 咲いてる 피다【ピダ】(咲く)+는【ヌン】()※現在連体形
その  
말은 マルン 話は 말【マル】(言葉、話)+은【ウン】(~は)
잠시 チャムシ しばらく  
덮는다 トムヌンダ 閉じる 덮다【トプタ】(かける、覆う、閉じる)+는다【ヌンダ】(~する)※現在終止形
어떤 オットン どんな、ある、何らかの  
답을 タブル 答えを 답【タプ】(答え、返事)+을【ウル】(~を)
기대했나 キデヘンナ 期待したのか 기대【キデ】(期待、楽しみ)+했다【ヘッタ】(~した)+나【ナ】(~のか)※는가の縮約形
친구들 チングドゥル 友人たち 친구【チング】(友達、友人)+들【トゥル】(~たち、~ら)
어디야 オディヤ どこだ 어디【オディ】(どこ)+야【ヤ】(~だ)



[M/V] SEVENTEEN(세븐틴) - 숨이 차 (Getting Closer)

SEVENTEEN 2019 JAPAN TOUR 'HARU' ライブ・ビューイング 4/27

4月2日から始まったツアーの最終公演をライブ・ビューイングにて鑑賞してきました。



見たいシーンがたくさん見られたし、実際にコンサートに入った時より余裕をもって楽しめたのでライブ・ビューイングはいいなあと思いました。

SETLIST

  1. CALL CALL CALL!
  2. 박수 [CLAP]
  3. Good to Me
  4. Crazy in Love
  5. ROCK
  6. Check In
  7. What’s Good
  8. HIGHLIGHT -Japanese ver.-
  9. MOONWALKER
  10. 바람개비 [Pinwheel]
  11. 나에게로 와 [Come to me]
  12. 지금 널 찾아가고 있어 [Run to You]
  13. 울고 싶지 않아 [Don’t Wanna Cry]
  14. 모자를 눌러쓰고 [Without You]
  15. 빠른 걸음 [Fast Pace]
  16. Home
  17. 고맙다 [THANKS]
  18. 어쩌나 [Oh My!] -Japanese ver.-
  19. 아주 NICE [VERY NICE]
  20. 아낀다 [Adore U]
  21. 숨이 차 [Getting Closer]
  22. 우리의 새벽은 낮보다 뜨겁다 [Our dawn is hotter than day]
  23. BEAUTIFUL
  24. Holiday


メモを取りながら鑑賞したので少しは記憶に残っているかと思いましたが、どこがどういう風に良かったのかを書いていなかったので、記憶をいいようにねつ造している可能性があるような気もします。でも未来の自分のために記録しておきます。主語がないのはジョンハンのことを言っています。

  • 「CLAP」の冒頭「박수!【パクス!】」って言うところが「拍手!」と日本語で言っていたような気が(空耳の可能性大)。指ハートにハート撃ち抜かれる。
  • 「CARATの天使ジョンハンです」という自己紹介がめちゃくちゃに可愛い。
  • 最初のMCでジョンハン越しに見えたミンギュの顔がストライクゾーンど真ん中。
  • その日のジョンハンのコンセプトはセクシーだとの発言があったけれど、普段からセクシーなのにそれを超えてくるのか大丈夫か私、と思ったり。
  • 指キッス。(と書いてあったけれど、何のことでしょう)
  • ミンギュに髪を直してもらういつも通りの光景。
  • 腰に手をあててるとこ!(って書いてあったけれど、どこに興奮したのでしょう)
  • 「Good to Me」の上半身の動きがエロエロのエロでここで一度灰に。
  • 「Crazy in Love」のサビで体をくねらせながら回転する振付がいつも以上にくねりが強くエロエロのエロエロで以下略。
  • 「ROCK」で上半身を波打たせる振付が美しくて心の中で数えきれない程「綺麗」と呟く。
  • 「Pinwheel」の歌詞の一部分が日本語だったことに胸を打たれる。
  • 「Run to You」冒頭のジョンハンとジョシュアのラブラブっぷりに会場全体が悲鳴。「보고 싶어(会いたい)」の部分を「だいすき」と歌ったウジは天才。
  • 薄ピンクの衣装を着ている時、長く垂らされているベルト部分が踊るたびにふわりと舞うのが好き。
  • 焼き焼きソング(「たーこー焼きー、たこ焼きー、焼きー、焼きー、たこ焼きー♪」などと面白おかしくメンバーが歌う)で聞こえてきたジョンハンの低音ボイスがレアだし面白くてしんどい。
  • 「Adore U」でウォヌのお尻触ってるし、ラストでおんぶしてもらってるのが可愛くてほっこり。
  • 「Oh My!」での満面の笑顔にこちらもつられて笑顔に。
  • 「U.S.A.」に入る前の「踊ってくれる?」がとんでもない破壊力。「泣きそう~」のあたりがえげつない可愛らしさ。
  • ロッコに乗っている時、片方の鎖骨が丸見えでその美しさにこの日何度目かの灰に。
  • 最後の挨拶でジョンハンの口から「ライブ・ビューイング」という言葉が聞けてジーンとなる。口に出して言ってもらえると嬉しさ倍増。途中、話そうとしていたことがとんでしまって謝りながらも最後まで全て日本語で話そうとする意地みたいなものを感じて心が震えた。
  • コンサートの期間中日本語で話すようにしていたから韓国語がぎこちなくなっていると話してくれたミンギュの努力に心からの拍手を。
  • エスクプスが「泣かないで」って言う方がよっぽど泣ける。
  • 何度も繰り返される「Holiday」に、途中からまだやるの?って表情になっていた疲労困憊のジョンハン、ペットボトルの水をかけ合うターンになった途端に復活して超楽しそうに駆けずり回っていたのがジョンハンらしくてほっこりしたし、いつまでもイタズラっ子でいて欲しいと思った。
  • スングァンに激しく水をかけられてびしょ濡れになったミンギュの色っぽさに唖然としていたのに、頭をブンブンと振って水気を飛ばしていた姿は大型わんこにしか見えなくて混乱。


ここから時系列がバラバラになります。

  • 集合写真撮影のちょっと前、ジョンハンとジョシュアが手を繋いでいたのを見て「!!!!!!!!!」となった。
  • ドギョムの肩に肘を置いていた時のジョンハンの舌ペロ。(舌ペロ大好物なので瀕死)
  • ディノがメンバーに質問したり声をかけるタイミングが絶妙で「マンネ天才!」と何度も思う瞬間があった。
  • ジョンハンの声が分かりやすくて、画面に映っていなくても発言が分かるのが嬉しかった。
  • ジョンハンとスングァンがピンクのTシャツで濃紺ジーンズの裾を折り返すというお揃いっぽい着こなしをしてたのが可愛かった。
  • ピアノの弾き真似をするところで壊れたおもちゃみたいな動きをするジョンハンの茶目っ気。(好き)
  • メンバーが手を繋いで円になりくるくると回るところで、ジョンハンとミンギュが隣同士なのは、ミンギュ熱がぐいぐい上がっている私にとってはありがたすぎる瞬間。コンサートに入った日もお隣さんだったことを思い出し、神の啓示かと。


f:id:finalblue:20190427122545j:plain


ペンライトが入ると知り、手に入れてみたライブ・ビューイングオリジナルデザインのミニトートバッグ。可愛い。普段使いしたいけれど、分かる人には分かることがちょっぴり恥ずかしい世代なので果たして。


画面越しではあったけれど、同じ時間を共有出来たことがとても嬉しかったし、画面越しでも彼らのかっこよさ可愛らしさ楽しさやさしさ、全部が伝わってきて幸せばかりをもらった時間でした。会場に入る前は寒くて震える程だったけれど、更に気温が下がっているはずの帰り道、ほっこりほかほかだなあと感じたことは今でもしっかり覚えています。彼らが届けてくれたあたたかいHARUに感謝です。

SEVENTEEN 2019 JAPAN TOUR 'HARU' 4/19

記憶が全然残っていないので、未来の自分へ向けてのふわっとした感想です。



見えづらいことを覚悟して参加した幕張メッセ国際展示場9-11ホールでのコンサートでしたが、センターステージへの距離は思っていたよりも近く、何回かはメンバーの表情が肉眼で確認出来たので、チケットの神様には感謝ばかりでした。

SETLIST

  1. CALL CALL CALL!
  2. 박수 [CLAP]
  3. Good to Me
  4. Crazy in Love
  5. ROCK
  6. Check In
  7. What’s Good
  8. HIGHLIGHT -Japanese ver.-
  9. MOONWALKER
  10. 바람개비 [Pinwheel]
  11. 나에게로 와 [Come to me]
  12. 지금 널 찾아가고 있어 [Run to You]
  13. 울고 싶지 않아[Don’t Wanna Cry]
  14. 모자를 눌러쓰고 [Without You]
  15. 빠른 걸음[Fast Pace]
  16. Home
  17. 고맙다 [THANKS]
  18. 어쩌나 [Oh My!] -Japanese ver.-
  19. 아주 NICE [VERY NICE]
  20. 아낀다 [Adore U]
  21. 숨이 차[Getting Closer]
  22. 우리의 새벽은 낮보다 뜨겁다 [Our dawn is hotter than day]
  23. BEAUTIFUL
  24. Holiday


セットリストを見てもほぼほぼ記憶が戻ってこないので、頭真っ白になるほど楽しんだんだなあと思います。もうちょっと覚えていて欲しかったよ、あの日の私。


以下、呟きを貼っておきます。



コンサートの感想として真っ先に思い浮かんだことを呟いたのですが、「Holiday」の時にミンギュが何度も視界に入って来て、楽しいを体全部で表していたのが忘れられない光景でした。顔がいい、というのは神から与えられた才能のひとつだと思っていますが、顔がいいだけで心をまるっと持っていかれる訳ではなく、感情がありのまま表情に表れ、美しい肉体が躍動する様にこちらの楽しいがどんどん膨らんでいくのを感じました。周りを楽しいの渦に巻き込める能力が備わっていて、素晴らしい存在だなとあらためて。



ネタバレをほとんど見ないでコンサートに入ったので、「U.S.A.」が始まるまでの流れがポカーンだったのですが、曲が始まった瞬間にジョンハンが踊ると分かり「ヤバイ」と思わず口にしてしまいました。日本公演のためだけに準備されるパフォーマンスが嬉しいし、その選抜メンバーにジョンハンが入っていたことも嬉しかったです。そして、本編最後に「Getting Closer」の前奏がかかった瞬間に叫びました。体力的にきつい時間帯に体力を滅茶苦茶に使う曲を持ってくるチャレンジ精神、そして自分たちのかっこいい姿を見せようとする気概が最高の最高です。



一度は生で見たかった「ROCK」のサビにおける上半身をうねらせるダンスが見られて感無量でした。「Good to Me」のサビもしなやかでした。ジョンハンは関節が柔らかそうな印象なのですが、そこが活かされた美しい動きでした。



確か少し押して始まり、終演が21時50分だったので、3時間15分前後の公演時間だったと思いますが、ほとんど座る時間がないので見ている方も体力がいるなあ、と。見ている間は楽しくて疲れは全然感じないのですが、パンプスを履いていた足が半端ではない痛みを訴えてきたので、履いていく靴は考えましょう私、と思ったり。「Holiday」の時にジャンプを促され、ジャンプしているように見えるよう上下に動き続けていたのが足への負担になったかとは思いますが、出来るだけ演者の気持ちに応えることが観客の役目のひとつだと思っているので、大袈裟に言えば名誉の負傷のようなものだと。彼らのことを思い出せば痛みも喜びに変わりました。


オープニングからの5曲がとても好きな曲ばかりで、なんて私得なんだ!と思いつつ、早々に灰になりかけました。「Pinwheel」でのウジのピアノ伴奏、踊るボーカルチームがいつかは見たいという願いを叶えてくれる「Come to me」、曲が始まる前のVCRで泣きそうになってしまった「Don’t Wanna Cry」、薄ピンクのスーツの時に長く垂らされたベルトがひらひらと舞っていてとても美しかったり、「VERY NICE」での投げキッスの破壊力、トロッコの装飾がハートになっていて可愛いし、ジョンハンが乗っていたトロッコに夢中になり過ぎて曲の記憶が全く残らなかったり、「Holiday」でメンバーが手を繋いで円を描きくるくる回る姿が可愛いのかたまりだったり。そして、好きな曲程頭が真っ白になりがちなので、かっこ良かった!!!という雑な感想しか出て来ないのが残念過ぎるのですが、ありがたいことに6月23日にWOWOWで放送されるのでそれを楽しみに待ちたいと思います。


何回かは肉眼でメンバーの表情が見られた距離感も嬉しかったのですが、スタンドから美しい群舞を見たいという気持ちも芽生えてしまったので、次の機会があるならばスタンド席がある会場でコンサートに参加出来たらなあと贅沢なことを思ってしまいました。


余談ですが、今回ようやくペンライトを手に入れることが出来たのですが(前回参加時は事前販売に間に合わなかった上に会場販売も売り切れ)、思っていたより大きいし、ちょっといいお酒が入っていてもおかしくなさそうなしっかりとした箱に入っているので、初めて購入される方はエコバッグなどをお持ちになることをお勧めしたいです。参考にはならないかもしれませんが、サイズ感を感じていただくためにCDと一緒に撮影してみました。
f:id:finalblue:20190426150907j:plain


以前のコンサートでペンライトケースが発売された時、それいる?と正直思っていましたが(ごめんなさい)、実際に肩から掛けている方を見かけて、便利そうだし、何よりとても可愛いかったので再販されたら手に入れたいなあと思いました。
f:id:finalblue:20190426152304j:plain



普段、感情を押し込めることが多く、冷静でいようと努めている私が、感情を抑えきれなくなり、体の中から解放されていく感触が怖くもあり気持ち良くもありました。様々な理由で遠征が簡単ではない私にとって、彼らのコンサートに参加する機会は多くはないのですが、少しの無理をすることによってたくさんの幸せをもらえるので、出来る限りついて行きたいと思いました。


他界隈で出会ったお友達と数年ぶりに一緒にコンサートに入ったのがとても嬉しくて楽しかったし、開演前にはCARATさんにご挨拶させていただく機会にも恵まれ、コンサートそのものだけではなく他の楽しみも与えてくれるSEVENTEENがよりいっそう好きになりました。


たくさんの幸せをくれてありがとう。日本に来てくれてありがとう。大好き。

YOU MADE MY DAWN/SEVENTEEN

1月21日発売の6TH MINI ALBUM「YOU MADE MY DAWN」。タイトル曲が「Home」と名付けられていることもあり、冬に届けられるアルバムからどのような温もりを感じさせてもらえるのか期待が高まりました。


f:id:finalblue:20190215213646j:plain
f:id:finalblue:20190110143853j:plain



3バージョンのうち、「BEFORE DAWN VER.」を手に入れてみました。品のある金髪、背景と同じような色に見える瞳と白い肌、半開きの口元、そして頬杖。全てが美しくて完璧でハートを根こそぎ持っていかれました。

Track Info

  1. Good to me
  2. Home
  3. 포옹[Hug]
  4. 칠리[Chilli]
  5. Shhh
  6. 숨이 차[Getting Closer]


1.Good to me
冒頭に流れるやわらかな鍵盤音が曲中繰り返し使われているのが心地よくて印象的。演奏がシンプルなので、そこに加えられるコーラスがとても華やかに聴こえるし、その技術力に感動します。大人数グループだからこそ出来る細かなパート割がとてもよく活かされていて、波のように押し寄せるひとりひとりの声と小気味よく刻まれる打楽器音が絶妙に絡まって、ただただ唸らせられました。楽曲から感じる色気が個人的にはとても好きです。


2.Home
このアルバムのタイトル曲。マリンバのようなやわらかくてまるい音から始まるので、冷えた体に暖かさが沁み込むような印象を受けました。そこへ続くジョンハンの歌い出しがやさしさを溶け込ませ、続いて、落ち着いたジョシュアの声が深みを与えてくれるので、「Home」というタイトルに相応しい楽曲だと感じました。同じフレーズでもオクターブ違いで歌っているところは、メンバーの個性を活かしつつ楽曲の雰囲気を変えてくれるので、とてもいいアレンジだと思いました。男性が歌うにはとてもキーが高いところもありますが、苦労を感じさせることのないテクニックを披露してくれるのは流石です。


3.포옹[Hug]
ボーカルチームの楽曲。ボーカルとアコースティックギターとコーラスのみで形成される美しい世界は、タイトルどうり聴いていると抱擁されているかのようなやさしさが詰まっているように感じました。努めてやわらかい声を選び、丁寧に音と言葉を刻んでいくところが本当に好きだなあ、と。特に、「미안하지 마(謝らないで)걱정하지 마(心配しないで)무서워하지 마(恐れないで)이젠 울지 마(もう泣かないで)」に強い想いを感じて、心が揺さぶられました。


4.칠리[Chilli]
ヒップホップチームの楽曲。ゴリゴリのラップを歌っている時とやさしい声色で歌っている時のギャップがヒップホップチームの魅力のひとつだと考えていますが、この楽曲での彼らの甘めの声にはうっとりしますし聴き惚れます。歌詞内に散りばめられた「chilly(肌寒い)」「chillin’(冷やす)」「breathin’(呼吸する)」「입김【イプキム】(息)」「team(チーム)」など、韻を踏んでいる言葉の数々には面白さを感じました。最初に曲名を知った時は「칠리」とは?と思いましたが、唐辛子のチリと知ってからは、言葉の響きがとても似ている「Chilli」と「chilly」が意味においては対極にあるような印象を受けることにも面白さを感じました。歌詞としてはブックレットには載っていませんが曲の冒頭で「Ay Ya Ya」と歌っていて「Good to me」に出てくる歌詞と同じだったり、「더 더 덜【ト ト トル】」が「숨이 차」に出てくる歌詞「더 더 더【ト ト ト】」に近かったりと、私が気が付いていないだけで、様々な仕掛けのようなものがまだあるのではないかと思ってしまいます。


5.Shhh
パフォーマンスチームの楽曲。グループが3つのユニットに分かれていることもあり、彼らのことをよく知らない方にはパフォーマンスチームはダンスが得意なグループと思われているかと思いますが、歌も上手いし、ラップも上手いし、歌詞も書いているし、と多才なチームの実力をこの楽曲で存分に感じてもらいたい!と思いました。囁き声での「Whisper Whisper」、高音域が美しい「진심은 영원히 소중해서(真心は永遠に大切で)」「나의 마음을 나의 마음을(僕の心を 僕の心を)」、ブレイク部分での「Shhh」、口笛、サビに入る前の力強い「Turn up」だったりと、通常の歌唱やラップの他に細かく緩急が付けられたテクニックが盛り込まれているので、聴いていてとても楽しいです。そして、体が自然と動きます。


6.숨이 차[Getting Closer]
少ない音を重ねてじわじわと始まったと思いきや「BRRRRRR」という叫びで一気にダークな雰囲気になり、ミンギュのハスキーな声が聴こえてくることによってその雰囲気がいっそう深まるという流れが素晴らしいと思いました。打楽器の音だけではなく「붐붐붐붐붐붐붐붐붐」と同じ言葉を刻むことによってリズム感を出したり、低音を抜くことによって声の響きを強調させたり、エフェクトをかけた少々不穏な印象の声を使うといったアレンジに唸り、突き抜けてくる高音で痺れ、オクターブ以上離れた音でのハモりの美しさに心を奪われました。イヤホンで聴いてみたら左右に音が振ってある箇所があることに気が付いたりして、様々な環境で聴き比べる面白さも感じさせてもらいました。


色気溢れる楽曲、暖かさを存分に感じさせてくれる楽曲、世の中の全てのやさしさを詰め込んだような楽曲、体の緊張をほどいてくれるような心地いい楽曲、体が自然とリズムを刻む楽曲、洗練された音に切れ味鋭い声を乗せてくる楽曲が一度に届き、テクニックもさることながら、CARATに想いを届けたいという情熱が伝わってきた気がしました。アルバムをリリースすればいつもこちらの予想を超えてくる、そんな印象を持っているのですが、今回も軽やかに超えてきてくれました。どんどん好きが積もるという幸せを感じられる一枚です。

【学習記録】Good to Me/SEVENTEEN《歌詞・発音・和訳》

歌詞はCD付属のブックレット参照、発音は正確ではないので参考までに、和訳は独学初心者故の間違いがたくさんあると思いますので、こっそりと教えていただけたら嬉しいです。いつか、正確に訳した上で美しい日本語になるよう意訳が出来るようになるのが目標です。


Good to Me / SEVENTEEN

한 번쯤 그런 적 있잖아
눈만 봐도 다 알 수가 있는
뭘 어쩌나 싶다가도
이 감정을 알고 싶은걸

ハン ポンッチュム クロン チョク イッチャナ
ヌンマン プァド タ アル スガ インヌン
ムォル オッチョナ シプッタガド
イ カムジョンウル アルゴ シプンゴル

一回くらいそのようなことがあるじゃない
目だけ見てもすべて知ることができている
何をどうしてかしたいながらも
この感情を知りたいことが


걸을 때 By my side
꽉 잡은 손도 놓치고 싶지가 않아
설레는 기분은 다 너라서 매우 좋아 다
내가 뭘 바라야 하니(Honey),
내 맘은 이미 충분히
너로 너로 꽉 꽉 차 있네

コルル ッテ By my side
ックァク チャブン ソンド ノッチゴ シップチガ アナ
ソルレヌン キブヌン タ ノラソ メウ チョア タ
ネガ ムォル パラヤ ハニ(Honey),
ネ マムン イミ チュンブニ
ノロ ノロ ックァク ックァク チャ インネ

歩く時 By my side
ぎゅっと掴んだ手も逃したくはない
ときめく気持ちは すべて 君だからとても好きだ すべて
僕が何を願わなくてはならないの(Honey),
僕の気持ちはすでに十分に
君で君でぎゅっとぎゅっといっぱいになっているんだ


This feels so right
너만 있으면 다 모든 게 좋아

This feels so right
ノマン イッスミョン タ モドゥン ケ チョア

This feels so right
君だけいればすべて あらゆることが好きだ


넌 나에게 쉴 새 없이
꿀 떨어지는 Damage야
철없이 아플 거야 난
아야 아야 아야

ノン ナエゲ スィル セ オプシ
ックル ットロジヌン Damageヤ
チョロプシ アプル コヤ ナン
アヤ アヤ アヤ

君は僕に休む暇なく
蜜落ちるDamageだよ
分別がなく痛いだろう僕は
痛い痛い痛い


Cuz u, you're my everything
우린 알맞아(Ah Yeh)
Cuz u, you're my everyday
너도 알잖아
난 네가 필요해,넌 내가 필요해
Cuz u, you already know
Everything is you you

Good to me Good to me Ay Ya Ya
Good to me Good to me Ay Ya Ya
Good to me Good to me Ay Ya Ya
Ay Ya Ya Good to me

Cuz u, you're my everything
ウリン アルマジャ(Ah Yeh)
Cuz u, you're my everyday
ノド アルジャナ
ナン ネガ ピリョヘ,ノン ネガ ピリョヘ
Cuz u, you already know
Everything is you you


Good to me Good to me Ay Ya Ya
Good to me Good to me Ay Ya Ya
Good to me Good to me Ay Ya Ya
Ay Ya Ya Good to me

Cuz u, you're my everything
僕たちはふさわしい(Ah Yeh)
Cuz u, you're my everyday
君も分かってるじゃない
僕は君が必要で、君は僕が必要で
Cuz u, you already know
Everything is you you


Good to me Good to me Ay Ya Ya
Good to me Good to me Ay Ya Ya
Good to me Good to me Ay Ya Ya
Ay Ya Ya Good to me


Yeah 네가 내 맘에 Sign하는 사이에
나의 방화벽이 무너져 버린 지 오래
Password는 Pass 넌 대체
나에 대해 뭘 잘 알길래
내 속마음 모두 너에게 보이는지

Yeah ネガ メ マメ Signハヌン サイエ
ナウィ パンファビョギ ムノジョ ボリン チ オレ
Passwordヌン Pass ノン テチェ
ナエ テヘ ムォル チャル アルギルレ
ネ ソンマウム モドゥ ノエゲ ポイヌンジ

Yeah 君が僕の気持ちに Signする間に
僕の防火壁が崩れてしまってから長い間
PasswordはPass 君はいったい
僕について何をよく分かるので
僕の本心すべて君に見えるのだろうか


걸을 때 By my side
꽉 잡은 손도 놓치고 싶지가 않아
설레는 기분은 다 너라서 매우 좋아 다
내가 뭘 바라야 하니(Honey),
내 맘은 이미 충분히
너로 너로 꽉 꽉 차 있네

コルル ッテ By my side
ックァク チャブン ソンド ノッチゴ シップチガ アナ
ソルレヌン キブヌン タ ノラソ メウ チョア タ
ネガ ムォル パラヤ ハニ(Honey),
ネ マムン イミ チュンブニ
ノロ ノロ ックァク ックァク チャ インネ

歩く時 By my side
ぎゅっと掴んだ手も逃したくはない
ときめく気持ちは すべて 君だからとても好きだ すべて
僕が何を願わなくてはならないの(Honey),
僕の気持ちはすでに十分に
君で君でぎゅっとぎゅっといっぱいになっているんだ


This feels so right
너만 있으면 다 모든 게 좋아

This feels so right
ノマン イッスミョン タ モドゥン ケ チョア

This feels so right
君だけいればすべて あらゆることが好きだ


넌 나에게 쉴 새 없이
꿀 떨어지는 Damage야
철없이 아플 거야 난
아야 아야 아야

ノン ナエゲ スィル セ オプシ
ックル ットロジヌン Damageヤ
チョロプシ アプル コヤ ナン
アヤ アヤ アヤ

君は僕に休む暇なく
蜜落ちるDamageだよ
分別がなく痛いだろう僕は
痛い痛い痛い


Cuz u, you're my everything
우린 알맞아(Ah Yeh)
Cuz u, you're my everyday
너도 알잖아
난 네가 필요해,넌 내가 필요해
Cuz u, you already know
Everything is you you

Good to me Good to me Ay Ya Ya
Good to me Good to me Ay Ya Ya
Good to me Good to me Ay Ya Ya
Ay Ya Ya Good to me

Cuz u, you're my everything
ウリン アルマジャ(Ah Yeh)
Cuz u, you're my everyday
ノド アルジャナ
ナン ネガ ピリョヘ,ノン ネガ ピリョヘ
Cuz u, you already know
Everything is you you


Good to me Good to me Ay Ya Ya
Good to me Good to me Ay Ya Ya
Good to me Good to me Ay Ya Ya
Ay Ya Ya Good to me

Cuz u, you're my everything
僕たちはふさわしい(Ah Yeh)
Cuz u, you're my everyday
君も分かってるじゃない
僕は君が必要で、君は僕が必要で
Cuz u, you already know
Everything is you you


Good to me Good to me Ay Ya Ya
Good to me Good to me Ay Ya Ya
Good to me Good to me Ay Ya Ya
Ay Ya Ya Good to me


한 번쯤 그런 적 있잖아
눈만 봐도 다 알 수가 있는
뭘 어쩌나 싶다가도
이 감정을 알고 싶은걸

ハン ポンッチュム クロン チョク イッチャナ
ヌンマン プァド タ アル スガ インヌン
ムォル オッチョナ シプッタガド
イ カムジョンウル アルゴ シプンゴル

一回くらいそのようなことがあるじゃない
目だけ見てもすべて知ることができている
何をどうしてかしたいながらも
この感情を知りたいことが


Cuz u, you're my everything
우린 알맞아(Ah Yeh)
Cuz u, you're my everyday
너도 알잖아
난 네가 필요해,넌 내가 필요해
Cuz u, you already know
Everything is you you

Good to me Good to me Ay Ya Ya
Good to me Good to me Ay Ya Ya
Good to me Good to me Ay Ya Ya
Ay Ya Ya Good to me

Cuz u, you're my everything
ウリン アルマジャ(Ah Yeh)
Cuz u, you're my everyday
ノド アルジャナ
ナン ネガ ピリョヘ,ノン ネガ ピリョヘ
Cuz u, you already know
Everything is you you


Good to me Good to me Ay Ya Ya
Good to me Good to me Ay Ya Ya
Good to me Good to me Ay Ya Ya
Ay Ya Ya Good to me

Cuz u, you're my everything
僕たちはふさわしい(Ah Yeh)
Cuz u, you're my everyday
君も分かってるじゃない
僕は君が必要で、君は僕が必要で
Cuz u, you already know
Everything is you you


Good to me Good to me Ay Ya Ya
Good to me Good to me Ay Ya Ya
Good to me Good to me Ay Ya Ya
Ay Ya Ya Good to me

ミュージックバンク #964の日本での放送につけられていた和訳で正確な訳を把握しました


一度くらいそういうことあるだろ
目を見るだけで全部分かる
何ともないと思っても
この感情を知りたいんだ


歩く時 By my side
強く握った手も離したくない
ときめく気分は全部君だから幸せなんだ
僕は何を望むべき?
僕の心は既に十分
君で君で満たされてる


This feels so right
君さえいれば全てに満足


君は僕にとって休む暇なく
甘美な Damageさ
幼稚に苦しむはず僕は
Ouch Ouch Ouch


Cuz u, you're my everything
僕らはお似合い(Ah Yeh)
Cuz u, you're my everyday
君も分かってるだろ
僕には君が必要 君には僕が必要
Cuz u, you already know
Everything is you you


Good to me Good to me Ay Ya Ya
Good to me Good to me Ay Ya Ya
Good to me Good to me Ay Ya Ya
Ay Ya Ya Good to me


YEH 君が僕の心に Signしてる間に
僕の防火壁は崩れて久しい
PasswordはPass 君は一体
僕について何をそんなに知ってれば
僕の本心全て君に見えちゃうの


歩く時 By my side
強く握った手も離したくない
ときめく気分は全部君だから幸せなんだ
僕は何を望むべき?
僕の心は既に十分
君で君で満たされてる


This feels so right
君さえいれば全てに満足


君は僕にとって休む暇なく
甘美な Damageさ
幼稚に苦しむはず僕は
Ouch Ouch Ouch


Cuz u, you're my everything
僕らはお似合い(Ah Yeh)
Cuz u, you're my everyday
君も分かってるだろ
僕には君が必要 君には僕が必要
Cuz u, you already know
Everything is you you


Good to me Good to me Ay Ya Ya
Good to me Good to me Ay Ya Ya
Good to me Good to me Ay Ya Ya
Ay Ya Ya Good to me


一度くらいそういうことあるだろ
目を見るだけで全部分かる
何ともないと思っても
この感情を知りたいんだ


Cuz u, you're my everything
僕らはお似合い(Ah Yeh)
Cuz u, you're my everyday
君も分かってるだろ
僕には君が必要 君には僕が必要
Cuz u, you already know
Everything is you you


Good to me Good to me Ay Ya Ya
Good to me Good to me Ay Ya Ya
Good to me Good to me Ay Ya Ya
Ay Ya Ya Good to me

単語 発音 意味 備考
ハン 一つの、ある 한 번と分かち書きをする時は回数を表し、한번と続ける時は試し、機会、強調の意味が含まれる
ポン 番、回  
ッチュム ぐらい、ごろ  
그런 クロン そのような  
チョク こと  
있잖아 イッチャナ あるじゃない 있다【イッタ】(ある、いる)+잖아【チャナ】(~じゃない)
ヌン  
マン さえ、のみ、だけ、しか、ばかり  
봐도 プァド 見ても 보다【ポダ】(見る)+아도【アド】(~しても、~くても、~にも)※보다の語幹は다の前の母音がㅗなので아と結合してㅘに変化
みんな、すべて、全部、皆  
알 수가 있는 アル スガ インヌン 知ることができている 알다【アルタ】(知る、分かる、気づく)+ㄹ 수 있다【ル ス イッタ】(〜することができる)+는【ヌン】(~いる)※現在連体形
ムォル 何を、どれを、何が  
어쩌나 オッチョナ どうしてか 어쩌다【オッチョダ】(たまに、時々、どうかして、どうして)+나【ナ】(~でも、~も、~か、~くらい)
싶다가도 シプッタガド したいながらも 싶다【シプタ】(~したい、~になりたい、~になって欲しいと思う、~のようだ)+다가도【タガド】(~していても、~ながらも、~ても)
この  
감정 カムジョン 感情  
ウル ~を  
알고 싶은 アルゴ シプン 知りたい 알다【アルタ】(知る、分かる、気づく)+고 싶다【ゴ シプタ】(~したい)+은【ウン】(~い、~な)※形容詞の連体形
コル ことを、ことが、ものを、ものが 것을の略
걸을 コルル 歩く 걷다【コッタ】(歩く)+을【ウル】(~する)※未来連体形 ※걷다の後ろに子音のㅇがつくとき、パッチムㄷが脱落し、代わりにㄹがつく
ッテ 時、頃  
ックァク ぎゅっと、きっしりと、びっしりと  
잡은 チャブン 掴んだ 잡다【チャプタ】(掴む)+은【ウン】(~した)※過去連体形
ソン  
 
놓치고 싶지가 않아 ノッチゴ シップチガ アナ 逃したくはない 놓치다【ノッチダ】(逃す、落とす、乗り遅れる)+고 싶다【ゴ シプタ】(~したい)+가【ガ】(強調する意味を表す副助詞)+지 않다【チ アンタ】(~しない、~くない)+아요【アヨ】(~です、~ます)のパンマル表現
설레는 ソルレヌン ときめく 설레다【ソルレダ】(ときめく、わくわくする、キュンとする )+는【ヌン】(~いる)※現在連体形
기분은 キブヌン 気分は 기분【キブン】(気分、機嫌、気持ち)+은【ウン】(~は)
 
라서 ラソ ~なので、~だから  
매우 メウ 非常に、とても、大いに、いかにも  
좋아 チョア 好きだ 좋다【チョタ】(良い、優れている、好き)+아요【アヨ】(~です)のパンマル表現
私の、僕の、おれの 나+의=나의→내
~が  
바라야 하니 パラヤ ハニ 願わなくてはならないの 바라다【パラダ】(願う)+야 하다【ヤ ハダ】(~しなければいけない、~しなければならない)+니【ニ】(~するかい?、~するの?、~であるかい?、~は?、~してるの? )
맘은 マムン 気持ちは 마음【マウム】(心、気持ち)+은【ウン】(~は)
이미 イミ すでに、もう、既に  
충분히 チュンブニ 十分に、ろくに  
~へ、~で、~に、~として  
チャ いっぱいになって 차다【チャダ】(いっぱいになる、満ちる、達する)の連用形
있네 インネ いるんだ 있다【イッタ】(ある、いる)+네【ネ】(~だね、~だ)
있으면 イッスミョン いれば 있다【イッタ】(ある)+으면【ウミョン】(~なら、~ば、~れば、~たら、~ると)
모든 モドゥン あらゆる  
~ことが、~つもりが、~のは、~のが  
ノン 君は 너는【ノヌン】の縮約形
나에게 ナエゲ 僕に 나【ナ】(僕)+에게【エゲ】(~に)
スィル 休む 쉬다【スィダ】(休む)+ㄹ【ル】(~する)※未来連体形
間、暇  
없이 オプシ なく 없다【オプタ】(ない)に이【イ】をつけることによって副詞に変化
ックル 蜂蜜、蜜  
떨어지는 ットロジヌン 落ちる 떨어지다【トロジダ】(落ちる)+는【ヌン】(~いる)※現在連体形
〜なの、〜だよ  
철없이 チョロプシ 分別がなく 철없다【チョロプッタ】(分別がない)に이【イ】をつけることによって副詞に変化
아플 거야 アプル コヤ 痛いだろう 아프다【アプダ】(痛い)+ㄹ 거예요【ル コエヨ】(~するだろう)のパンマル表現
ナン 僕は 나는【ナヌン】の縮約形
아야 アヤ 痛い、いた、あいたっ  
우린 ウリン 僕たちは 우리는の縮約形
알맞아 アルマジャ ふさわしい 알맞다【アルマッタ】(ふさわしい)+아요【アヨ】(~です)のパンマル表現
알잖아 アルジャナ 分かっているじゃない 알다【アルタ】(知る、分かる、気づく)+잖아요【チャナヨ】(じゃないですか)のパンマル表現
君の  
필요해 ピリョヘ 必要だ 필요하다【ピリョハダ】(必要だ)→필요해요【ピリョヘヨ】(必要です)のパンマル表現
네가 ネガ 君が  
マム 心、気持ち 마음【マウム】の略
~に、~で  
하는 ハヌン する 하다【ハダ】(する、やる、行う)+는【ヌン】(~いる)※現在連体形
사이 サイ 間、合間  
 
ウィ  
방화벽이 パンファビョギ 防火壁が 방화【パンファ】(放火)+벽【ピョク】(壁)+이【イ】(~が、~は)
무너져 버린 ムノジョ ボリン 崩れてしまう 무너지다【ムノジダ】(崩れる)+어 버리다【オ ボリダ】(~してしまう)+ㄴ【ン】(~した)※過去連体形、무너지다の語幹は다の前の母音がㅣなので어と結合してㅕに変化
~でから  
오래 オレ 長い間、長く  
ヌン ~は  
대체 テチェ いったい、大体  
나에 ナエ 僕に  
대해 テヘ 対して、ついて  
チャル よく、うまく、上手  
알길래 アルギルレ 分かるので 알다【アルタ】(知る、分かる、気づく)+길래【ギルレ】(〜て、〜ので)
속마음 ソンマウム 本音、胸のうち、本心、内心、下心  
모두 モドゥ すべて、全部、全員、こぞって  
너에게 ノエゲ 君に  
보이는지 ポイヌンジ 見えるのだろうか 보이다【ポイダ】(見える、見られる、思う)+는지【ヌンジ】(~だろうか、~のか)



[Choreography Video] SEVENTEEN(세븐틴) - Good to Me

SEVENTEEN 2018 JAPAN ARENA TOUR ‘SVT’

f:id:finalblue:20181109181158p:plain
2018年8月29日に発売された「SEVENTEEN 2018 JAPAN ARENA TOUR ‘SVT’」のBlu-ray。ファンミーティングも含めて10万人を動員したツアーの中から、日本デビューを発表した2018年2月22日横浜アリーナ公演が全曲収録されています。


SPOT映像はこちら。

[SPOT] DVD&Blu-ray『SEVENTEEN 2018 JAPAN ARENA TOUR ‘SVT’』

<SET LIST>
Opening VCR
01.CLAP
02.NO F.U.N
03.Chuck
VCR
04.Don't Wanna Cry
05.Without You
MC
06.Still Lonely
07.Hello
VCR
08.Pinwheel
09.Lilili Yabbay
10.TRAUMA
11.Change Up
12.Crazy in Love
VCR
13.Habit
14.When I Grow Up
15.Lean On me -Japanese ver.-
16.Fronting
17.Jam Jam
18.Swimming Fool
19.Pretty U
VCR
20.BOOMBOOM
21.Mansae
22.Adore U
MC
23.THANKS


~Encore~
VCR
24.Campfire
MC
25.Love Letter -Japanese ver.-
26.VERY NICE


SEVENTEENのコンサートに初めて参加したのがこのコンサート*1だったので、個人的にとても思い入れがあります。


以下、ジョンハンの素敵ポイントと見どころをズラズラっと。

  • オープニングのVCRで、腰かけている状態で左肩が下がっているので、片側重心大好き芸人は歓喜
  • VCRが終わるとともにペンライトの色で会場全体が赤に染まるところで鳥肌。
  • 炎が上がる中「CLAP」の前奏がかかり、WOW~と繰り返されて徐々に気持ちが高ぶってきた中「Make some noiseー!」で再び鳥肌。
  • 軍服風衣装大勝利。
  • 「CLAP」にて指ハート作った時の表情が色っぽい。
  • 「NO F.U.N」で照明と下からのカメラワークのお陰で茶色の眉毛がより美しく見える。
  • 「Chuck」のソロパート終わりで上向きになった時の顎のラインが美しい。
  • VCRでどアップになった時の頬の質感が赤ちゃんみたいにつるるん。
  • 「Don't Wanna Cry」でソロパートに入る前に静かに息を整え、歌い終わってから表情を抑えたまま余韻を感じさせてくれるところが素晴らしい。
  • 息が上がった状態で「Without You」のソロパートに入り、歌い終えて若干苦しそうに肩で息をしている姿が色っぽくてドキドキする。
  • MCでバーノンが日本語で挨拶したタイミングで「イヒヒ」って言っているような笑顔がとても可愛い。
  • 「Still Lonely」の冒頭でウォヌとゆるーく同じ動きをしているのが可愛い。人差し指を立てて左右に振る振付の時の太ももから細い膝下までのラインが美しくて見とれる。
  • VCRの白シャツ黒スーツの衣装で、ネクタイや蝶ネクタイを付けているメンバーが多い中、シャツのボタンを上まで留めずに首にチョーカーを付けているのが大正解で大好物(鼻息荒め)。
  • 「Pinwheel」で額に汗を滲ませたまま眉を八の字にしてしっとりと歌う姿が色っぽくもあり儚げ。
  • 「Crazy in Love」のサビでゆっくりと回転する振付と美しい足捌きがとても好きなので、通常では見られない逆側からの映像に感謝。360度ステージの素晴らしさをより一層感じる。
  • VCRでベッドにドサッと横たわるところや起き上がる時に頭をふるふるしている姿を見て、日常もこんな感じなのかと思うとその可愛さに息切れ。
  • 「Habit」で目を伏せながら歌うところが美しいし、高めの音を取る時に眉に動きが出るのが愛おしいし、普段から割と片足に体重をかけることが多いところ、真っすぐに立って丁寧に歌い上げている姿にぐっとくる。
  • 「When I Grow Up」で足をトントンさせてリズムを取っているのが可愛い。自分のパート以外でもオフマイクで口ずさんでいたり、気持ち良さそうに歌い上げているところにキュンとする。
  • 「Pretty U」ではキュートな笑顔満載なところに、サラサラ素材のシャツのリボンがふわりふわりと舞うものだから、妖精を見ている気持ちに。
  • VCRにてピンクのスーツを着こなしているのは流石の一言。ポケットに手を突っ込んでかっこつけたような姿でドギョムの腿を枕にごろり。(寝心地良さそう)(主観です)
  • 「BOOMBOOM」でほんの一瞬映っているシーンを一時停止してみたら、気持ち良さそうな微笑み。袖が長いシャツのお陰で、マイクを口元に持っていくと萌え袖のようになるのが目の保養。手の動きが重要な振付のためにハンドマイクを左右持ち替える素早さに目を奪われる。
  • 「Mansae」のソロパートでデレ顔でガン見しながらハグしてきたミンギュの腰のあたりを涼しい顔しながらポンポン。顎のあたりに手を添えながら花が咲くように笑うからこちらの心臓が爆発しそうに。
  • 「Adore U」でピースしている時の動きが幼児化していて可愛い。一瞬の舌ペロリ。目を閉じて頭を振る振付からの笑顔が絶品。
  • MC中、ジャケットのベルトのような飾りの垂れている部分を持っているのは何故。(可愛い)(最早何でも可愛い)
  • 「THANKS」でサイドからの撮影のお陰で上を向いた瞬間の美しい顎のラインが見られて興奮。
  • アンコール前のVCRで、リハーサルの模様とともに映し出される日本語での自筆メッセージとその朗読には胸が打たれる。
  • 「Campfire」でお手振りしている時の二の腕の細さに驚く。汗をたくさんかいて、頬のホクロが見えるほどメイクが薄くなっているところが風呂上がりのような雰囲気を醸す。
  • メンバーの挨拶中、足を組んで座っているだけなのに佇まいが美しくて見とれる。ひとりひとりと目を合わせたかった、とのコメントにその気持ちだけで十分だと思ったし、とても情が深い人だとあらためて。
  • 「Love Letter -Japanese ver.-」でタオルを掲げてファンに応えているのを見て、よくファンのことが見えているんだな、と。ソロパートで丁寧に歌っていると頭が若干揺れるところが愛おしい。
  • 「VERY NICE」のソロパートで”ルンルン”と効果音が付きそうな動きをしていて可愛いが大爆発。投げキッスからの微笑みを大写しにしてくださったことに大感謝。


続いて、MAKING FILMを。

  • 膝下が映った瞬間、この細さと雰囲気はジョンハン!と思って正解だった時の喜び。(たまたまです)
  • リハーサルはすっぴんだと思うけれど、あまりにも綺麗なのですっぴんなのかすっぴん風メイク済なのか混乱。
  • 炎の特効の確認している時、唇に添えられた人差し指。
  • もぐもぐしている時の一口は小さいけれど、口に運ぶペースが速い。
  • MC中、ミンギュに耳打ちしている時の首筋。
  • ファンミーティングで着ていたピンクのカーディガンが可愛いし、肘あたりまで袖を捲っているのがとても良い。
  • はにかんだような表情で日本語での手紙を披露。
  • 黒一色だと思っていたスーツが襟だったりベルトのような飾り部分が紺色なのに気が付いて驚く。
  • 日本デビュー決定*2を発表した時の緊張感。
  • 腹チラ。(まさかと思って3回確認しました)
  • 大阪城ホールのスタンド席からの景色はそこそこ距離があるという印象だったけれど、ステージからの景色を見るとそこまで遠くなくて驚く。(視力がいい人なら表情まで分かりそう)
  • 「Crazy in Love」の最後のローファイブ、リハーサルでは一瞬手を繋いでいるように見えてジョンハンとジョシュア、どちらが繋ぎにいったのか目撃者にお伺いを立てたい気持ちに。
  • 大阪でのファンミーティングにおける「Adore U」のサビのめちゃくちゃ可愛い振付を満面の笑みで。
  • 「CLAP」リハーサルでのカメラ目線!(半端ないかっこよさ)
  • ジョンハンとジョシュアふたりでのトーク部分は全部見どころ!!!(可愛い可愛い可愛い)
  • 円陣組んでいる時の笑顔。
  • 自分が見たコンサートが円盤に入ることがなかなかないので、一部分でも入っているという幸せを噛み締めてる。
  • 「Pinwheel」のジョシュアのパートをオフマイクで口ずさんでいる姿が寄りで撮影されていたので、カメラマンさんには多大なる感謝を。
  • 愛嬌をやる前に「やだもう」みたいな表情をしているのがめちゃくちゃ可愛い。
  • 羽織っているスタッフジャンバーを半端に脱いで肩を出している姿が運動神経抜群の先輩といった雰囲気でとても良い、好き。
  • 名古屋でのコンサートは前髪あり。
  • 「Don't Wanna Cry」のソロパートで膝をつく振付のところが横から撮影されていてレア。
  • しゃちほこ。
  • 「Still Lonely」の冒頭、ジョンハンとスングァンのお顔が大接近。(びっくりします)(ご覧になって是非びっくりしてください)
  • 名古屋でのファンミーティングにおけるジェスチャーの面白さ。
  • 「Mansae」のアレンジ振付をレクチャーした後に「좋아」と言って(るように見える)サムズアップしてから拍手するまでの表情の豊かさ。
  • コンサートが始まる直前に口紅を塗ってもらっている横顔が圧倒的な美。
  • オーラスの「VERY NICE」は投げキッスを3回。


表でも裏でもサービス精神が溢れている姿に頭が下がりますし、こちらが知らないところでどれだけの時間をかけてよいものを作ろうと努力しているのか、想像をはるかに超えるんだろうなあと思いました。エスクプスが挨拶で「皆さん 携帯やアルバムで音楽を聴きますよね? それは僕たちが皆さんのために作ったということを忘れないで。そう思えば悲しくも辛くもないはずです。」と言っていましたが、彼らがCARATを思いやる気持ちは常々伝わってきますし、それに対してCARATも様々な形で応えていることがとても美しくて、私は好きです。


そして、コンサートの最後の曲「VERY NICE」の最後の歌詞が「내일 이 시간에 또 만나요(明日 この時間に また 会いましょう)」であること、MAKING FILMの最後に現れたメッセージが「SEE YOU NEXT STAGE...」だったことから彼らの深い愛情と気遣いが溢れているように感じて、全てのことに永遠なんてないと思っている私でも、永遠を望んでしまいました。また会いたい、会える日を楽しみに日々を頑張る力をくれる彼らがますます好きになる映像の数々でした。